工作舎

土星マークの出版社、工作舎です。創業は1971年、おかげさまで2021年に50周年を迎えます。サイエンス、アート、人文、文学などの書籍を刊行。丁寧な本づくりを心がけています。https://www.kousakusha.co.jp/
    • わたしの仕事と工作舎の本

      工作舎の本ってどんな人に読まれているんだろう。どんな役に立っているんだろう。そこで、さまざまな分野の表現者や研究者の方に「あなたのお仕事と工作舎の本の関係について書いてください!」とお願いしました。書いてくださる方、日々探索中です。

    • 森須磨子 しめかざり探訪記

      『しめかざり—新年の願いを結ぶかたち』が大好評の森須磨子さん。年末年始、全国各地へしめかざりを探し求めて旅した記録「しめかざり探訪記」を連載します。

    • 桃山鈴子 イモムシ本制作記

      驚異のイモムシ描き、虫めづるイラストレーター桃山鈴子さん。 工作舎から2021年、イモムシだらけの作品集を刊行しました。 孵化した幼虫が脱皮を重ねてどんどん成長していくような、 本づくりのプロセスをつづります。

    • 土星紀セレクション

      「土星紀」は書籍への「投げ込み」として制作された新刊案内。印刷物の特色を生かしたデザインで多くの読者に喜ばれました。創立50周年記念として、選りすぐりのバックナンバーをご紹介します。

    • 『批評王』刊行記念 著者・佐々木敦さんが語る

      2020年8月末予定の佐々木敦さんの『批評王——終わりなき思考のレッスン』の刊行カウントダウン企画です。3時間におよぶインタビューを連載にて公開します。

ロシア宇宙主義の研究者 福井祐生さんが読む『ロシアの博物学者たち』

工作舎の本って、どんな人に読まれているんだろう。 どんな役に立っているんだろう。 「わたしの仕事と工作舎の本」第1回は ロシア宗教思想の若手研究者、福井祐生さん。 …

工作舎
2週間前

「命が惜しいのは、虫も人も同じことだ」─虫の日記念『蟲虫双紙』チラ読み

6月4日は虫の日。工作舎刊『蟲虫双紙(むしむしそうし)』をご紹介します。上方文化評論家の福井栄一さんが日本の古典文献から虫にまつわる物語や言い伝えを集めて、読みや…

工作舎
1か月前

しめかざり探訪記[11]滋賀県大津市――「ミさん」に守られた、大津のしめかざり

 今回のnoteは、前回の「高山探訪」の翌日の話。  岐阜県高山市をあとにした私は、その翌日、滋賀県長浜市に来ていた。当時の私はまだまだ全国のしめかざりの全体像が見…

工作舎
1か月前

『わたしはイモムシ』世界へはばたく! 桃山鈴子さんADC賞おめでとう!

Imomushiの魅力は世界に通じる! 2022年5月18日、クリエイティブ業界の世界的アワードThe ADC Annual Awardsの101回目の授賞発表がNYで行われました。篠原ともえさんがデ…

工作舎
1か月前

Congratulations to Suzuko Momoyama on winning the Bronze Cub…

Japanese artist Suzuko Momoyama has won the 2022 Bronze Cube in the Illustration category at the ADC 101st Annual Awards for her first book I, CATERPILLAR. It's…

工作舎
1か月前

イモムシ、へんしん! 桃山鈴子さんの初めての絵本と原画展

2022年4月25日、福音館書店さんから 『へんしん ─すがたをかえるイモムシ』が刊行されました。 イモムシ画家・桃山鈴子さんの初めての絵本です。 東京で開催された原画展…

工作舎
2か月前