テクノロジーもどきが、社会を複雑化させることによって時間もお金も奪っている。
社会がすでに衰退の方向に傾いていることに気が付いている人は少ないのだろうか。

わあああい

『必ず載る』歴史の教科書"コロナ世代"

はい!どーも!

さて!本日も記事を書いていこうと思います!

本日の内容は

『新型コロナウイルスについて』

皆さんご存知、2020年といえば新型コロナウイルスです。このコロナの感染拡大によってもたらされた影響は歴史の教科書に載るだろうと言われるほどの出来事だと、様々な評論家が発言しています。

そんな今日この頃はつまり

歴史の教科書に載るような出来事の最中に我々は生きていて、生活していると

もっとみる

テクノロジーは進歩し、技術は衰退する

私たちが行う全てにおいて、身体と関係していないことは一切ありません。

指一本、動かすのも、目で何かを見ること、匂いを感じること、音が聞こえること、すべて身体の動きです。

https://nagodehururu.com/children/20201022103947/

ありがとうございます!(*'▽'*)

反復の向こう側にある衰退

東京五輪、パラリンピック、2025年の大阪万博に続き、2030年冬季五輪の札幌開催を目指すことが決まりました。東京、大阪を経て札幌へと、振り返れば高度経済成長を代表する国家イベントを日本は半世紀以上の時を経てなぞろうとしています。

ベラルーシのノ-ベル賞作家であるアレクシエ-ビッチは、ソ連崩壊後の価値観が混乱する中で過去に執着する人々の様子をこう表現したのです。

「思想も言葉もすべてが他人のお

もっとみる
僕のノートがあなたのノートになることを願っています😉
11

生まれた時から不景気?そのうちなんとかなるだろう?

遂に来たか!という感じのツイートを発見↓
こういう風に、誰かのツイートがバズったりした時には、自分の中のもやもやした感情と向き合ってもよいのではないかな。

↓にぶら下がっているコメントにも目を通してみて欲しい。

不景気というのは、知らず知らずのうちに人を萎縮させる。
消費が減り、明るく前向きな気持ちが奪われる。
怖いのは、この状態が当たり前だと思ってしまうことだ。

振り返ってみれば、第3次ベ

もっとみる

育休旦那と衰退の兆し

ふとしたことから衰退の兆しは感じ取れるものだ。有名なものでは誰もが街中でスマホでニュースや書籍を読む姿から、出版業界の衰退の兆しを感じ取れることだろう。またスマホで誰もが写真を撮ることからカメラ業界の衰退の兆しを感じ取れることだろう。といった風に今日はそんな小さなことから衰退の兆しを感じるヒントをお届けしたい。

魚を捌ける人

 水産業界の衰退の兆しはどこから感じ取れるだろうか。もちろんスーパー

もっとみる
涙が出るほど嬉しいです!
52

どうせなら、変幻自在の人生を生きよう

記事を読んでいただきありがとうございます

漠然とした不安、もやもやとした何とも知れない不安、そういったものを感じている方は、現状維持バイアスに囚われている可能性があります

メンターの動画を参考にさせていただきました

メンターは、現状維持バイアスを知ることは、自分を変えたいと思っている人が知っておくべき、基礎中の基礎だとおっしゃっていました

現状維持バイアスとは

人は、変化を嫌い、現状を維

もっとみる
ありがとうございます。本当にうれしいです。
6

日本は衰退国になったわけ

皆さん、こんにちは!ラファエルです。

非常に興味深い記事を読みましたので、今日は、そちらをご紹介したいと思います。
その記事は、ジム・ロジャーズさんが語る、「菅政権で日本は衰退。国民は苦しむ」という話になります。
https://dot.asahi.com/wa/2020093000014.html

・ジム・ロジャーズさんとは?

ジム・ロジャーズさんを知らない人がいると思いますので、まず紹介

もっとみる
メルシーボークー!🇫🇷
4

大学の自治/教育の機会は守られるのか

来年4月から、東大総長が新しくなる。予定者を決める手続きが進められていたが、そのプロセスはおよそ日本の学問を牽引するべき組織として、あまりにもお粗末なものであった。10月2日に書かれた記事を紹介したい。

その後の10月3日現在、選考会議により藤井輝夫氏が総長予定者と決まり、小宮山-五神-染谷ラインの傀儡政治構想に一応のブレーキが掛けられる。不自然なプロセスを辛抱強く指摘しアピールし続けた有志グル

もっとみる

自分の衰退を意識し始める「35歳」🍂

暑さも和らいだおかげで、ようやく体調も落ち着き始めた敬老の日。
この夏、心臓や肺を痛める日が結構ありまして、少しずつ老いを感じるようになってきました。
12歳年上の義父の父が先日亡くなり、身の回りで救急車の音を良く聞くようになったこともあって、だんだん「死」というものが身近に感じるようになってきた感じがします。
なかなかどうして体の疲れも一層抜け辛くなり、思った以上に歳を取ってるなというのが率直な

もっとみる
ライクをお送りいただきありがとうございます。
3