akaneおすそわけ郵便 第三十七回「快さの先」

自分の体をさする。

快いところを探して。

今は、髪と頭に触れているのがいい。

頭蓋に沿って、髪の感触も味わいながら、両手で撫でさする。

満足するまで。

頭と髪が気持ち良さを感じているうちに、手の内側に意識が行く。

触れられる私と触れる私が存在している。

そのことが私の輪郭をはっきりとした物にする。

気づけば、与えていると思った手の内側も感じていて、

私が一つに溶けあう。

自分自

もっとみる
お読みくださって、本当にありがとう。
4

自国の利益と他国の利益は同じのはず

レトロな風景のポストカードはセルビアから届きました。

セルビアの首都「ベオグラード」には1999年にNATO軍に空爆されたビルが今でも残っています。

コソボ紛争を風化させないため?
それとも戒めのため?

各国が『自国第一主義』に向かいつつある今、自国の利益のために他国に侵攻する愚かな行動は人間が存在する限り無くなることはないのでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Hell

もっとみる

ジムノペティ(ポストカード・トーク017)

ボンソワ!今日のカードはこちら。

音楽家エリック・サティの展覧会にて購入しました。サティの少し不穏で美しい旋律がなんとも言えず好きです。展覧会はもちろん数々の絵もあって、華やかで退廃的なパリの雰囲気に魅了されました。

さて、楽譜について。譜読みはできなくはないのですが、時間がかかります。最近音符にめっきり触れてないので。低音や高音はどの音だったか瞬時につかむのは難しい。そんな訳で、暗譜派でした

もっとみる
🍒🍒🍒 Merci beaucoup!ナポレオンをどうぞ。
4

akaneおすそわけ郵便 第三十六回「浮かび上がる」

中学高校と、写真部だった。

はじめて学校の暗室でモノクロ写真を現像した時のこと。白い紙に影が差すように黒い画が浮かび上がるのに衝撃を受けた。それで入部したものの、写真を撮るよりも現像をする方が楽しかった。

白い紙と浮かび上がる黒の対比に強く心惹かれる。

文字を紙に書き連ねるのもそう。想いを昇華するために書くこともあるけれど、書くと云う手の動作や、文字が紙の上に現れることに歓びを見出している。

もっとみる
嬉しくて小躍りしています!
6

BANG!BANG!バカンス(ポストカード・トーク016)

こんばんは、本日のポストカードはこちら〜(木曜なのでへとへと)。

マンガ家、町田洋さんのポストカード。後楽園と茗荷谷の間にあるマンガナイトBOOKSで購入しました。絵の中の建物には天蓋付きのベッドがあるんではないかと睨んでます。

あああ、ここでひるねしたい!昼寝!ねるねるねるね!好きなだけごろごろごろごろしたい……。転がりたい。うおお、早く休みをくださいな。ざぶとんはいらねえ、おふとんをくれ!

もっとみる
【おすすめ】第3回マンガ新聞大賞は1/27開催@銀座蔦屋書店!
1

ハードパンとポストカード


出かける前にポストをのぞいたら、去年あべのハルカスで個展をされていた画家の #粉川江里子 先生からお礼の #ポストカード が届いてた〜!

手書きのお手紙も嬉しかったです。
ありがとうございます!
ご機嫌さんでレッスンこなした後は、
差し入れで頂いたハードパンとコーンスープでランチ。

黒糖のが凄くお気に入りになりましたが、
トマトジュースを使っているこのパンも程よい酸味で食べやすかっ

もっとみる

博物館の中だけで見ておきたい

ベラルーシから届いたポストカードに写るのは昔の教会のようです。

ベラルーシ語で小さく書かれた説明をGoogleさんに翻訳してもらうと↓↓↓

Праект падрыхтаваны па матэрыялах са збору Гродзенскага дзяржаўнага гісторыка - археалагічнага музея
考古学博物館 - プロジェクトは、グロドノ州立歴史のコ

もっとみる

akaneおすそわけ郵便 第三十五回「私を見てと咲く」

ケーキと花を買う。とても幸せな組み合わせだ。ショートケーキとピンクのラナンキュラス一輪。

電車の中で座っていたら、丁度、顔の前にラナンキュラスの花が近づいて、よい香りがする。目を閉じて、香りの中に漂っていたら、母と二人で薔薇の鉢植えをいくつも買って帰った日のことを思い出した。

あの時、隣に座った年配のご婦人が話しかけてきて、私のことを「綺麗なお嬢さんですね。」と褒めてくれたのだ。嬉しくて吃驚し

もっとみる
嬉しくてハイジのヨーデルが聞こえてしまう。
9

FACES PLACES(ポストカード・トーク015)

ブラックコーヒーが胃に染みる……。そんな週の真ん中水曜日!のポストカードはこちら。

画家・藤田嗣治のポストカードです。まず、このデザインをした人に驚嘆する。顔を大胆に切り取って配置するの、センスが要りますよね。絵を活かしていてぐっとくる。

さて、自分の顔を決して直視できない、という理からいまだに逃れられないのが人間です。もし鏡が嘘をついていたら、どうすればいいのでしょうね。白雪姫の鏡だって、2

もっとみる
【おすすめ】スープストックの野菜と鶏肉のトマトシチューは冬限定!