デッド・ドント・ダイ 8/9(月)
+1

デッド・ドント・ダイ 8/9(月)

8/9(月) デッド・ドント・ダイレビューは下記URL!! ぬっきー

スキ
2
ゾクゾクが止まらない……! この秋観ておくべきホラー&スリラー映画《Numero TOKYO》
+1

ゾクゾクが止まらない……! この秋観ておくべきホラー&スリラー映画《Numero TOKYO》

ゾクゾクが止まらない……! この秋観ておくべきホラー&スリラー映画《Numero TOKYO》 ホラーの巨匠が遺した幻の問題作が日本上陸 『アミューズメント・パーク』 https://numero.jp/20210910-horrormovie/

スキ
1
The Dead Don't Die
2019年アメリカ ゾンビパロディ映画

監督:ジム・ジャームッシュ
出演:ビル・マーレイ、アダム・ドライバー(Forceは無い😊)

肩の力を抜いて見る映画
名優が多数出演するとB級に見えないのが不思議

力を抜き過ぎて途中寝てました😅

The Dead Don't Die 2019年アメリカ ゾンビパロディ映画 監督:ジム・ジャームッシュ 出演:ビル・マーレイ、アダム・ドライバー(Forceは無い😊) 肩の力を抜いて見る映画 名優が多数出演するとB級に見えないのが不思議 力を抜き過ぎて途中寝てました😅

スキ
20
『マーティン/呪われた吸血少年』予告編解禁!

『マーティン/呪われた吸血少年』予告編解禁!

故ジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた幻の未発表映画が半世紀を経てついに日本公開! 『アミューズメント・パーク』公開記念 『マーティン/呪われた吸血少年』劇場公開! https://youtu.be/Wuuv6w670bY 10/15(金)より新宿シネマカリテにて、以降 シネマート心斎橋、名古屋シネマテーク、横浜シネマリン、桜坂劇場 他にて順次公開!

スキ
2
『ザ・クレイジーズ』予告編解禁!

『ザ・クレイジーズ』予告編解禁!

故ジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた幻の未発表映画が半世紀を経てついに日本公開! 『アミューズメント・パーク』公開記念 『ザ・クレイジーズ』劇場公開! 10/15(金)より新宿シネマカリテにて、以降、シネマート心斎橋、名古屋シネマテーク、横浜シネマリン、桜坂劇場ほかにて順次公開!

スキ
3
「ゾンビ」1978

「ゾンビ」1978

そりゃ血圧は0だよね そんな時に血圧なんて測ってる場合じゃないし なんていうブラックジョークな一面もありつつ この映画はとにかくグロいシーンが多い 70年代ってこんなだったかな 血糊とかちょっと血らしくないし、 特殊メイクも古さを感じるけど、 グロかった その中で作られてる独特の世界観 原題は「Dawn of the dead」(ドーン オブ ザ デッド) 「死の夜明け」になるのかな これからゾンビとの共存が始まるっていう意味なのかもしれない 録画した

スキ
6
【映画】「バタリアン」
+6

【映画】「バタリアン」

ダン・オバノン監督の「バタリアン(The Return of the Living Dead)」(1985・米)。 オバタリアンやオバンバなどの言葉を生んだコメディの要素も入ったゾンビ映画だけど、こんなにチープで“しょーもない”サイテー映画だったっけなぁ。 基本、ロメロ監督の名作「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」のパロディだけど、軍の移送ミスによって医療機器会社の倉庫に保管されてた死体が、従業員2人が死体が入ったケースを開けて噴き出した“トライオキシン245”というガス

スキ
4
ゾンビ映画フェチ
+26

ゾンビ映画フェチ

私はゾンビ映画が好きだ。自分がどんな要素にときめいているのか分析し、「これがあると個人的にアガる」というゾンビ映画における細かい要素をまとめてみる。共感していただけたら嬉しい。 ■日常と地続きの非日常性 私がゾンビ映画が好きな理由は、多くのホラーやSFと異なり、その非日常性が日常と地続きである点にある。ゾンビ映画において、人々の当たり前の日常は、ウイルスのパンデミックによってある日突然終わりを告げる。昨日まで普通の社会生活を送っていた人間が、身の回りにあるなけなしの武器を

スキ
13
故ジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた
幻の未発表映画が半世紀を経てついに解禁!

故ジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた 幻の未発表映画が半世紀を経てついに解禁!

『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968)『ゾンビ』(1978)などゾンビ映画の第一人者であり、ホラー映画の巨匠、2017年に他界した故ジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた幻の未発表映画『アミューズメント・パーク』が半世紀を経て日本初公開が決定。また、『アミューズメント・パーク』公開を記念して同じジョージ・A・ロメロ監督作品『ザ・クレイジーズ』(73年)、『マーティン/呪われた吸血少年』(77年)も劇場公開決定。 10月15日(金)より、新宿シネマカリテ他に

スキ
1
映像の月/8月

映像の月/8月

本記事では今月鑑賞した映像作品の感想を書いていく。タイトル負けしているけど気にしない。思いついてしまったものを使わないということができないタチなので。メジャー作品は残念ながら挙がらない。そういうのは既にいくらでも世の中に溢れているだろうしわざわざ筆者に求める人もいないだろうが。 ゾンビ・サファリパークゾンビ映画。サメ映画と双璧をなすB級映画ジャンルの頂。 本作もサムネイルからわかる通り某有名恐竜映画のパロディである。ストーリーもその通りなため詳細は割愛。 本作はB級映画で