Global Brain

グローバル規模でスタートアップ支援を行う独立系ベンチャーキャピタル「グローバル・ブレイ…

Global Brain

グローバル規模でスタートアップ支援を行う独立系ベンチャーキャピタル「グローバル・ブレイン」のnoteです。自社および投資先が持つ事業ナレッジを中心に発信しています。

マガジン

  • GB社員インタビュー

    GBの社員インタビュー記事をまとめています。

  • PRコミュニティ

    グローバル・ブレインの投資先スタートアップのPR担当者コミュニティ「GB PRコミュニティ」についての記事一覧です。

  • 採用の処方箋

    グローバル・ブレインの投資先スタートアップ企業の、採用・人事にまつわるナレッジを紹介していくシリーズです。

  • おしごと2.0図鑑

    グローバル・ブレイン投資先スタートアップにある「これまでにない仕事」を紹介し、未来のビジネスを生き抜くヒントを探っています。

  • Visions

    グローバル・ブレインの投資先企業が目指すVisionについて、そこに込めた想いや背景、言語化に至るまでのプロセスなどを聞くシリーズです。

最近の記事

  • 固定された記事

未経験からの情報発信、始める前に整理しておきたいことまとめ

ベンチャーキャピタルのグローバル・ブレインで情報発信全般を担当している桜川です。主に自社のPRおよび投資先企業のPR支援などを行っています。 採用や自社のブランディング、プロダクト認知などを目的として、noteやYouTube、Podcastなどで発信するスタートアップ企業も多くなっていますが、初めて情報発信に取り組むことになった企業からの相談を受けることがあります。 20年近く編集者として情報発信業務に携わってきた経験から、未経験で情報発信を始める方向けに、事前に整理し

    • 年間35回開催!VCが行う社内向けの勉強会や研修とは

      グローバル・ブレイン(GB)でPR・イベントを担当している新坂上です。現在GBの社員数は120名を超えており、各分野のプロフェッショナルが年間20〜30名程入社している状況です。GBでは社員のスキル向上のため、キャピタリスト向けの研修プログラムをはじめ、各領域における最新のナレッジ共有を会社全体で行っており、昨年は合計で35回開催しました。今回はその内容を一部ご紹介したいと思います。 代表自ら行うキャピタリスト研修新しく入社したキャピタリスト向けに行う「新人キャピタリスト研

      • グローバル・ブレインのオウンドメディア「GB Universe」をリニューアルしました

        ベンチャーキャピタルのグローバル・ブレイン(GB)で情報戦略全般を担当している桜川です。主に自社のPRおよび投資先企業のPR支援などを行っています。 GBではnote以外に「GB Universe」というオウンドメディアを運営しています。スタートアップ投資環境に関する最新のトレンドを中心に、GBの取り組みや考え方、ナレッジなども発信しているメディアです。 このGB Universeがスタートして5周年を迎える今年、さらに進化した形でリニューアルしました。ポイントとしては「

        • 急成長の5社が集結。XLIMIT 2nd Batch Demo Dayレポート

          こんにちは!グローバル・ブレインでXLIMITの事務局をしている松井です。 2024年1月11日に、次世代を担う起業家を支援するためのアクセラレータープログラム「XLIMIT」の2nd Batch採択企業によるDemo Dayを開催しましたので、そのレポートをお送りします(昨年のレポートはこちら)。 XLIMITでは2023年10月5日より、採択企業に対してメンターとのメンタリング、グローバル・ブレインの支援チームによるレクチャーとオフィスアワー、起業家の先輩による講義や

        • 固定された記事

        未経験からの情報発信、始める前に整理しておきたいことまとめ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • GB社員インタビュー
          Global Brain
        • PRコミュニティ
          Global Brain
        • 採用の処方箋
          Global Brain
        • おしごと2.0図鑑
          Global Brain
        • Visions
          Global Brain

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          PR担当の悩みを共有し、横の繋がりを深めるミートアップを開催!【GBPRコミュニティレポート】

          こんにちは!グローバル・ブレイン(GB)で投資先企業のPR支援をしている松井です。 GBでは投資先企業の支援の一環として、PR担当の皆さんと気軽に相談し合える「GB PRコミュニティ」を運営しています。このコミュニティでは気軽に相談し合える場を提供し、各社の最新の取り組みやメディアとのリレーションなどを共有しあっています。 最近新しくコミュニティに参加してくださった方や、産休育休から戻ってきた方など、お互いを知らないメンバーが増えてきたため、ランチを食べながら業務や悩みに

          PR担当の悩みを共有し、横の繋がりを深めるミートアップを開催!【GBPRコミュニティレポート】

          ソニーやホンダを経て思う、VCの「知財支援」で広がったキャリアの地平線【GB社員インタビュー】

          グローバル・ブレイン(GB)で情報発信を担当している岡本です。 GBでは投資先のスタートアップのさらなる成長のために、事業戦略、採用、PR、協業支援など様々な支援メニューをご用意しています。今回はその中でも、知財領域でスタートアップを支援する知財チームの平井さん、小野寺さんにそれぞれの業務について話を聞きました。 世界でも稀な、VCの「知財支援」──知財チームの業務内容や体制を教えてください。 平井:業務は「知財デューデリジェンス(DD)」と「知財支援」の2つに分かれま

          ソニーやホンダを経て思う、VCの「知財支援」で広がったキャリアの地平線【GB社員インタビュー】

          スタートアップ60社の採用支援をしてわかった「スカウト」で意識したいポイント

          この記事では、私たちが約60社ほどのスタートアップの採用支援をする中で見えてきた「ダイレクトスカウト」のポイントをご紹介します。 具体的なスカウトの手法だけではなく、採用目的の設定や採用要件の策定など、ダイレクトスカウトのプロセス全体における要点を、以下のステップで順に見ていきます。 「なぜ採用をするのか」を解像度高く考える採用を考える上でまずやるべきことは、採用を通じて何を解決したいのかという目的(WHY)を具体的に整理することです。 ここが定まっていないと、どんな人

          スタートアップ60社の採用支援をしてわかった「スカウト」で意識したいポイント

          専門キャピタリストによるアフリカ勉強会を開催【CVC担当者向け勉強会レポート】

          ベンチャーキャピタルのグローバル・ブレイン(GB)でPR・イベント周りを担当している新坂上です。現在14社のCVCを運営しているGBでは、CVC担当者向けの研修や勉強会を定期的に開催しています。 先日はアフリカへの投資を担当する弊社のキャピタリストによる勉強会を開催しましたので、その際のレポートをお送りします。 国際社会における「アフリカ」のプレゼンスが高まっている2023年9月にニューデリーで開催された首脳会議(G20サミット)にてアフリカ連合(AU)が常任メンバーとし

          専門キャピタリストによるアフリカ勉強会を開催【CVC担当者向け勉強会レポート】

          編集者のネクストキャリアを考えるミートアップを開催します(記者さんも歓迎!)

          ※当イベントは終了しています。 ベンチャーキャピタルのグローバル・ブレイン(GB)で情報戦略全般を担当している桜川です。主に自社のPRおよび投資先企業のPR支援などを行っています。 最近、編集者・記者の方からキャリアパスについての悩みを耳にすることが多くなりました。その一方で、メディアからスタートアップのPRやHR、インハウスエディターなどにキャリアチェンジをする事例も各所で生まれています。 私もメディアの編集者から現職にキャリアチェンジしていますが、編集者・記者のスキ

          編集者のネクストキャリアを考えるミートアップを開催します(記者さんも歓迎!)

          ABEMA Primeプロデューサーに聞く、スタートアップとテレビがいい意味で癒着するには?【PRコミュニティレポート/講師:ABEMA Primeプロデューサー郭さん】

          こんにちは!ベンチャーキャピタルのグローバル・ブレイン(GB)で投資先のPR支援をしている松井です。 GBでは投資先企業の支援の一環として、PR担当の皆さんと気軽に相談し合える「GB PRコミュニティ」を運営しています。このコミュニティでは、各社の最新の取り組みやメディアとのリレーションなどを共有しあっています。 今回は『ABEMA Prime』でプロデューサーを務める郭晃彰さんをお呼びし、「スタートアップとテレビがいい意味で癒着するには?」と題し、テレビとの付き合い方に

          ABEMA Primeプロデューサーに聞く、スタートアップとテレビがいい意味で癒着するには?【PRコミュニティレポート/講師:ABEMA Primeプロデューサー郭さん】

          日韓のスタートアップ・VCの交流イベント「MokTalk」が開催されました

          グローバル・ブレイン(GB)で情報発信を担当している岡本です。GBでは国内にとどまらず、海外のスタートアップやVCとも広く交流を深めています。 先日そうした連携の一環として、韓国最大規模の創業支援財団「d.camp」および韓国スタートアップの育成プログラム「Shinhan Future's Lab」とともに、交流会イベント「MokTalk」を開催しました。 韓国のスタートアップ関係者や、日本のVCで働く韓国の方などが集まって知見の共有や親睦を深めることを目的とした本イベン

          日韓のスタートアップ・VCの交流イベント「MokTalk」が開催されました

          スタートアップとVCのカジュアルな相談会「GB Pit In KYOTO」を開催しました

          ベンチャーキャピタルのグローバル・ブレイン(GB)で情報発信全般を担当している桜川です。GBは定期的に「GB Pit In」というスタートアップとのカジュアルな相談会を行っており、先日の福岡に続き、11月10日には京都でも開催しましたので、そのレポートをお送りします。 今回はGBもご協力した「京銀・東証イノベーションミーティング2023」に合わせ、拠点を開設して間もない京都オフィスのメンバーが、関西に本拠地のあるスタートアップ3社と面談を実施しました。 今回ご参加いただい

          スタートアップとVCのカジュアルな相談会「GB Pit In KYOTO」を開催しました

          「エンジニアの教育に手が回らない」スタートアップあるあるに、先輩CTO/VPoEはどう対応した?

          新卒や若手エンジニアを採用してぶち当たるのが育成の問題。教育のために多くの時間が取られたり、コードのクオリティが保てなくなってしまったりと、人数が増えてもかえって生産性が下がってしまいがちです。 スタートアップの技術領域の方に向けた勉強会「GBIL Tech Meetup」。後編では、Speee VPoEの大場光一郎氏に加えて、エステートテクノロジーズ CTOの池上俊介氏、元Wantedly CTOであり現在はグローバル・ブレイン株式会社のVenture Partnerであ

          「エンジニアの教育に手が回らない」スタートアップあるあるに、先輩CTO/VPoEはどう対応した?

          「入社後にできることは少ない」活躍し続けるエンジニアを育成するには

          ますます熾烈さが増している、エンジニア人材の獲得競争。中途採用だけではなく、新卒採用や若手層の育成も含めて組織づくりを考えている方も多いのではないでしょうか。 そんな背景を受け、スタートアップの技術領域で働く方同士の交流の場である「GBIL Tech Meetup」では「若手ITエンジニアの育成」をテーマに勉強会を開催。Speee VPoEの大場光一郎氏、エステートテクノロジーズ CTOの池上俊介氏、元Wantedly CTOであり現在はグローバル・ブレイン株式会社のVen

          「入社後にできることは少ない」活躍し続けるエンジニアを育成するには

          スタートアップとVCのカジュアルな相談会「GB Pit In FUKUOKA」を開催しました

          グローバル・ブレイン(GB)でPR・イベント周りを担当している新坂上です。GBは定期的に「GB Pit In」というカジュアルな相談会を行っています。今回は初めて福岡で開催した相談会の模様をお届けいたします。 GBは、グローバル規模でスタートアップ支援を行う独立系ベンチャーキャピタルとして、25年間で300社超のスタートアップを支援しています。投資担当のキャピタリストに加えて、戦略設計・採用・知財・マーケティング・PR・セールス・ITなど多岐にわたる分野で、企業価値向上に向

          スタートアップとVCのカジュアルな相談会「GB Pit In FUKUOKA」を開催しました

          採用目的の記事で考えるべき2つのプロセス─成功事例の舞台裏

          ベンチャーキャピタルのグローバル・ブレイン(GB)で情報発信全般を担当している桜川です。主に自社のコーポレートPRおよび投資先企業のPR支援などを行っています。 最近、採用目的の記事についてご相談を受けることが増えていることもあり、今回改めて押さえておきたいポイントを整理してみました。 プロセスとしては「下調べ」と「コアメッセージの抽出」の2つがあります。 順を追って説明します。 「What」「Who」「Value」を押さえる採用目的に関わらず、記事を作成する際に最も

          採用目的の記事で考えるべき2つのプロセス─成功事例の舞台裏