就職せずに自立したスポーツ選手が増える理由

どうも!水球のさとしです。前回の「筑波大学の未来eSportsの新しい道」の続きです。今回は前回の話であった「5年以内に筑波大学体育会にeSports部が出来ます」という話を前提に進めていくのでまだ読んでない方はぜひ読んでみてください。

今回の内容は体育会にeSports部ができたあとの話です。これから話す内容は現実で既に起きていますが、着目していない学生が多いと思います。なのでなるべく噛み砕い

もっとみる
めっちゃ嬉しいです!僕の笑顔が一つ増えました^^
2

24時間オンラインチャリティイベント「HiVE 24HRS LIVEATHON」にSXIのアルムナイが登壇! 個々の専門性が垣間見れた内容とは

2020年7/23~24にかけて、「HiVE 24HRS LIVEATHON」という24時間ぶっ通しのちょっと変わったオンラインチャリティイベントが行われました。

 このイベントは、Sports X Leaders Program(以下SXLP)2期の金沢慧が発起人の1人として関わったものです。今回はports X Initiative(以下SXI)のメンバーも数多く登壇しており、その内容をレポ

もっとみる

選手とトレーナーへ繰り返し言っていたこと|アスリハ現場での教育

こんにちは。

わらし、こと藁科侑希(わらしなゆうき)です。

最近Twitterで毎日トレーニング動画を投稿しています。

よければご覧ください!

今日はトレーナーと教育者の視点から。

私が選手と相対するときに心がけていることや投げかけている言葉のご紹介と、トレーナー教育をしていた時のポリシーについてです。

上のスライドはことあるごとに出していた、私が2015年4月に筑波大学体育系のスポー

もっとみる

プロ意識

プロスポーツ選手の試合前の生活、ルーティンとかを見ると、徹底的な管理に驚かされる。

私生活を仕事にむけて徹底的に管理するというのは、プロスポーツ選手に限らず、必要ではないかと思う。

スポーツ選手は、自分の身体、パフォーマンスがいわば商品であるため、私生活を徹底管理するのは必然的なのかもしれない。でも、それは普通の会社員にも当てはまるのでは、と思う。

どんな職業でも、体調管理は重要であるし、毎

もっとみる
スキありがとうございます!
1

アスリート特別授業の講師に挑戦!

先日、日野市立日野第四小学校の
小林校長先生、下里副校長先生と
給食をいただきながら、

"アスリート特別授業"について
打ち合わせを行いました。

日野第四小学校 全校生徒 約700人を対象とした
このプロジェクトは、

アスリートが小学校へ訪問し、
講演や児童との交流の中で
"スポーツを通して夢を持つことの大切さ"
について考えるきっかけをつくるものです。

コロナ対策として
小学校では、手洗

もっとみる
ありがとうございます❤️がんばります!!
3

Sports X Leaders Program修了生によるキャリア論①

NCAAで活躍する現役アスリートが、Sports X Leaders Programと出会ってから気付いたアスリートにとって必ず必要なこと

 Sports X Initiative(SXI)の魅力の一つに多様なメンバーが上げられます。現役アスリートやビジネスパーソンなどスポーツに関わる様々な立場のメンバーが関わっていることが私達の強みです。
 今回、アメリカのNCAA(Division 1)でア

もっとみる

"無責任な子"

社会人になり、皆さんも一度は思ったり考えたことがあると思います。

自分は一体何者なのか

なにが得意でなにができるのか

これからどうやって生きていくのか

皆さんも一度は思ったことありますよね。
もしかしたら、社会人じゃない皆さんも
感じたことがあるかもしれません。

私は社会人になりすごく感じたのです。
今までの私は、

学生だから

親の扶養だから

と、何かに守られていたことに気づいたの

もっとみる

「楽しむ」と「ふざける」

キックボクシングジムに通っていると、

・キックボクシングで楽しんでいる人
・キックボクシングでふざけている人

この2パターンが見受けられます。

表面的には同じように思えるのですが、決定的に違いがあると思っています、それは

周囲に不快感を与えるか与えないか

これが「楽しむ」と「ふざける」の境界なんじゃないかと考えています。

そこについて、今から詳しくお話さていこうと思います。

《空間偏

もっとみる

人との関わり

このタイトルを見て、いろんな角度からのテーマがあることをみんなは感じるだろう

私もこのタイトルだけをみたとしたら、沢山のシーンが出てきて、たくさんの物語を綴ることが出来る

でも何一つ同じ角度はない

その中で今日はひとつ

いちばん古い記憶の中から私の心に残り今もそしてこれからも教訓にしたい出来事を。

小学四年生だった私。
んーっと忘れたけどこれが多分物心が着いて初めてかな
母親という存在に

もっとみる

選ぶ理由

こんばんは

みなさんもよくぼーっとしてるときに考え事をしていると思うんですが
その考え事を忘れたり見逃してることが多いと思いませんか?

私も実際そのうちの1人です。

だから私決めました

頭に閃いたり、考えてるときに
ハッ!!となったことはすぐにLINEのトーク画面にあるkeepメモに書き留めて
記事にしていこうと…決めました。

それが何になるん?って思われたりするかもしれませんが私には関

もっとみる