ジョジョの奇妙なセガール

気がついたらクセになっていた、ということはありませんか?
自分の場合は、もしかしたらセガールを描くのがクセになっているのかもしれません。

とあるきっかけで31日間、毎日セガールを描きました。おなかいっぱいになりました。もう当分描かなくていいや、必要に迫られたら描こう、と思ったのですが、必要に迫られてないのに描いてました。

これがその下書き。きっかけは不明です。おそらく『JOJO展』の図録を見て

もっとみる
ありがとうございます。
8

珠玉のSFジュブナイル『バオー来訪者』を知っているか!?

『魔少年ビーティー』で独自のセンスと世界観を披露し、一部マニアから注目を集めた荒木飛呂彦先生が連載第2作として満を持して発表した『バオー来訪者』。スティーブン・キングなどの海外SFを感じさせるスタイリッシュかつインパクトの強い漫画でした。

『魔少年ビーティー』同様に一部からは熱狂的に支持されましたが、ジャンプの中心読者のハートを掴めず単行本全2巻で終わっていしまいます。短いながらストーリーはとて

もっとみる
ありがとうございます♡
4

4連休と読書

コロナがなければ4連休(2020/7/23~7/26)ってけっこうな大型連休なので、旅行とかを計画するんでしょうけど、東京に近い人達については、やれ不要不急な移動するなだの、めんどいので、我が家は巣ごもり決定です!

ということで、この4連休は毎日noteの更新と(できるかな。。。)、読書をしようと思います。

私の住まいは横浜で、職場は川崎なのですが、職場から近いところに図書館があり、1年位前か

もっとみる
ありがとうございます!励みになります。
3

「孤と個の独特のグルメを通じた王道エンタメ」荒木飛呂彦さんからの学び③

漫画の基本4大構造。(重要な順)

①キャラクター➁ストーリー③世界観④テーマ

それらを包括して魅せるのが”絵”。
”神様”であり”必殺技”であるという描くこと。

①~④は単体でなく、それぞれが絡み合い魅力を発揮。

「荒木飛呂彦の漫画術」に明記
ビジネスにも通じる要素

その中に記載のあった「孤独のグルメ」
テレビでも人気の番組
その人気の秘訣と四大構造

・キャラクター→井之頭五郎という際

もっとみる
ありがとうございます❗️
5

「王道を進み、黄金の道へ」荒木飛呂彦さんからの学び②

1年前に購入して読み、週末にたまたま図書館で発見。
懐かしく家で再講読。
理由はグラレコと共に描き始めた絵の基礎知識の習得。

期待以上に収穫のあったその内容。
絵というより、ビジネスや生活にも通じる重要な要素。
それらが分かりやすく明記されていた為。

漫画の基本4大構造。(重要な順)

①キャラクター➁ストーリー③世界観④テーマ

それらを包括して魅せるのが”絵”。
”神様”であり”必殺技”で

もっとみる
ありがとうございます❗️
3

「ベストセラーよりロングセラー」荒木飛呂彦さんからの学び①

本はその時々の状況や環境などにより
受け取る感想や印象が異なる

まさにそう思えた一冊
たまたま図書館で見かけた本

約1年半前に購入して読んだ時に
メモに残していた感想



ジョジョの奇妙な冒険

深夜放送で久々に見かけた
懐かしい少年ジャンプの漫画
その著者である荒木飛呂彦さんの本

調べると現在part8
単行本は100巻超え
10数年ぶりに観ても健在

購入したその著者の本
"荒木飛呂

もっとみる
ありがとうございます❗️
2

第二弾 シナリオの勉強がしたくて|6月に読んだ本

こんにちわ、paopaoです。

6月に読んだ本をご紹介〜
今回は漫画を商業的な目線で勉強できそうな本をピックしました!
結果、どちらの本も面白かった!

一冊目はこちら「荒木飛呂彦の漫画術」

紹介などいらない荒木飛呂彦さん著書の漫画家目線で書かれた新書です。

「企業秘密を公にするのですから、僕にとっては、正直、不利益な本なのです。」という前置きに惹かれて購入しちゃいました。

普段漫画制作を

もっとみる

朝の挨拶200627 読むRadio ver.

皆様おはようございます。土曜日ですね。今日がお休みの方も働きに出かける方も、毎日お疲れ様です。誰にでも平等に日が刻まれるので、あれ?もう半年が終わる?いろんなことを制限されて、時を吹き飛ばされた気分です。いや、地球を一巡したのか?などジョジョ脳が働いています。笑

写真は昨日出かけた際、デジカメで撮影しました。マクロ、久しぶり。うまく撮れない、けど楽しい。1か月に1回の通院なので、遠出にテンション

もっとみる
うふふ♪The bottom of my heart. Cheers!
7

打ち切り後に熱狂を生んだ、異形で異例の孤高的漫画。荒木飛呂彦伝説の始まり『バオー来訪者』

そいつに触れることは死を意味する!

『バオー来訪者』とは、あの『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛呂彦先生の週刊少年ジャンプ誌上連載2作目となる作品であり、連載当時1984年のジャンプファンの間では(今でも)伝説となった漫画です。

私は数々の漫画作品をこよなく愛して読み続けてきましたが、今でも「一番好きな漫画は何ですか?ひとつだけ挙げてください」と言われれば間違いなくこの『バオー来訪者』と答えます

もっとみる
嬉しいです!
30