名建築

支援で名建築の一部になれる。MOTION GALLERYに掲載された建築のプロジェクトを紹介します
+5

支援で名建築の一部になれる。MOTION GALLERYに掲載された建築のプロジェクトを紹介します

クラウドファンディングで支援を募り制作される芸術の中には、観賞する芸術だけではなく、建築も存在しています。建築物は街の景観に働きかけるだけでなく、実際に住んだり、体験することができる芸術。今回は、MOTION GALLERYに掲載された個性的な建築のプロジェクトを3つ紹介します。 中銀カプセルタワービルの再生プロジェクト オフィス街に突如現れる特異な見た目で知られる中銀カプセルタワービルの再生プロジェクトは、中銀カプセルタワービルのひとつひとつのカプセルを取り外し、寄贈す

スキ
2
さあ、縄文土偶に会いに行こう!│横浜の名建築物の癒し系 編
+7

さあ、縄文土偶に会いに行こう!│横浜の名建築物の癒し系 編

ようこそ、縄文土偶の世界へ! 縄文土偶の魅力に引き込まれて以来、土偶たちとの出会いを求めてあちらこちらを巡っている、のんてりです。 縄文土偶には、かわいい、面白いから、ちょっと怖いものなど不思議な魅力に富んでいるものがいっぱい。きっと、だれもに”好き!”が生まれるのではと思っています。 歴史的な美術品としての土偶の解釈はさておき、 土偶の面白さ、かわいさは、心に何かあたたかいものを感じさせてくれます。 国宝や重要文化財などの有名土偶から名も無き土偶まで、私が実際に出会い、

スキ
6
【名建築】自由学園明日館・見学記
+7

【名建築】自由学園明日館・見学記

池袋駅に行ったついでに、自由学園明日館を見学してきました。『名建築で昼食を』というドラマでも取り上げられていたので、ご存じの方も多いかと(続編やってほしい)。国の重要文化財でもあります。 自由学園の設立は1921年。ちょうど今年で100周年です🎉。明日館は関東大震災や太平洋戦争にも被災しませんでした。1999年から行われた大規模改修工事で老朽化からよみがえり、今に至ります。 当時既に有名な建築家だったフランク・ロイド・ライト(1867―1959)と、弟子の遠藤新(1889

名建築を見に行ってみた。『ツルピカ建築』と『割り箸建築』に飽きたので!
+1

名建築を見に行ってみた。『ツルピカ建築』と『割り箸建築』に飽きたので!

少し前のことだけど、久しぶりに庭園と建築でも見に行こうと思って 小石川後楽園の庭園と飯田橋駅近くのアンスティチュ・フランセ東京に行ってみました。 最近の『ツルピカ建築』と隈研吾率いる『割り箸建築』にうんざりしていたので、アンスティチュ・フランセ東京のような古い名建築を見ると心が和みます。 設計はルコルビジュに師事した坂倉準三氏です。 坂倉氏は岡本太郎記念館も設計しています。 岡本太郎記念館は大好きな建物で、 近くにイデーもあったので昔よく遊びに行っていました。 画像は有名

イラスト名建築ぶらり旅 with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ③
+13

イラスト名建築ぶらり旅 with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ③

祝・重要文化財指定!魯山人ゆかりの味をモダン料亭で 今回の行き先 八勝館(はっしょうかん)「きっかけは、そちらにいらっしゃるニシザワさんですよ」。女将(おかみ)さんの言葉に、目の前にいるニシザワさんを二度見してしまった。思わず懐石料理を食べる手が止まる。えっ?この連載の案内役である西澤崇雄さん(日建設計 ヘリテージビジネスラボ)が、今回のキーマン? 歴史的建物とともに暮らす豊かなライフスタイルを伝える「イラスト名建築ぶらり旅」。3回目の今回は、昨年(2020年)、戦後建築と

スキ
23
イラスト名建築ぶらり旅 with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ②

イラスト名建築ぶらり旅 with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ②

「塔博士」もびっくりの絶景タワーホテル 今回の行き先 中部電力 MIRAI TOWER(名古屋テレビ塔) 「タワー6兄弟」という言葉をご存じだろうか。「塔博士」とも呼ばれ、早稲田大学教授で構造エンジニアの内藤多仲(たちゅう)氏が設計の中心になった6つのタワーのことを言う。長男は「東京タワー」を想像してしまうが、そうではない。今回取り上げる名古屋テレビ塔だ。5月1日からはネーミングライツで「中部電力 MIRAI TOWER」という名前になっている(今回の記事は、完成時の話も多

スキ
23
現代の森

現代の森

アクロス福岡をご存知だろうか。 「現代のラピュタ」と言っても過言ではない建築である。 (写真はネットより引用) アクロス福岡は旧福岡県庁跡地に建設された。同じ旧県庁跡地にあたる敷地内には天神中央公園が隣接している。 基本構想は、アルゼンチンの建築家 エミリオ・アンバース。 冒頭の写真は、アンバース氏の原案スケッチである。建築が階段状になっており、その階段は森になっている。 実施設計は組織事務所大手の日本設計と、スーパーゼネコン大手の竹中工務店である。実施設計とは基

スキ
24
イラスト名建築ぶらり旅
with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ①

イラスト名建築ぶらり旅 with 宮沢洋&ヘリテージビジネスラボ①

重要文化財で北欧のオープンサンドはいかが?今回の行き先 大阪府立中之島図書館(旧・大阪図書館)「今回、一番力を入れて伝えたいのはカフェなんです」。この連載のガイド役である西澤崇雄(たかお)さんは、事前の打ち合わせでそう切り出した。大阪府立中之島図書館は、名建築中の名建築。筆者も何度か行ったことがあるが、カフェには行ったことがない。「オープンサンドやパフェが有名なんですよ」と、うれしそうに語る西澤さん。堅そうに見えて、意外に乙女っぽい? 今回から始まる「イラスト名建築ぶらり旅

スキ
129
建築家・堀口捨己による、建築と照明が一体となった美しくも大胆な「八勝館」

建築家・堀口捨己による、建築と照明が一体となった美しくも大胆な「八勝館」

室内に入ると、庭園の景色が飛び込んでくるかのような八勝館。北大路魯山人(きたおおじ・ろさんじん)ゆかりの料亭としても知られていますが、「御幸(みゆき)の間」をはじめとして、伝統建築とモダニズムの融合を図った堀口捨己の設計でも知られています。 八勝館とは 明治10年代に材木商が別荘として建てた屋敷を、旅館業として大正14年に創業。現在は四季折々の庭園風景を望みながら、ゆっくりと懐石料理を味わうことができます。八勝館の名は、明治時代に雲照律師(うんしょうりっし)による禅語「八勝

スキ
16
旧奈良監獄 【字幕付き】これで見納め!最後の一般公開!【5:51】
再生

旧奈良監獄 【字幕付き】これで見納め!最後の一般公開!【5:51】

【これで見納め!最後の一般公開!】 旧奈良監獄のBGM動画をアップしましたところ もっと詳しく知りたいというご要望が多かったので、 解説付き動画を作りました。 一般公開は今回限りで見納めです。 次に見られるのは星野リゾートのホテルになってからでしょうか。 今回ぜひ行ってみたかったけれども どうしても参加できなかった方々に 動画を通して旧奈良監獄のすばらしさが伝わると嬉しいです。

スキ
2