嶋津

ダイアログデザイナー(対話をデザインする人)* 「対話」とは一対一の関係性を築く行為です。関係性を築くことは、物語を紡ぐこと。相手の魅力を引き出し、問題を解決(あるいは提起)します。対話で、暮らしを、芸術に。
  • 教養のエチュード

    様々なイベントを企画・運営したり、文章を磨く人のための場所にしていきます。

    • 有料マガジン『シルキーな日々』を読んでいただけます。
    • オンラインCafeBarDonnaへ参加いただけます。
    • シルキーな日々

      「繭が風を手に入れ、シルクとなった」 文章のこと、仕事のこと、考えるということ。

    • 哲学ドルチェ

      毎日、コーヒーをドリップして飲む少しの時間だけ考えごとに耽る。その時、書いた文章を“哲学ドルチェ”と呼んでいる。決めごとは一つだけ。大そうな話はしない。たかだかコーヒーの時間である。ほろ苦いコーヒーには、甘い哲学。

    • 日々是好日

      毎日をゆたかに。 Art de Vivre. 暮らしの芸術を味わおう。

    • 教養のエチュード賞応募作品

      教養のエチュード賞への応募作品です。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

18歳差の恋愛において、大切なこと

ぼくの妻は18歳年上です。 出会った時から大切な人で、それは14年経った今も変わりません。むしろ、日を重ねるごとにその想いは強くなっていきます。彼女と出会って、ぼく…

1年前

Less is more

夜な夜な、TwitterのSpacesで「ことばの採集」という企画をひらいている。 「あなたの好きなことば、聴かせてください」と、集まった人からお気に入りのことばを教えても…

1日前

かなしみのただなか

つとめて、自分のことを肯定したり、否定したりしている人がたくさんいて。それらは正反対の方向へ進んでいるようでいて、その実両者は同じ種類の“かなしみ”に溺れている…

1日前

批評と品性

自分の所有する刃物の切れ味をプレゼンしたいがためのレビューというのは品がない。 うまく切ることだけが目的で、はじめから対象への敬意がない。そこには「好き」とか「…

3日前

文章のバラン   ス

真面目も過ぎると、肩が凝る。 立派な内容の時は、どこかくだらない表現で崩したい。くだらない内容の時は、レンチできゅっとボルトを締めたい。文章のバランスを考える。…

4日前

抱きしめることを学ぶ

犬を三匹飼っている。 トム、ジュリア、クチュ。老犬二匹に、ベビー一匹。クチュが家にやってきた時、既に彼の小さなからだはハードな線虫に蝕まれていた。彼は文字通り生…

4日前