令和2年度宅建士試験は異例の事態・・・試験が2回行われる可能性大

不動産適正取引推進機構から異例の発表

 令和2年度宅建士試験の受験申込がスタートしました。
しかれ、例年と違うことがあります。

 それは、令和2年度の宅建士試験が2回行われること。
7月1日に不動産適正取引推進機構から異例の発表がありましたね。

 6月8日の官報への公告で、こちらも異例の受験自粛要請があったばかりでしたから・・・
びっくりしました。

 国家試験での受験自粛要請は今まで聞いた

もっとみる
今日のご縁に感謝、また、よろしくネ!
5

バベルの設計士を語る会with作者①

「バベルの設計士バベルの設計士を語る会with作者」を
2020年6月21日(日)にYouTube配信しました!

芦藻彬芦藻彬先生をお招きしてのYouTube配信となりました。
バベルの設計士の裏話やマニアックな話をたくさんしておりますので、
バベルの設計士を読んだ人には是非見てもらいたいものになっております。
よろしくお願いいたします!
※途中でBANされたのでPART2へ続きます
⇒http
もっとみる

旧田原村役場と熊野鳴龍神社

宮崎県西臼杵郡高千穂町大字河内。
高千穂往還の要諦となる土地であった為、かつて荷馬車の宿場町として栄えた旧田原村。

七夕の日。
惹かれる建物があるものの、既に日が傾いているので急ぎ足で進む。

目的は昭和2年に建てられた旧田原村役場。

現地の案内板によれば、設計は旧田原村役場から宮崎県内務部土木課の建築技師に依頼され、竣工には地元の大工棟梁・佐藤仲市氏。
石垣は所尾野集落の石工・甲斐武右衛門氏

もっとみる
ありがとうございます!
1
ありがとうございます。今後の画像も見てください。
6

美々津の町並み

宮崎県日向市美々津町は日向神話『神武東征説神話お舟出の地』として、また神武天皇が大水軍を編成・御親率されて御東行の御舟出をされた日本海軍発祥の地として伝えられています。
昭和15年には皇紀2600年記念を祝い、日本海軍協会・大日本海洋少年団・大阪毎日新聞社主催により、軍船“おきよ丸”を造船し、美々津港から大阪中ノ島まで神武天皇東行の聖蹟を巡航して橿原神宮に神楯を奉献したこの日を記念して、昭和17年

もっとみる
ありがとうございます!
7
よろしければシェアもお願いします(^_^)
4

【詩】ガラス玉

誰でもない誰かだった時が、瞳の中に、透明なガラス玉の形をして残っている。涙を流す時、外界を反射するぶん、すべてにきれいな色がついて、その小さな玉からあふれ出す。
透明は、きれいというよりも、清々しい薄情さ。
冬と春どちらがきれいか、夏と秋どちらが死にたくなるかを、夕暮れで判定しようと、ビルの屋上で、黒く塗りつぶされていく建物たちを見ていた。後ろのドアが開いて、誰かが僕を突き落としてくれれば、僕もき

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!
1