【3行短文詩】 走る男 (プラス短歌&俳句&川柳)

風さえ  起こして カモシカ のように

わたしの 目の前  駆け抜け る男

わたしの 知らない わたしの 子どもよ

_____
これは、私がきのう投稿したエッセイと同じ情景です。
3行短文の虫がさわいで、書いてみずにいられませんでした。

実は、これらを、自由詩でも書きました。

note を始めて3週間目に投稿しました。書いたのは2年前です。

こうして、同じ題材で、自由詩、エッセイ、3行

もっとみる
ほんとに? うれしい😊
42

【エッセイ】 走る子ども

うちの息子は二人とも、中高でするスポーツは、ただ走るだけの競技、クロスカントリーを選んだ。上の子は、もしスポーツをするなら、それしかチョイスがなかったからだ。

小さい時から、私なみの運動神経を見せる上の子を、私は心配しながら見守っていた。それでも、幼稚園くらいから、町のサッカークラブにも入ったし、バスケットボールも2年したことがある。どれも、私の目から見ると、もし自分だったら、ごめんごめん、とま

もっとみる
スキありがとうございます。うれしいです。
48

ハタチ

来月、長男が二十歳になる。長男とはいろんな意味で一緒に苦労をしてきた。怒鳴り合いの大喧嘩もしたし、大人の事情を押し付けて辛い思いをさせたり、そんなものと母子で戦ったり…だから、長男は息子というより「同志」のような感じもする。

父親になれない父親。そこになんとか、長男への愛情を注いでもらおうと苦心する母。長男が父親を嫌いにならないようにと、悪口や諦めを態度や口にすることは絶対にしなかった。

次男

もっとみる
ぜひ、感想聞かせてください!
7

思春期中学生の息子との対峙して気づいた事

中学2年生の息子がいるんですが、思春期、反抗期です。けど、脆さと表裏一体のところもあり、親として何がしてやれるかを考える日々です。

そんな僕が考えていることをつらつら書いていきます。対応の正解はわかりませんが、将来読み返した時に「そんなこともあったな」と笑えるように今の心境を書いて行きます。

同じように悩んでいる方への同じ悩みを持つものとしての『安心』であったり、思春期を過ぎたお子さんを持つ先

もっとみる
そのクリックが次のnote作成の活力です!
8

子どもを育てる

子どもは親の所有物ではない

一人の人格を持ち

親が死んだ後も生きてゆかなければならない

親という字は

木の上に立って見守る と書く

干渉しすぎず

子どもの独立を

木の上から精一杯応援するだけ

大人になっても

結婚しても

親に何かと頼って

親の近くに住み

もしくは一緒に住み

親に色々してもらってる人がいて

内容を聞くと 

えっ!?そんなことまでしてもらってるの?と驚くこ

もっとみる
LOVE and Peace❤️
4

子離れで悩むことはありませんよ。

親離れより子離れの方が難しいかも。

15年も専業主婦で子育てに専念して、その後シングルになり社会復帰しながらの子育てだったのだけど、第三者の"子離れしろ‼︎"の言葉に、何度傷ついたかわからない。あたしの背景をわかっているはずの人に言われた時は、ホント落込みましたよ…もちろん、ご縁を切らせて頂きましたwww

その後、このような言葉をかけてくださった方がいて、その言葉とは…“子供の方が自然と親離れ

もっとみる
スキありがとー💌
4

子離れってなんだろう

「子離れってなんだろう」
をしばらく考えてみる。

私は多分子どもには甘いと思う。
特にboyは言っても無駄な超自由人なので
あれこれ言わないから、それも甘いと言われたら
きっと甘々だ。
しかし、girlの同業への道に対してはピリリと辛い。たまに激辛だ。
同業者だからこそ、甘い考えにはイライラするし
中途半端な美容師にはなって欲しくないから。

私は
「ちょっと助けて」って言われたら助けるし、

もっとみる
コメントくれたら鼻血出して喜びます(°▽°)
6

夢が教えてくれたこと~息子とのへその緒が切れた!?~

先日、夢をみた。

すごくショッキングな夢だった。

赤ちゃんを死産する夢

なぜか、私はまた妊娠してて、もう間もなく出産するというシーン。

いきむと、きれいな赤ちゃんがみえた。

「男の子ですよー」という助産師さんの声。

「産まれた!」と思った瞬間、看護師さんや助産師さんがバタバタしてるので、不思議に思う。

産まれた赤ちゃんは、へその緒が途中で切れ、死んでいた。

リアルな感覚がないまま、

もっとみる

さみしいけれど、それが成長

こんばんは、にあちん(Nia.chin)です。

今日、小さいころ子供が毎日同じ作り話をしていました。
いつしかこどもが忘れてしまうだろうからと、
歩きながら走り書きで書いたメモが見つかりました。

その話をしなくなって、2年。
まだおぼえているかな?と子供によんできかせたら、
「全く覚えていない。」

ええええ、やっぱりそうなんだ。
と、残念な気持ちになりました。

どんなに小さくても、可愛くて

もっとみる
明日はいい天気♪
24

親が子供を滅ぼしている時代

今回も全国のパパとママに物申します。前回の内容よりも100倍くらい今回の話は大切です。絶対に最後まで読んで欲しいと思います。

早速ですが、あなたの良かれと思って取った行動が人を不幸にしているのだとしたら?そんなふうに考えたことはありますか?

パパとママに気づいて欲しくて…苦しんでいる子どもたちの心の叫びを代弁しようと思います。

ドリームキラー

この言葉をご存知でしょうか。最近ではかなりメジ

もっとみる
励みになります!他の記事も読んでみて下さい!!
4