嶋津

ダイアログデザイナー(対話をデザインする人)/文筆家/ラジオパーソナリティ/ことばと音楽によるクリエイティブチーム〈Honey Come〉を運営/『教養のエチュード賞』『Muse杯』主催/ #知性の交換 (ぼくとあなたで本と手紙を交換する企画です。現在68名)
  • 教養のエチュード

    様々なイベントを企画・運営したり、文章を磨く人のための場所にしていきます。

    • 有料マガジン『シルキーな日々』を読んでいただけます。
    • オンラインCafeBarDonnaへ参加いただけます。

    ダイアローグ・ジャーニー(お話し相手)

    月に一度、オンラインで一時間、二人でお話します。文章についての相談(フィードバックや小説の構想を考えたり)でも何でも乗ります。※権利を誰かにプレゼントしてくださってもOKです。

    • オンラインCafeBarDonnaへ参加いただけます。
    • シルキーな日々
      シルキーな日々
      • ¥500 / 月

      「繭が風を手に入れ、シルクとなった」 文章のこと、仕事のこと、考えるということ。

    • 1000文字の手紙
      1000文字の手紙
      • 47本

      第三回教養のエチュード賞、応募作品への手紙です*

    • オンラインバーCafeBarDonna
      オンラインバーCafeBarDonna
      • 41本

      オンラインバーCafeBarDonnaで起きたこと。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

18歳差の恋愛において、大切なこと

ぼくの妻は18歳年上です。 出会った時から大切な人で、それは14年経った今も変わりません。むしろ、日を重ねるごとにその想いは強くなっていきます。彼女と出会って、ぼく…

1000文字の手紙〈みやのはるかさん〉

みやのはるかさん、この度は第三回教養のエチュード賞にご応募いただきましてありがとうございます。 本への慈しみ、ゆたかな愛がたくさん詰まった文章に、こころ癒されま…

1000文字の手紙〈読む猫さん〉

読む猫さん、はじめまして。 この度は、第三回教養のエチュード賞にご応募いただきましてありがとうございます。本との出会いは、未知の可能性を秘めていて。ぼくもふとし…

「ギフト」への考察

「シルキーな日々」「教養のエチュードしよう」のメンバーのみなさんとギフトのプロジェクトを考えています。ただ、ひとくちに〈ギフト〉と言っても、何をどうすればいいの…

1000文字の手紙〈長谷川晃子さん〉

奇跡を体験した人は強いです。それは、奇跡を信じることができるから。そして、その「奇跡」を何度も再現できる人のことを、人は「天才」と呼ぶのかもしれません。 * 「…