自分という不思議:日本語の主語の多様性から考える個の不思議

唐突だが、読者の皆様は自分のことをなんと呼ぶだろうか?私、俺、僕、うち、もしくは自分の名前で呼ぶこともあるだろう。場面によって使い分けるという人もいるかもしれない。私自身、メインで使っている主語は「私」だが、家族や仲のいい人たちとの会話では場合によって自分のことを名前で呼ぶこともある。でも、どうやって主語の使い分けをしているのか、わからない。小さい頃は自分のことを名前でしか読んでいなかったのに、い

もっとみる

【”個”の時代】これからは一般的に1流と呼ばれる学校にに入らないほうがいい【可能性は広がりません】

#学校 の構造や時代の流れを考えると、学校に通う意味がわかりません。

どうも、 #すずまち です。

※効率化のためおかしな”#”の入れ方をしています。

皆さん忘れていると思いますが、じつはボク、高校偏差値74の超1流と呼ばれる学校に在学しています。

さぞ勝組 #人生 を送るのだろうと思っていますね?

だけどボクは超1流と呼ばれる高校に通っても #勉強 は楽しくないですし、人生の経験値が上

もっとみる
Twitterのフォローもよろしく!
5

ズレてて悪い?

おはようございます。

今日はタイトルからいきなり挑戦的なのですが、そのまま書かせて頂きます。

今年に入って、以前よりも時間が増えた人多いのではないでしょうか。

自分もその一人で、余裕ができるとあれこれ考えることが多くなります。

「今何が流行ってるんだろ」「今何が売れてるんだろ」「これから社会の形はどうなるんだろ」等。

ただ、いつの時代もそうですが、必ず多数派と少数派がいて、流行りも乗る人

もっとみる
読んで頂いてありがとうございます❗️
2

いつか花開く小さな輪 大輪編

死ぬと言う事には二つの要因があると思いました

一つは自分の内に湧いてくる、自分的な死ぬと自分とは関係なく外側からやってくる外的要因です

でもその外的要因は内的な要因と連鎖して来ます

外的な死の要因とは誹謗中傷や非難です

それをとことんやっていれば追い詰められる、人は出てくるのです

内的な死ぬの要因にうつ病とかもありますが、多くの場合、外的が絡んで来て人を追い詰める事になるのです

追い詰

もっとみる
スキの数だけしあわせです
6

「皮膚から染みこんでくる」感覚を自覚できるか

「皮膚から染みこんでくる」というと私たちは何を想像するだろうか。私たちは「染みこんでくる」とか「染みこむ」「染みわたる」ということばを使う。「五臓六腑に染みわたる~」なんて表現は英語にはならない。詳しく調べていないが、文化として通じる感覚はどこまでなのだろうか。
 こんな文章に出会った。

職場の規範のような者が自分の皮膚を通して浸透してくるということであった。頭に組み込まれるというよりも、皮膚か

もっとみる
読んでいただきありがとうございます。シェア歓迎です。
1

【募集・社会人向け】公立高校で学ぶ越境プログラム「SOTEIGAI」| 不安な時代だからこそ、自分で未来をつくる経験を。

不安な時代だからこそ、
自分で未来をつくる経験を届けたい

時代が急速に変化しつつある今、社会・ビジネス・学校などあらゆるシーンで「従来のあり方」が揺れています。VUCAと呼ばれる正解もなく先も読めない不確実性の高い環境の中で、これからのあり方について立ち止まって考えている方も多いのではないでしょうか。

そんな中で青春基地は、「生まれ育った環境をこえて、一人ひとりが想定外の未来をつくる」をビジョ

もっとみる
共感いただけてとても嬉しいです!
12

【私は山で暮らした方が良さそう】

今日は、私が最近感じている「時代の変動」についてお話します。

最近見たある動画と占星術の話を聞いて私が感じていることについてです。

皆さんのこれからの人生について考えるきっかけになれば幸いです。



山が好き

私は山がとにかく好きです。

山に足を運ぶたび、ここが本来居るべき場所だとつくづく感じます。

林道をただ歩いたり、山頂から展望を眺めたり、川辺で水のせせらぎに耳を傾けたり。

もっとみる
励みになります!また次も精一杯書きます😊
11

個人のwillこそが、企業の“想定外の未来”をつくる|企業研修「SOTEIGAI」を知る【前編】

NPO法人青春基地(以下、青春基地)は、「教育の再定義」をミッションとして、全国の公立高校を対象に、PBL型の授業づくりをしたり、学校改革をしかけたりしています。公立高校を舞台に、地域の大学生・社会人・企業など多様なメンバーが参画。学校内部の変化もさることながら、参画した外部の人々にも想像以上のフィードバックがもたらされる刺激的な活動が特徴です。

その青春基地が、企業研修プログラムとして「プロジ

もっとみる
スキ、押してくれて有難うございます🧡💛
12

インドラネット

インドラネット。

人間は網のようにつながって
全体を成しており
その結び目は個である。

互いに独立した
個ではないということ。

それは虚無ではなく
安心感。

この概念があれば
自分にも他人にも
優しくできる。

他人も自分の一部。

もともと繋がった完全体の一部。

そう考えれば
許すことができる。

欲望の渦に
飲み込まれることも
少なくなるかもしれない。

完全体なのだから
不足は元々

もっとみる

2020-08-14 母を看取った後の日本滞在日記

本当に、世界はフラクタルだ。個の内部(物質的にも非物質的にも)で生じていることが、その人を取り囲む関係の中で生じ、その人が属する社会で生じ、ひいては国全体で生じている。

ありがとうございます!
2