マクロン大統領

マカロンの話がしたいけど、マクロンです。枯れた花の都パリで彼は何をやってるのか。

ゴーン元会長が逮捕後、日本で置かれた状況について、「フランス国民の基本的な権利を尊重し、尊厳を持って扱われるよう安倍総理大臣に伝えてきた。ゴーン氏の勾留や尋問についても満足していないと何度も伝えた」と述べ、安倍総理大臣に何度も懸念を伝えたことを明らかにしました。
(NHKニュースより)

大丈夫、フランス。こんな首脳で。

ダメだから、デモ続くのか。

一国籍保持者について、友人だからと複数回相手

もっとみる
それ以上に、君がスキ!
1

ジャミロクワイから風刺系ニュースまで。ブラジル大統領ボウソナロの批判のされ方がすごい!

どうも。

今日はこういう話をしましょう。今日、9月7日はブラジルは独立記念日でした。普通だったら、もっとも、愛国的な気分が盛り上がる日のはず・・・なんですが

「そんな日はクソだ。黒い服を着てやれ」という動きがこの日、盛り上がりました。というのも

僕のブログで定番キャラ化しつつあります。ブラジルのネトウヨ系クソ大統領、ボウソナロが「この日、国民は、黄色と緑の服を着るように」という発言を数日前に

もっとみる
ありがとうございます!
15

ゴーン氏 逮捕

パジェロ、ランサー、
ギャラン、スタリオン、デボネア
GTO、
まさに名車の数々、

M自動車というのは
M重工直轄みたいなものです。
だから高い技術力が常に保持され
ているのです。

表向きの理由は あれ でしたが

国内景気低迷により
数年間においてM自動車
は日本市場からの ほぼ
撤退をしていました、

しかし、最近になり
日本市場での活路を発見したのか
いきなりデリカを
ビッグマイナー

もっとみる

米トランプ大統領がワインに課税で仏マクロン大統領に報復

フランスによる米国のIT企業へのデジタル課税に対して

「アメリカワインのほうがフランスワインよりよい」

というトランプ大統領のコメントには同意するところもありますが、課税競争のチキンレースが止まりそうにありません。

フランスのデジタル課税の背景にはGAFAが拠点をおいていない国では、法人税をほとんど支払っていないということがあります。

「日本はどうなの?グーグルジャパンがあるじゃん」

もっとみる

『#マクロン大統領 来日記録 首相官邸公式発表をチェック!!』
#G20大阪サミット を控え、政府も多忙で、情報開示が翌日に…
そんだけ、#安倍首相 も仕事してるっていうことだよね。w
#アメブロを見てhttps://ameblo.jp/sadohimajin/entry-12486911685.html

ノートルダム大聖堂火災に思うこと

朝5時半、私の部屋の目覚まし時計の代用品にしか使っていないテレビがノートルダム大聖堂に火の手が上がっていることをけたたましく伝えた。ヨーロッパには行ったことはなくても、劇団四季のファンとしては信じられない思いだった。ディズニーミュージカル『ノートルダムの鐘』作品中、舞台セットにステンドグラスの薔薇窓が再現されている。※私が観劇の感想を投稿したのがまだ残っていたので、リンクを貼ってみた。

私の脳裏

もっとみる

ノートルダム大聖堂の再建は、どのようになされるべきなのか?

2019年4月15日、ノートルダム大聖堂の尖塔などが火災で崩壊したというニュースは、全世界で拡散するくらい、大変な反響を呼んだようだ。わたしも最初に知ったときは、おそらく誰もがそうであったように、あり得ない、と目を疑った。

しかししばらくして冷静に考えてみると、そもそも4月15日以前のノートルダム寺院は、1163年に着工し、1345年に完成した姿であったわけではない。フランス革命の際、あちこちが

もっとみる
ありがとうございます!😃
4

『エマニュエル マクロンさん』Mエネルギー!

【Koh ほぼ日刊】M 大統領

エナジーカウンセラー 
エナジーコーチ

Koh
 煌

です。

本日も休業日のため

メール、LINEなどの返信が

大幅に遅れます。

ご理解よろしくお願いいたしますm(_ _)m

本日も、

リクエストにお応えします。

本日は、

フランス大統領

『エマニュエル マクロンさん』です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3

もっとみる

2019/1/13 風をよむ「揺らぐヨーロッパ」

アメリカの調査会社「ユーラシア・グループ」が発表した2019年「世界の10大リスク」。

その年の政治経済に悪影響を及ぼす事象を予測したものですが、1位にあげられたのは「Bad Seeds=悪い種子」。

リーダー不在、いわゆる「Gゼロ」の時代が到来。長期的で潜在的なリスクが高まり、国際的な枠組みが崩れる中、ポピュリズムやナショナリズムの危険性についても指摘。4位でも「欧州のポピュリズム」が挙げら

もっとみる

ゴーンの私物化ゆるしたマクロン大統領

カルロス・ゴーン氏逮捕、拘束など東京地検特捜部に対し批判もあるが、もっと大局を見るべきだ。

ゴーン氏が、日産を独裁化、私物化したことには間違いない。

莫大な報酬を得るための様々な隠蔽工作は、メディアで連日報道されているので言及しないが…。

ゴーン氏を一言で例えると「自分ファーストのコストカッター経営者」ということに尽きる。

「自分ファーストのコストカッター経営者」を野放しにしたのは、マクロ

もっとみる