新建築

異質な要素の集合体─『新建築』2019年12月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!
(本記事の写真は特記なき場合は「新建築社写真部」によるものです)

2020年の東京

2020年である.焦土から再出発した日本の都市と国土の復活を,東京から世界に向かって宣言する機会となった1964年の東京

もっとみる
こんな記事読みたいの意見も是非!
14

カズ・ヨネダ─せんだいメディアテーク/Santa Caterina Market/Tate Modern

カズ・ヨネダ|Bureau 0–1 (東京都)

***

世界は素晴らしい建築に溢れています。その中から現代建築三作を選択することは甚だ難儀なこと。

考え出したらキリがないので、まずひとつの判断基準としてパラダイムシフトが起きた1995年以降の作品を対象としました。
ウィズ・コロナの時代に、建築や都市への見方が変わるかも知れませんが、普遍的な美・強さ・価値もあると考えたい。
ふたつ目の判断基準

もっとみる
住宅特集3月号は特集「平屋という選択──風土と暮らしを繋ぐ床」!
29

新建築5月号月評ゼミ前夜

来る新建築5月号月評ゼミを前に、自分の考えを整理するためのテキスト。

「京都市美術館」と「弘前レンガ倉庫美術館」、この2つの美術館を見て建築の生々しさ、みたいなものを考えさせられた。

きっかけは弘前における論考で「延築」という言葉を見た時である。ここで田根は「(中略)欧州で目にしてきた「修復」の技術を思い出した。古いたてものを直すために部材を検証し、制作当時の技術や素材を学び研究する。過去と対

もっとみる

島田陽─豊島美術館/八幡浜市立日土小学校/ベルリン・ユダヤ博物館

島田陽|タトアーキテクツ(兵庫県)

***

建築を学びはじめた学生が対象とのことで、比較的訪れやすい国内のものとベルリンのものを選んだ。
豊島美術館はこの世にあの世が現出したような、無宗教の多い現代人の為の聖地で工法も含めて素晴らしい。
一方日土小学校は日々使われる日常の建築の素晴らしさを伝えてくれる。
ベルリン・ユダヤ博物館は昨今顧みられることの少ないデコン建築であり、その時代精神と記憶の体

もっとみる
新建築3月号発売中!特集:リノベーション14題!
30

福屋粧子─大阪芸術大学 アートサイエンス学科棟/渋谷ストリーム/おしか番屋

福屋粧子|AL建築設計事務所/東北工業大学(宮城県)

***

2010年代後半の作品から3つを選んだ。
建築は見に行かないと分からない。一方、建築に関する情報は、今や雑誌だけでなくwebメディアや個人のSNSの毎日の更新を通じて、常に実物よりも多くの情報が出回っている。行かなくとも、行ったような気分になれるものさえある。
ほんとうに、そうだろうか?メディア上の建築の姿と、訪問したときの体験は一

もっとみる
ご意見・ご感想もお待ちしております!
14

津川恵理─寧波博物館/カルティエ財団現代美術館/輪の家

津川恵理 | ALTEMY (東京都)

***

寧波博物館|王澍

王澍は、中国江南地方の古民家の外壁レンガやタイル等を再利用して、この博物館を現代建築へと昇華した。
100万枚を超える瓦礫は、断面部を魅せながら外壁へ敷き詰められ、古来の建築パーツから伝統文化の情報発信フィルターへと変換させられる。設計によるコントロールと施工上生まれた偶然性の境目が想像し難く、ある意味中国の施工精度を上手く利

もっとみる
よろしければシェアをお願いします!
40

拝啓,内藤廣さま─『新建築』2019年12月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!
(本記事の写真は特記なき場合は「新建築社写真部」によるものです)

評者:林千晶

「拝啓,内藤廣さま

先日(12月9日)の代官山ロータリークラブのイベントでは,私との対談にお付き合いいただき,ありがとうご

もっとみる
よろしければシェアをお願いします!
25

板坂留五─青森県立美術館/太田市美術館・図書館/北千住BUoY

板坂留五(東京都)

***

今回は、建築との出会い方を思い出しながら選んでみた。
見るために訪れた・近くに行ったから訪れてみた・何も知らずに訪れていた建築。
建築に対する感じ方は、その時の自身の気持ちによって大きく変わってくる。
ふたたび、自由に外へ出向けるようになったなら、もう一度この建築に訪れたい、そう思う建築を紹介する。

青森県立美術館|青木淳建築計画事務所

学部2年生の頃に初めて建

もっとみる
新建築3月号発売中!特集:リノベーション14題!
33

岩元真明─アイランドシティ中央公園中核施設 ぐりんぐりん/丘の礼拝堂/熊本駅東口駅前広場 暫定形

岩元真明| 九州大学(福岡県),ICADA(東京都)

***

福岡県と長崎県と熊本県から作品をひとつずつ選びました。どの作品も、ひと目見ただけでは、どうやって建っているのか不思議になるような、挑戦的な構造が特徴です。図面や構造解析図、構造家によるテクストを読みこんで、建物が成り立つ仕組みを想像してください。そうして、実際に現地を訪れたら、たくさんの発見があると思います。

アイランドシティ中央

もっとみる
住宅特集3月号は特集「平屋という選択──風土と暮らしを繋ぐ床」!
18