自作の俳句

故郷や 真昼の空の 下弦月

押入れの 毛布の奥の 小宇宙

まだ6時 もう6時 曖昧な夕焼け

この前実家に帰省した時に作った俳句。

実家はとても田舎にある。

通っていた小学校は、生徒の減少の影響もあり閉校してしまった。

月日が経つと変わっていくものもあるけど、変わらない何かを大事にしたい。

磐梯熱海温泉①~No more room in 磐越西線~

2019年5月。
父方の祖父の米寿を祝いに、妻と一緒に地元の福島県郡山市にやってきた。

ゴールデンウイーク真っ只中だった為か、私たち以外にも里帰りらしき家族連れが新幹線からたくさん降りていた。駅前は制服を着た学生たちが賑やかに歩き、活気があった。

自分の着ていた制服を見かけると、その瞬間タイムスリップしたような気持になるのは私だけだろうか。楽しかった学生生活を思い出し、自然と口元が緩みそうにな

もっとみる
ありがとうございますー!!
3

新型コロナウイルス騒動から見るマクロとミクロ その64 ~帰省がしたいが・・・~

2月6日に書いた「死は本当に開放なのか」にある通り、従兄弟が亡くなった。どこかのタイミングで今年また帰省したいが気が進まない。それは、新型コロナウイルスに自分がかかるのには問題が無いが、両親が70歳を超えているため感染すると死の危険がある。これまでの統計結果を見ても60歳以上の新型コロナウイルスで亡くなった割合の高い。新型コロナウイルスの場合、無自覚症状の感染者もいるため、どこかで自分が感染して帰

もっとみる
Thanks! Merci! Danke! Multumesc!
1

7月2日  私の注意はなぜ聞かん

胃薬や漢方をぐいぐい飲んで寝たので案外ジンギスカンの気配なく、すっきり起床した。今日は両親とごはん会なので、夜にむけて節制しようと思い立つ。

今週はカブも売り切ってしまったし、パニーの島に行ってもお仕事はないのでルーティンの少ないわが島なのだった。

ネーヤが引っ越して行き、タキュが来たばかりだったが、今日はマッスルが来るためにモンコが引っ越して行くことになった。

最近あまり慰留しないようにし

もっとみる
この恩忘れません
2

1980年代の田舎の姿

中学生・高校生・大学生だったボク

1980年代には、ボクは首都圏に引っ越していたので、じっちゃんの様子見がてら、一人で鴨川に帰省していました。

普段は部活で忙しかったりするので、夏のお盆や年末に一泊か二泊で帰省するといった頻度でした。

別にサーフィンをするわけでも、海釣りをするわけでもないので、鴨川に帰っても特にすることもなく、駅前の鴨川書店で買ってきた本を読んで過ごしていたことを覚えていま

もっとみる

コロナによって消えた田舎への帰省

今日ショッキングな事実が起こりました。
夏休みに計画していた田舎への帰省が白紙になったのです。

理由はコロナです。

東京は今、第二波と捉えてもしょうがないペースでコロナ感染者が出ています。
私も気をつけようと行動しておりますが、元の生活へと戻りたい慣性の法則に従い少しずつ外出が増えてしまっています。

その中で、人数が増えることは少ししょうがないことと整理して、なんとか経済を元通りにすることに

もっとみる
良かったらシェア頂けると嬉しいです😆
3

101コトめ。もし寂しいと言えたら

3桁にワクワク、しらたま キャベ子です!

日曜日に実家から東京に戻ります。その時に寂しいって言えたらどうなるのかな?

**********

東京まで送ってもらった。

大量に持ち帰った荷物や実家から持ってきたものたちを自分の部屋に運ぶ。

部屋に少し改良を施して少しだけよくなったマイルームが出来上がる。

珍しく出前を取ってピザを囲む。

刻一刻と別れの時間が近づいてくる。

いよいよ、両親

もっとみる
ポジティブポシティブ~♪
3

家族との時間【vol.274】

100人

また100人を超えた。

そんな時、夏、地元に帰れないことが頭をよぎる。

大学で上京して、実家に帰り家族と会えるのは年に2回ほど。

自粛期間も当然帰らなかった。

この夏帰ることができれば、例年と何ら変わりないのに、このコロナウイルスが流行し始めてどこか急に疎遠になった気分に苛まれている。

残された時間

生涯を考えた。

仮に、必ず年に2回・1回の帰省が3日間として、さらに家族

もっとみる
笑って1日を終わろう!
9

前に実家へ行ったのは昨年のGW。もともと年に2回くらいしか行かない薄情な娘。同じ北海道内でも振興局が違えば、県が違うみたいなもの。私の地元は感染者が一桁だから、当分行けない。父はよく理解してくれるが、母が「来ないの?」みたいなのマジ無理。

ありがとニャーっ🐱
3

Explore my root

下半期スタート。7月スタート。
コロナコロナで騒がしかった上半期。個人的には、これからの動きに向けての準備期間だったのかも。ライティングの仕事も、書きたかったトピックについて書けたし、最近はホームページ作成の機会もいただいた。前に自分のポートフォリオ的なHPを、トライアルで2つほど作った経験がここで日の目を見るとは。素人に毛が生えたレベルだけど、それでもいいからやってみて、と仰ってくれて嬉しい。き

もっとみる