【ドイツ史上最大の未解決】ヒンターカイフェック事件

事件概要

【1922年3月31日、農場ヒンターカイフェックの住人6名がつるはしによって殺害された。6名の被害者は、農場の主人の男性(63歳)とその妻(72歳)、夫妻の娘(35歳、未亡人)とその子供2名(7歳の女の子と2歳の男の子)、そして農場の使用人の女性である。1人づつ出てきた所を襲われたと思われる。事件の数日前、主人が怪しい足跡を見つけたことを隣人たちに話している。屋根裏で足音がするとも話し

もっとみる
ありがとうございます!
2

みどり荘事件

事件概要

【1981年6月27日から28日にかけて、大分県大分市のアパート「みどり荘」で女子短大生が殺害された。血液型B型の唾液が検出され、被害者の血液型ではなかったため犯人のものとされた。半年後の1982年1月14日に、血液型B型だった隣室の男性(当時25歳)が被疑者として逮捕された。1989年3月に1審では被疑者の自白と科警研の毛髪鑑定を重視して無期懲役の有罪判決が出されたが、遺留品であった

もっとみる
ありがとうございます!
6

これぞアメリカ! カリフォルニアもコロナに屈して経済活動を縮小!

こんにちは、ドクターコロナです。

コロナ旋風が再度勢いを増し、止まる気配がありません。

先日はテキサス州とフロリダ州がコロナの勢いに屈して、外食産業やバーを営業停止にしました。

カリフォルニア州は何とか持ちこたえていたものの、遂にコロナの軍門に降りました。

本日は新規感染者が5,898人、死者が 110人に昇り、何とかしなくてはいけないと考えたのでしょう。

外食産業、映画館、美術館等を営

もっとみる
深謝でございます
7

自殺された人

私の元パートナーが首吊りで自殺した。あまりネットにそう言うことを書いてはいけないのかもしれないが、耐えきれなくてSNSにも書いてしまった。

3日間彼の元居たお店に行ったり、今のお店に行ったり、混乱した頭で聞いた葬儀場所を探したりして過ごした。

どこにいても彼の話をした。夜の仕事ではこうゆう経験を持つ方が多く、彼らの話に大分救われた。

幾ら、理由を探ろうと大体の想像はつくけれど遺書も無く分から

もっとみる
やる気になります
5

今日のおばこも#6 意味がわかると怖い話

妻が家で強盗に襲われたらしい。妻の安否を確認すると 持っていた包丁で強盗を撃退したらしい。

妻を迎えに警察署に行くと、妻は「インターホンが鳴ってあなたかと思って玄関にでたらいきなり襲い掛かってきたの」と言った。

私は妻を抱きしめながら怖かっただろうとその頭を撫でた。

================

Youtubeで『意味がわかると怖い話』を配信しています。心臓が弱い方は見ないでください。

もっとみる

人間の本質⒑

面白いことに人間のタイプにも環境や人種によっての特徴があるようだ。日本人の特徴とは?

1、幸福を求めながら、不安を常に持っておく

2、同調性重視

3、従順型

4、合理性と非合理性を兼ね備える

これは流動性の少ない国、島国、村社会という地理的要因の影響も大きいと言われております。

特に同調性が異常に強いのは、囲まれた世界ですので一回でも悪事を働いてしまうと、ズーッと記録が残り、逃げ場所が

もっとみる
感想ももし良ければお願いできればと、、😅
2

殺人まで犯すストーカーはどういう人物か? 私が会った「実例」を紹介

静岡県沼津市の路上で大学生の女性が刺殺された事件では、事件前に女性が「SNSに自分の個人情報が書き込まれている」と訴え、警察にも相談していたことなどから、逮捕された男性被疑者がストーカー的な人物だったのではないかと推測する声が散見されます。 
 ということは、今後、事件の経緯などが明るみに出る中で、「ストーカー関係の法制度をなんとかすべきだ」とか、「警察は事前に防ぐことはできなかったのか」

もっとみる
ありがとうございます。気が向いたら、また遊びに来てください。
4

これぞアメリカ! パトカーが抗議活動のデモ隊をひき逃げ!

こんにちは、ドクターコロナです。コロナパンデミックが最高潮に達しているアメリカですが、デモ活動は連日続いています。

本日はデトロイトからです。黒人差別に反対するデモ隊が行進していたところ、パトカーが通りがかり、一触即発の状態になります。デモ隊の一部がパトカーを取り囲み、挑発的な言動を行っています。

すると、突然パトカーが車を発進させます。

数名の男性がボンネットの上に打ち上げられ、急発進と停
もっとみる

深謝でございます
5

人間の本質9

アメリカ・ミズーリ州セントルイスで、自宅前を通ったデモの参加者に夫婦が銃を向け、物議を醸している。デモは6月28日午後、セントルイスのライダ・クルーソン市長に抗議するために行われ、参加者たちは市長の自宅に向かう途中で夫婦の自宅前を通った。
「少なくとも100人の暴徒が、鉄製のゲートを破って、私有地に入ってきた」と説明。「命の恐怖を感じたため」に、警察に電話して銃口を向けたと語った。

別居の母親=

もっとみる
🙇‍♂️
2

【ネタ】あなたに人ひとりを殺しても良い権利を1度だけ与えます。

もし、こう言われた時、誰を殺しますか?

私は昔からまるで人権などないような扱いで育ちました。刑務所のほうがまだ人として扱ってくれる。そっちのほうがマシ。そう思うぐらいツラい日々を送りました。
だから、殺したい程うらんでいるやつ、死んで欲しいやつ、綺麗事なしにこれはマジでいる。
私は神でも仏でもないし、感謝することは幸福に近づけると思っていても、無条件に感謝できるほど寛容でもないです。

そして、

もっとみる
サランヘヨー。
5