広島大学

小説「15歳の傷痕」74〜本音

小説「15歳の傷痕」74〜本音

<前回はコチラ> ー リフレインが叫んでる ー1「上井くん!」 神戸は、森川と別れて宮島口駅の改札を通り、ホームに入った上井の後を追い、声を掛けた。スルーしようかとも思ったが、どうしても声を掛けずにはいられなかった。 「えっ?あれ、神戸さん!…もしかしたら、俺と彼女の後を歩いてた?」 「…うっ、うん」 「見られてたんだ…。恥ずかしい〜。なんか、ごめんね」 俺は、何故か詫びた。 「ううん、上井くん、嬉しそうだった」 「……」 「可愛い彼女だね。上井くんのことを

18
大学がやるべきSDGsとは何なのか?「自然エネルギー大学リーグ」から考える、大学にふさわしいSDGsの取り組み方。

大学がやるべきSDGsとは何なのか?「自然エネルギー大学リーグ」から考える、大学にふさわしいSDGsの取り組み方。

さまざまな研究活動が行われ、半公共的な立場にある大学とSDGsは相性がいいのでしょう。多くの大学でSDGsを冠した活動が取り組まれています。今回、見つけたものも、そんな大学によるSDGs関連の活動の一つ。こういうアプローチもあるんだと驚かされました。 今回、見つけたのは「自然エネルギー大学リーグ」。6月に発足したようで、上に貼った聖心女子大学のプレスリリースで知りました。「自然エネルギー大学リーグ」は、同大学を入れた9大学が加盟するネットワークで、大学における自然エネルギー

2
【中級編】西条ドライブ+日刊わしら

【中級編】西条ドライブ+日刊わしら

どうもShowtaです。 緊急事態宣言も延長してしまい、考えに考えた結果、車で西条を一周するコトにしました。 中級編と書いてある通り、直接西条の映像がある分前回の動画より少し深い所を話せたんではないでしょうか。 というか動画で『らしいです』を多用した通り僕自身も知らないコトばっかでした。ブールバールの話とかね。 あと西条自体はもちろん今も結構行くのですが久しぶりに通った道とかがあって懐かしさがありました。 以上です。 今回はあまり書くことないですね、正直。 ただ

2
【広島県庁】公務員試験対策記事|リンクまとめ【県内自治体】

【広島県庁】公務員試験対策記事|リンクまとめ【県内自治体】

このnoteについてこんにちは、公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト(@koumuin_saiyou)です。 この記事では、広島県庁・県内自治体(広島市、三原市)・国立大学法人等(広島大学)の公務員試験(論文試験・面接試験)対策に関連した記事をまとめています。 アップドラフト:経歴&実績・某大手公務員予備校に勤務 ・その後独立し、アップドラフトを開業 ・現在は大学内講座で論文・面接対策を担当 ・公務員試験対策の講師歴は10年以上 ・Twitterで時事・論文・

【広島大学】職員採用面接:過去の質問内容|国立大学法人2021

【広島大学】職員採用面接:過去の質問内容|国立大学法人2021

このnoteについてこんにちは、公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト(@koumuin_saiyou)です。 このnoteでは、国立大学法人「広島大学」の職員採用面接で実際に聞かれた117個の質問を掲載しています。 広島大学の面接は、「変化球」が多いのが特徴です。 例えば、「あなたにとって「平和」とは何か」といった質問もあれば、突然「早稲田大学と比べて広島大学をどう思うか」「母校の大学の所在地と学長名は言えるか」と聞かれるなど、予想もつかない質問を次々に投げ

3,300
特集 東京五輪 ~プロローグ~

特集 東京五輪 ~プロローグ~

 今、東京五輪の実施の是非を巡り、世論が反対の声をあげている。  IOCや日本政府は何が何でも、このオリンピックを「人類がウィルスに打ち勝った証」として実施する気だ。  しかし、この言葉にはかなり強い違和感を感じる。  そもそも、このオリンピックは「東日本大震災からの復興の象徴」としてなされるはずだった。  また、招致の段階で賄賂のやり取りがあり、不正でかつ、先行における東京への支持をより集めやすい方法がとられたことが窺える。  なぜ、ここまで「東京でのオリンピック

広島大学体育会男子バスケットボール部の魅力について語ってみました。

広島大学体育会男子バスケットボール部の魅力について語ってみました。

こんにちは。 最近コロナがまた猛威を振るい始め、思うように部活動ができない状況が続いています、、、 部活が思うようにできないのは正直辛いです。 昨年から、断続的に活動停止と再開を繰り返し、特に対外交流はずっとできていない状況です。 でも、そんな中でも、むしろそんな中だからこそ一歩踏み出して少しでも成長していきたいと思っています。 特にこうした自粛期間を利用して、何が自分にできるか考えたり、自分や部のことを見つめ直したりするいい機会にしていきたいです。 そこで、今回は、私の所

15
特集 東京五輪 ~復興五輪の正体~

特集 東京五輪 ~復興五輪の正体~

 お待たせしました。  今回は、東京五輪の"復興五輪とは何か"についてお話します。  この記事は、5月12日に広島大学文化サークル連合の、広島大学新歓講演会実行委員会によって開催された、「鵜飼哲さん 講演会 オリンピックと大学」での取材に加え、自らのリサーチを加えました。掲載にあたり、講演の言及を一部分に求める、という条件で、ご本人のご了承を事前にいただきました。 〇なぜ東京で五輪をやるのか 一橋大学名誉教授である、鵜飼先生の講演によると、そもそも東京で五輪を開きたい、

【教育における機会均等と子どもの貧困】教育学部小論文講座(第2回)

【教育における機会均等と子どもの貧困】教育学部小論文講座(第2回)

(1)はじめに「【教育学部小論文】書き方」の記事で、教育学部の受験生は小論文対策として、憲法や教育基本法などの法律に目を通しておくようにとアドバイスしました。 今回の広島大学の問題は、これを裏付けるように、教育基本法の(教育の機会均等)を出してきました。 これは、教育学部の入試小論文では、直球の問題です。 きちんと準備してあれば書ける問題ですが、指定字数が1200字程度と多い。 ほとんどの受験生は途中で息切れして、ショートしてしまうかもしれません。 今回は、「教育の