売上を減らそう

売上を上げようではなく、減らそう!を目標にする

こんにちは、税理士の山下久幸です(^^) 今回は、本の紹介です! 2019年に出た本で、「売上を減らす」というテーマなので、一時騒がれましたよね。 最近はコロナで、以下の記事を読んで、今回話すことにしました(^^) ▼こちらのインタビューが面白い! ◆100食限定のビジネスモデル 1.早く帰れる 2.…

「売上を、減らそう」を読んで将来の働き方について考えてみた

こんにちは!ちーさんです。 最近、デザインの勉強を始めて、将来の田舎暮らしに向けて働き方について色々と考えているところです。 さて、以前中田敦彦さんのYouTubeで紹介されていて気になっていた「売上を、減らそう」という本をようやくゲットしました。 この動画をみて、「めっちゃ素敵な考え方…

【佰食屋】売り上げを、減らそう。 たどりついたのは業績至上主義からの解放【読書レビ…

こんにちは。べってぃです。2021年もよろしくお願いいたします。 早くコロナおさまってほしいですね…。 さて、今回の読書レビューはこちら↓ 京都のステーキ丼専門店、「佰食屋」のオーナーが提唱する新しいビジネスモデルの本です。 「売上を減らす」というパワーワード。そこには「もう頑張れなん…

年間150万円売り上げる為にどうしたらいいか考えた話

年末です(この記事を書き始めたのは大晦日ではありませんでしたが、もう最終日。書きたいことは色々ありますが、公開して次に進みます)。 2018年に開業届を出してからの売上の推移を年単位で振り返ってみました。いや、振り返ろうとしたのですが、あることに気付きました。 2018年は3月末まで給与…

『売上を、減らそう。』皆が幸せになれる企業の教科書

「そんな生ぬるいやり方ではやっていけない」中村さんが未経験で飲食業界に参入した当時、経営を危ぶむひとは多かっただろう。ランチ営業だけの 国産牛ステーキ丼専門店「佰食屋(ひゃくしょくや)」は、1日100食限定の売り切りスタイルをとっており、お店の営業時間は3時間半、従業員の残業ゼロという…

「売上を、減らそう。」の『反撃の狼煙』

先日、オンライン講演会でベストセラー書籍「売上を、減らそう」で有名な佰食屋社長の中村朱美さんの話をお聞きすることができました。​ ​ ​ 私はこの「売上を、減らそう。」が大好きな本でして、その何が好きかといいますと、まずはオーナーである中村さんご夫妻が目指している世界観ですね。実現…

働かせ方改革

いわゆる経営のノウハウ本かと思いきや(それも書いてはあるが)、ある飲食店のお語である。サクセスストーリーかと思いきや、このご時世である。かなり苦労はされている。なんと、一日百食限定の商売を、さらに一日五十食限定に絞り込むことで黒字を維持しているそうだ。 もうブラック企業はいらない…

「頑張らないと回らない組織ってどうなの?」に対する一つの答え。『売上を、減らそう。…

メニューを絞って提供数も1日100食に限定。労働時間が長いと言われる飲食業界で残業ゼロを実現。2017年には新・ダイバーシティ経営企業100選にも選ばれた、佰食屋。商品力からグルメ番組に取り上げられるだけでなく、ビジネス番組などでも紹介されるなど、佰食屋ならびに中村朱美さんは近年注目を集め…

自分の限界は自分で決める時代。 『売上を減らそう』を読んで感じたこと

この人の節目節目の思い切りがすごい。親に飲食業という職種を、ビジネスプランコンテストでコンセプトを、全否定されても曲がらない鉄の意志。だからこそ応援したくなる。公式インスタで、今年の春の投稿を見に行った。そこに顔があるわけじゃないのに、文字だけなのに、直向きですごい勢いを感じて、…

「もし30歳で死ぬとしたら。」売上を減らそう、幸せを選ぼう

「今日は月が綺麗だし外も涼しい風が吹いてるから、ベランダで鍋でもしようぜ」 ベランダ鍋作戦開始 前後の文脈がはちゃめちゃだけど何かドキドキさせるような彼の言動は、ぼくのワクワクをくすぐるには十分すぎた。早速買い出しに向かってすぐさまカセットコンロをセットした。その間に彼は、手伝う…