懐かしい尾道も時とともに変化するが、自然の風景は昔のまま。   Nostalgic Onomichi changes over time, but the natural scenery remains as it was.

一昨年の夏に、かれこれ20年近くぶりの、瀬戸内の観光スポットである尾道散策を楽しむ時間があった。西隣の三原市が私の故郷で、墓参りのついでに立ち寄ったのだが、どちらかというと尾道巡りがメインになった。

まず、お昼時ということで腹ごしらえに、食べるなら「尾道ラーメン」をと思い商店街へ。評判の人気店は行列だったので諦め、小さなお店に入った。味は想像以上で、たまたま居合わせたお客さんから「あの人気店より

もっとみる
Thank you for the like!

尾道〜トムとジェリー展②

7月に行った尾道一人旅の記録。

記事を書き始めたら、写真多くなったので②回に分けています。

前編①はこちら。



さて、寺巡りをしながら展望台近くにある尾道美術館を目指していたら、天寧寺に辿り着き、いつの間にかまた、ふもとまで降ってしまったのが前編。

尾道は迷いながら歩くのも楽しいところ。

いつもは、志賀直哉旧居にたどり着くのだけど、この日は一度も通らなかったのは何故だろう?と、たった

もっとみる
おうち時間も楽しんで( ´∀`)
6

尾道〜トムとジェリー展①

7/22
今年に入って変化の大き過ぎる日々に、知らず知らず溜めたストレスをリセットしたくて。
ここんとこ、旅がしたい、数時間移動距離がほしいと思っていました。

乗り物で遠くに行くと、帰る時はなんだか、アニメーションで言えばコマが一つ先に送られた様に〜

少しだけ、一皮向けた様な気分になれるのです。

尾道の美術館でトムとジェリー展が始まったと知った時、
それを観に行くのを目標にすれば、旅先として

もっとみる
やったー!嬉しいです(*゚▽゚*)
5

RADIO YAMABON vol.2 ゲスト USHIO CHOCOLATL 中村真也さん!!

MOUNT COFFEE がお送りする声のコーヒー通信 RADIO YAMABON。みなさん、1回目はもう聴いていただけましたかー?? 初回を終え、ちょっぴり緊張もあった店主・山本さんも、すっかりRADIOの楽しさに目覚めた様子。嬉々として、第2回目のゲストに選んだのは、尾道・向島町のクールでファンキーな集団、USHIO CHOCKOLATLを束ねる社主・中村真也さんです!
お互い、お店を持ち始め

もっとみる

バーチャレ尾道大会をやると決めた

思い立った背景

2020年6月末、本来なら日本選手権のために心と身体を整えているであろう時期に、新型コロナウイルスの影響を受け中止や延期どこではない大きな混乱を直撃することになりました。

そんな中、バーチャレの発起人であるTWOLAPS CEO 横田真人さんが全国の中学生・高校生のために動きました。

私自身、横田さんのファンであり、指導者としては尊敬しながらも勝ちたい人です。この部分はどんど

もっとみる
ありがとう!
25

[広島]しまなみ海道・大浜PA(下り)から念願の歩いて念願の因島大橋

広島県・尾道側から因島に行くとなると、しまなみ海道で因島大橋を渡る手段があるけれど、私はバスと車でしか渡ったことがなく、機会があれば自転車で渡ってみたいと思っていた。

5年前に初めて因島に行った際に、生まれた願い。

今回、別の形で叶うことになった。

大福を食べに「はっさく屋」を目指して、大浜PA(下り)に車をとめて、初めて徒歩で行ってみることにした。

それまでは、因島北ICを降りて行ってい

もっとみる
嬉しいです!
6

雲は白リンゴは赤、8月3日は?

夏は何度もやってくる~
暑くて空も高くて~♪

僕は脳の半分以上が J-POPで構成されています(A2C的aiko考察は、またいつか)。
もう8月ですね。
いかがお過ごしでしょう。
僕にとって8月はなんだかノスタルジックだ。

2019年8月3日。
ちょうど1年前に、酷暑の中、敢行された自作自演の「チョコレートピエロ引退パーティー」のことを思い浮かべるからかもしれない。

高校時代の同級生から先日

もっとみる
投げつけるリンゴ、背中にビンゴ
7

暮らしの中に豊かさを取り戻す

■半隠居生活

僕は、サラリーマンを8年ほど経験した後、死んだ父に代わり家業の経営者の一人として中小企業の経営に3年間程携わり、今現在は、フリーランスとして生活費を稼ぐ程度の仕事をする半隠居生活を送っています。

京都・大阪市内も30分圏内というベッドタウンに住んでおり、自然は多いのですが、きれいな川や海はなく、丘のように低いけど歴史ある山があるだけで、仕事以外には、特にやることがないような退屈な

もっとみる
うれしいです!!
5

8月1日 『おのみち放浪記』

福山駅12:52発、普通電車糸崎行き、225系電車だ。故郷の神戸を走っていた新快速と同型、見慣れたその顔に少し安堵した。ただし車両数は4輌、神戸線のやつは毎度12輌くらいあった。実際、乗客の数もまばらだ。

 福山市での所用を早々に終えた私の頭には、すでに尾道のことしか頭になかった。縁があれば寄ってみたいと思っていた地だが、まさかこんな形で機が巡ってくるとはね。こんな大仰なタイトルを付けてはいるも

もっとみる
私も好きだよ
9