21世紀にも生きる「ファラオの呪い」/初見健一・昭和こどもオカルト回顧録

王の眠りを妨げるものは呪われる……! 「ファラオの呪い」が、2021年の世界を震えさせた。懐かしくも恐ろしい怪奇譚を今、見つめ返す。 文=初見健一 #昭和こどもオカルト 頻発する事故はミイラ移送計画が原因か? この春、70年代オカルトブーム世代にとって、なんとも懐かしいフレーズがメディ…

首塚の改修で目覚めるのは怨霊か英霊か!? 平将門と消された北斗七星王朝の復活/古銀 剛

令和3年4月、東京に新風が湧き起こった。平将門の霊が眠る東京・大手町の首塚の改修が完了したのだ。 コロナ禍の今、東京一、いや日本一のパワースポットがリニューアルされたことは、いったい何を意味するのか。しかも今回の改修にあたっては、ある「秘儀」が行われたという。将門が信奉した秘教と…

500

<新刊>ムー 2021年7月号のお知らせ

ムー 2021年7月号、6月9発売です! 全国の書店、ネット書店でお求めください。 今月のMuTube! ★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。

ご近所の祟り場

おばんです その場所は─ そう うちから🚗で5分くらいの町道ですが もともと高台と下の地区を結ぶ 生活道路であったと思います。 農村地帯であるこの辺りでは 重要な道で舗装化もされています。 どこへ行っても 踏み分け道や馬車道でしかない 古の頃ならいざ知らず 現在のように大型重機や…

福祉職場の民俗学 祟り

「祟り」って怖いですかね? わたし個人は、あることがきっかけで、あんまり怖くなくなりました。 それは、関裕二先生の本を読んだからです。関先生曰く、 「祟りとは、祟られる方にやましいことがあるから、起きているだけ」。 菅原道真は、藤原氏の陰謀により、大宰府に左遷され、非業の死を遂げ、…

「将門塚の祟り」は1976年起源だ!/吉田悠軌・オカルト探偵

江戸の総鎮守、東京の地霊、あるいは日本最大の「祟る神」。さまざまな呼び方で畏怖される古代の武将、平将門。東京大手町の将門塚はその首を供養した聖地、霊域として名高いが、「塚の祟り」が取り沙汰されるようになったのは意外に近年のことだった! 文・写真=吉田悠軌 #オカルト探偵 吉田悠軌…

父がゆで卵の祟りを受けた話

こんにちは。かっちゃんです。今回も父に関する話です。くだらないですが、お付き合いただけると嬉しいです。  ある日、父と母の作ったすき焼き風煮を食べていました。 その中にゆで卵が入っていたんですが、その卵 白身はパリパリ、黄身はゴワゴワでした。 父はそれになぜか大爆笑し始めました。…

《蝉が一匹、力無くジーと啼いた》が、お陰様で、また読まれるようになってきました。ありがとうございます! 井上祐 https://note.com/yuu_inoue/m/m44dc37d5325a

2021年5月3日のFMひがしくるめの放送内容です|Blooming Days -…

みなさん、こんにちは。倉嶋桃子です。 今年のGWも色々な自粛の中でのお休みとなりました。 私以外の家族は、カレンダー通りのお休み予定となっているので、このお休みを利用して何をしようか色々と考えていたのですが、いつもお掃除の中では後回しになってしまう「窓ガラス」のお掃除をしてみようか…

平将門(たいらのまさかど)の祟り(たたり) その3(全3回)

昨日の続きだよ、ポン! するとね、しばらくたったら、大蔵省でお仕事をしている人たちやら、工事をしている人たちやらが、次々と病気にかかったり、ケガをしてしまったり、死んでしまったりしたんだって。2年間で早速整爾(はやみせいじ)大蔵大臣をはじめ、14人もの人たちが死んでしまったんだ。…