大林宣彦監督『HOUSE』をみておったまげた話(備忘録)

NHKの某沼番組で、斎藤工が「stay home期間のオススメ映画」の一つとして勧めていたので、前知識全く無しで大林宣彦監督の『HOUSE/ハウス』を観ている。(斎藤工も本作については「とにかく名作、見て」でなんかあんまりちゃんと説明してくれなかったような気がするんだけど気のせい?)

ちなみに斎藤工による他のオススメ作品は
『GO』行定勲監督
『わたしはロランス』グザヴィエ・ドラン監督
『Loc

もっとみる
Thanks♡
1

20/05/23(土)16:00 「佐藤二朗と斎藤工の名古屋でやりたい放題~グルメも人もクセ強すぎSP~」

【旅・街歩きエリア】 名古屋

佐藤二朗と斎藤工が名古屋へ。全国から客が殺到する味噌おでん店や異常なサービスの喫茶店など、強烈な個性の数々が…。名古屋の魅力&楽しみ方”を発見する!

今回のみどころ

県外客も新幹線を途中下車!10日間かけて煮込む“味噌おでん”の老舗へ

モーニングの聖地で見た!ホットとアイスが両方出てくるコーヒースタイル!

ディープスポット“大須”で発見!謎の100円珍品

もっとみる
スキありがとうございます!
5

ミニシアター・エイド基金を引き継ぐ俳優陣たちの構想がアツい!〜緊急事態宣言Day37

いよいよ今日発表される39県での緊急事態解除、そしてミニシアター・エイド最終日を前に昨晩5時間に渡って行われたミニシアター・エイド ライブ。それぞれの劇場が辿ってきた経緯や、そこで生み出されてきた交流、さらに今後の抱負について各劇場の皆さんがミニシアターエイド事務局や発起人の濱口竜介監督と語る一方、#ミニシアターと私を語るコーナーでは、片渕須直監督や、小泉今日子さんらが出演。片渕監督は、4月24日

もっとみる
ありがとうございます!
1

今日、映画館主や俳優が集結、今こそ語り明かす『ミニシアター・エイドLIVE #ミニシアターと私』〜緊急事態宣言Day36

緊急事態宣言6日目に発足したミニシアター・エイド基金。早1ヶ月が過ぎ、いよいよ明日が最終日となった。現時点で寄付金が2億8500万円。あと2日でストレッチゴールの3億円に達するには厳しいかもしれないが、1ヶ月でこれだけの金額がミニシアター支援のために寄せられるのは、本当にすごいことだ。現在、特別警戒が出されている中で茨城、岐阜、愛知、福岡の4県も解除検討との知らせが入り、6月を待たずに再開できるミ

もっとみる
Happyな1日を!

【感想】演劇UNIT 乱-run-『365000の空に浮かぶ月』おおたけこういち ,斎藤工,波岡一喜,福士誠治

友人と配信を同時再生で一緒にみました。

キュートで瞬発力のあるおおたけこういちさん、周りに作用する力を持つ斎藤工さん、確かな手触りで空気をつくる波岡一喜さん、頭の良いバランサー福士誠治さんみたいな個性がバラバラで面白かった。

個性派俳優陣

おおたけこういちさん。おおたけさんは可愛くて憎めないですね。とってもチャーミング。バネのような躍動感とエネルギッシュさ。ずっこけがすごく潔くて清々しい。ず

もっとみる

モヤモヤっとしたら、料理しよう。

ステイホームがつづいて、さすがにまいってきました。お子さんがいたり、出勤しなければいけない方々には大変申し訳ない話なのですが、自宅作業がメインの私でもこの有様です。

気づけば数日連続で、肉を焼いていました。

なんのこっちゃ。

いや、本当に無心で肉を焼いていたんです。アンガス牛のステーキ、豚ロースの塊、鶏肉…。ほぼ一歩も家から出ないくせに、焼いては食べ、焼いては食べ。

バイブルともいえる「P

もっとみる
ご縁に感謝!
6

静岡新聞・夕刊「窓辺」掲載記事(2020.5.8)

静岡新聞で連載中のエッセイ第6回が、5月8日の夕刊に掲載されました。
新聞社にご許可いただき、全文をここでも紹介させていただきます。

今回は、5月5日に開催された「オンライン本屋博」で企画したイベントのひとつ。
俳優・映画監督の斎藤工さん、映画監督・上田慎一郎さんをお迎えして語り合った、「いま、映画にできること」を振り返りました。

コロナに対する斎藤さんの視点には、目を覚まされたなぁ。
どうや

もっとみる

インターネットでも読めるミニコミ誌『シネマズライフ』第181号公開中!!

https://note.com/fuu_natu/n/n09c6b112b648

【映画の風景 日本の風景】
『地球の静止する日』
宇宙人だって我慢の限界ってものがある。【BS・CSオンエア】
『マンマ・ミーア』
 楽しい人生ってやっぱりそんなに悩まない事。
『おとなの恋はまわり道』
 大人ってめんどくさいかもしれない…(^_^;)。
 
【名作紹介】
『ヲタクに恋は難しい』
 ところで「ヲタ

もっとみる
きっと、いい事ありますように ❤!
3

『blank13』

俳優さんが作る映画って苦手やった

なのでこの作品もそんなに期待はせずに見た←ハイ土下座★

リリーフランキーさんは
こういうどうしようもない親父が本当に似合う
借金残して家族残して13年前に逃げた親父なんて
この人以外誰が似合う???

母の苦労を目の当たりにしてきた兄弟に
斎藤工さん(兄)と高橋一生さん(弟)
そのどうしようもない親父が余命3か月で見つかり
弟だけは昔の親父との思い出を忘れられ

もっとみる
ありがとうございます♪
1