PAY FORWARD

鹿の特徴とは?と聞かれたら、
やはり二本の角を思い浮かべる人が
大半ではないだろうか。

雄同士が命がけで戦う道具としての危険性と
女性的で艶やかな曲線美を併せ持つフォルムは
人間では作り上げることのできない完成度を持ち、
更に一頭たりとも同じものは存在しないところが
その希少性を高める。

それが初めて解体したり
自分で獲った思い出深い鹿であれば
記念にとっておきたいと思うのは
当然ではないだろ

もっとみる

蝶の羽の模様に心惹かれ、蝶がはばたく姿に見入ってしまった話

箕面の滝の帰りに昆虫館へ。
蝶のはばたきに魅力を感じるのは何故だろう。
蝶の羽の模様に心惹かれるのは何故だろう。

標本ってすごく素敵でただ見るのではなく、
自然と眺めてしまう。

もっとみる
ありがとうございます!
1

【病理診断総論】切り出し総論

全臓器に共通する切り出しの総論について概説する。

大原則

👉「切り出し」「写真撮影」「肉眼所見記載」は、病理診断の一部!
👉 切り出したものは元には戻せない。切り出し前にしか評価できない事項があることを認識する。わからないことは、その場で相談!
👉 規約などの内容を把握し、基本的な切り出し法を踏まえた上で、病変に応じて応用する。

原則①:肉眼所見の基本

👉 検体は何か。左右などのオ

もっとみる
こんな時どういう顔すればいいのかわからなくて…ありがとう!
31

記憶の標本

大量生産、大量消費。そして COVIT-19。

世界は私たちに猶予を与えないまま変化してゆく。そのスピードは遅まることを知らずこれからも加速していくのだろう。

目紛しく変わってゆく世界の中で、私は幾つの風景を憶えていられるのだろう。

ある日、築 40 年程の家の窓の、格子からおちていた影を見て私が昔住んでいた、祖母の父が遺した家のことを思い出しました。その家には小学5年生の夏頃まで住んでいて

もっとみる

海外真珠養殖3原則~真珠にまつわる法令達~

真珠で法律と聞くと何が思い浮かぶでしょうか?宝飾品に関わりの深い特許法等知的財産法関連をイメージされるでしょうか?『宝飾品』という広い括りで真珠に関連する法律は意外とあるように思います(特許法、商標法、古物営業法や質屋営業法、景品表示法等)。

しかし、どれも『宝飾品』の一分野として間接的に真珠が関わっている法律で、真珠をメインに置いた法律ではありません。

そう、直接真珠について定めた法令ってあ

もっとみる

真珠と模造品

真珠の模造品を見たことがある人はいるでしょうか?

模造品で有名なもので言うとマジョルカパール(スペインのマジョルカ島でドイツ人が製造を試みたのが起源という真珠の模造品)、国内流通量で大半を占めるものとして和泉市で作られているもの(明治時代にフランス人が持ち込んだ真珠の模造品(魚の魚鱗を使用したもの)が起源と言われている)があります。

これらは真珠とどう違うのかというと、真珠がアラゴナイト(霰石

もっとみる

趣味とは「魂の声」である

突然ですが、私は真珠が好きです。

真珠を収集し、愛でることを趣味としております。愛でると言うとイメージが沸かないかもしれませんが、博物館の展示を観覧するのを自宅でやっていると思っていただければ分かりやすいかと思います。

最近では、真珠に対する熱が高まりすぎて、真珠の標本や同人誌を自作するにまで至っております。

この時点で「変わってんなぁ・・・」と思われた方もいるかもしれません。

でも、趣味

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです。
6

根性がありそうな(?)筆名

手塚治虫って、本名「治」。一字だけのお人なんだけど「治」より「治虫」。「虫」をつけた方が、根性がありそう(?)ですよね。

11月3日の明治節。今で言う文化の日に生れに因んで命名。父親も、弟さんも、息子さんも一字の命名です。

小学校にあがる前後からマンガらしきものを描き始め、「治虫」。筆名をつけたのは、小学5年生の頃。脱「ガチャボイ」でしたでせうね。この頃については有名ですから、本やら何やらで知

もっとみる
らりほぉ~っ♪
4