広報PR

スポーツの価値を掘り下げる3つの質問

◎この「スポーツPR ミニミニ講義の実況中継」は、
------------------------------------------------------------
スポーツ業界の現状を変えたいという強い思いや意欲はあるのに実践するのに苦労しているという方に、考えるヒントを伝えること
-----------------------------------------------------

もっとみる
ありがとうございます! 嬉しいです!

日本語の妙味

人の文章に赤入れするはなかなかに難しい。最近、クライアントから、企業として表に出す文章の確認を定期的に頼まれている。文章って唯一絶対の正解がなく、文脈に大きく依存するものなので、毎回、悩みながら落としどころを探って手直ししている。

例えば、「下記」や「上記」といった表現。これらは、「記」+「以上」という2つの言葉がセットになって初めて、「記」書き以下、以上までの内容を参照させるという日本語だ。た

もっとみる
わあ、ありがとうございます!

ライフスタイルの変化

書店や百貨店に行くと、以前と変わったなと感じます。
新刊コーナーに積まれている本の部数が減っています。
正直なところ、出入口付近にある新刊コーナーに、これでもかと積まれている本の高さに圧倒されることがあり、スッキリしたという印象を持ちました。

先日、あるメディアで、書店の変化を伝える特集が組まれていました。
有名雑誌の編集長がインタビューで「読者の反応や感想が今までと違う。
特集を変えたところ隅

もっとみる
なんとー!(^^)/
1

今のことばかり考えない

こんにちは!

エイムプレイス広報の大和田です!

今日の写真は、代表のYouTubeチャンネルの件で

技術編の企画案を練り練りしている場面です。

次の収録に向けての準備がゴリゴリ進んでますよ~!

楽しみにお待ちいただけると嬉しいです!

本日は、代表の名言「お金を稼ぐために相手に貢献することを考える。」です!

今、30万円の基本給の子が、

40万になりたいと考えたらどうやったら10万円

もっとみる
また是非みにみてくださいね♡!
2

パブリックリレーションズの「パブリック」って誰だ?代表vs広報の社内議論が始まった

株式会社Flucleのインハウスライター、ときどき広報の本田です。

今回は「会社代表と広報担当の、PRに関する認識のズレ」と、社内議論の内容について書いておこうと思います。

広報担当として、会社代表の「パブリックリレーションズっていうけどさ、パブリックって誰を指してて、プレスリリースは誰宛に配信すんの?それって儲かるの?」という問いに向き合ってみました。

ちなみに決着はついていません。

もっとみる
やった〜次の記事も読んでね!
9

経営の厳しい寿司屋さんの生き残り戦術。

寿司経営の専門家によれば「高級化(=少数の富裕層客相手)か低価格化(=大衆向け路線)で悩み、地元の常連客相手で商いしている多くの小規模寿司屋がどちらへ振るかで悩んでいる」という。

小規模のお店が大企業に負けないためには、仕入れ規模で原価を下げる、という「量」の商売ではなく、提供する「質」になる。「質は高いリーズナブルな美味しいお店」というポジションだ。(続きはこちら)

集客アイディアや小規模経

もっとみる
うれしいっす!ありがとう

固定概念で生きてませんか?

こんばんは!

エイムプレイス広報の大和田です!

先日!朝からコーポレートサイトの写真リニューアルで

代表の撮影会を行いました!✨

こんな感じで撮った写真がどう出来上がるのか…

新しい写真に変わったらまたお知らせしますね!

本日は弊社代表のTwitterでつぶやいた例のツイートの詳細のお話です。

ツイートの詳細、考えながら読んでみてください。

いい仕事をしてくれるかどうか。

いい仕

もっとみる
今日もとっても良い事ありますように♡!
6

何を伝えるべきか、見失わないために

「ご連絡が遅くなり、誠に申し訳ございません。当社の魅力が伝わる素敵な文章だと思います。こちらでお願いできればと存じます。当社の要望を叶えてくださり、誠にありがとうございます。」

プレスリリースの発表準備を進めていたときのこと。関係者からいただいたメールにはっとしたことがある。この日のことを忘れないために、ここに投稿しようと思う。

クライアント企業と他社との提携に関するプレスリリースを準備してい

もっとみる
わあ、ありがとうございます!
6

【PR tips ①】ニュースの作り方vol.3

外資金融から未経験でPR会社へ。PRスキルと経験を積み、挑もうと決意したのは”保険の概念を変える”というチャレンジ。
光栄なことに、justInCaseってどうしてあんなにメディア露出してるの?と聞かれることが多くなってきたので、PRで悩んでいる方に少しでも参考になればとnoteをはじめました。
【PR tips 序章】にて自己紹介も含めPRで一番大切なことを書いていますのでよろしければご参考くだ

もっとみる

広報PRのおすすめ商品〜秋冬の新作編

ちょうど一週間前に道にスマホを落とし、意図せずデジタルデトックスを体験した、ライフスタイルショップKEYUCAで広報PRを担当している桜井です。
スマホは親切な方が拾ってくださり、無事に手元に戻ってきました。雨が降る中濡れたスマホを拾ってくださるなんて、世の中には本当に親切な人がいるんだ!と、すごく心が温かくなりました。
そんな私は、実は今日が誕生日です。人生の折り返し地点を過ぎたのにまだまだ未熟

もっとみる
有難うございます!励みになります✨
4