工作舎

土星マークの出版社、工作舎です。創業は1971年、おかげさまで2021年に50周年を迎えます。サイエンス、アート、人文、文学などの書籍を刊行。丁寧な本づくりを心がけています。https://www.kousakusha.co.jp/

しめかざり探訪記[2]――山口 一筋ナワではいかない!? 小郡の丸いしめかざり

今回は2002年12月30日に訪れた山口県小郡町(現在の山口市)の「しめかざり探訪」を振り返る。小郡がまだ新幹線「のぞみ」の停車駅になる前の話である。【前回はこちら】 …

vol.2 どうして工作舎がイモムシ本をつくるのか?

ゴマフリドクガ、ビロウドハマキ、フクラスズメ…… 2021年春に発行予定の桃山鈴子さんの作品集のために、桃山さんから、少しずつイモムシたちの画像データが送られてきま…

vol.1 イモムシ選抜戦! これさえうまくいけば本はできたも同じ(?)

虫めづるイモムシ画家・桃山鈴子さんの作品集。 2021年春刊行に向けて、だんだんと全体構成が進んできました。前回の制作記はこちらをご覧ください。 画集や写真集などビ…

佐々木敦さんが語る:第5回(最終回) 批評にこだわってきた男が批評家をやめると言うとき

2020年8月26日発売予定の『批評王——終わりなき思考のレッスン』を刊行を記念して、著者・佐々木敦さんへのロングインタビューを連載形式でお送りします。(第4回はこちら…

佐々木敦さんが語る:第4回 初小説は…

2020年8月26日発売予定の『批評王——終わりなき思考のレッスン』を刊行を記念して、著者・佐々木敦さんへのロングインタビューを連載形式でお送りします。(第3回はこちら…

しめかざり探訪記[1]―――鹿児島  「ナンゲンノガホシイノ?」

お正月になると家の内外に掛けられる「しめかざり」。新年の福を授けるトシガミ様をお迎えする標(しるし)とされている。しかし、そのかたちが地域や家によって大きく異な…