一息吐くのに絵本は味方

最近のメンタルの影響は、普段の些細なことへも影響しているのだと。

そんなことを感じつつ手に取った、「やさしいライオン」

犬に育てられるライオンの話なのだが、やなせたかしさんの絵もあってかライオンのブルブルの表情豊かなこと、これこそイケメンというような凛々しさと、甘えん坊な笑顔のギャップにやられました。ハッピーかバッドかは、読む人によって変わるような気がする。私にとっては、ハッピーエンドでした。

もっとみる
幸せの種が見つかるように!
1

クセになる新触感スポンジ

この商品は、ダイソー(税込110円)で購入できる、新感触スポンジです。このアイテムは、優れたデザイン性と、触り心地で、100円ショップ通の間で話題になっているスポンジです。

商品の詳細をもっと知りたい方は、『白とクロ』へ!
<商品写真>

・白とクロでもっとみたい方はこちら
・定期的にアイテムを配信しているInstagramをチェックしたい方はこちら

もっとみる
「スキ」ありがとうございます♪
1

産み出す、育てる

せっかくの休日に散歩をしたくて井の頭、圧倒的な人の波、こんなことなら一歩も外に出なければよかったという後悔も生きていればこそなのか。何かを育てることに名前などなくて、ただ、散歩をしたかっただけなのに。

残念なときに痛い。

「 私の息子はサルだった 」

子育てのエッセイや漫画などは、母親目線での「私」がちゃんとある、これには、ない。書き手は己を母親と三人称で視る。

最初こそ違和感を覚えたが、

もっとみる
あなたのためにこれからも。…私のためです
2

嗚呼、猫よ

帰宅ラッシュになりかけている17時過ぎの大通り会社に戻る途中なのかグレーのワンボックスが通ったときにちょうどサバトラが衝突した瞬間を目撃してしまってうわぁ!大丈夫か!と声が出、内臓がぞわっとしたのだがサバトラは瞬時に丸まって車の下で体勢を調えると猛ダッシュで駆け抜けていった。

打ち所がよかったのか血は出ていなかったけれど大丈夫だったろうか。頭の左っ側諸に打って巻き込まれてたように見えたのだが…い

もっとみる
もっといいことあるといいな…あなたもわたしも!ねぇ?
2

ヘチマでガスコンロを掃除する快感

私は掃除が嫌いだ。理由は単純で、めんどくさいから。楽しくないし、きれいになってもすぐ散らかったり汚くなるから掃除すること自体に生産性を感じられない。でも、あまりにもガスレンジが汚いので、今日は意を決して向き合うことにした。

ガスレンジの掃除といえば、これまでは油汚れに強いオレンジピール成分入りの、キョーレツな匂いと色の洗剤を使用して行っていた。けど、今日はやめた。とれるNo.1という米ぬかと微生

もっとみる

プロセス

昔々の遠い記憶に学童が同じだった子の家で遊んでいたときにふと「死」というものを直観して号泣し周りを引かせた子がいました。こんなに楽しく遊んでいても人は必ず死ぬ、楽しさは永遠ではない、今はこの一瞬なのだ。言葉にすると仰々しいがその当時はこんな言葉もよく知らずそれでもいきなり視界が8ミリフィルムの質感、というのは割と鮮明に覚えている。なんてそんな重々しくはなくて単純に直観は正しいものなのだという教え、

もっとみる
嬉しいー!ほんと
2

燃やせ

小手鞠るいさんが感銘を受けていた本としてさらっと書かれていた実際の本を読んだ。

「 奇跡のリンゴ 」

これを読んでから「アップルソング」ができたという本で、もとはNHKの番組に取り上げられたリンゴ農家、木村秋則さんの取材記だった。

情熱や思い込み、根拠のない自信、それは10代でもそうだけど何か6感が働いて、これがそれだ!と突き進んでいけることが往々にしてある。きっと一度は皆感じ通ってきた道に

もっとみる
幸せの種が見つかるように!
5

混沌も静寂も

千田泰広の作品で感じていたことへの一つの標として手に取った本がある。

アーリング・カッゲ「 静寂とは 」

ノルウェーの冒険家である著者が、自分が静寂を欲していることに気づき、それが何故必要なのかを詩、哲学書、経験、芸術作品などから探ってみる本。悲しいかな私は世界的にも有名らしい著者を知らなかった。世界初、三極点(南極点、北極点、エベレスト山頂)に到達したという凄い人だった。無知の知…

静寂と

もっとみる
なんだよー照れる!
1

感じる贅沢

お金は稼ぎ方よりも使い方にその人の内面が出るといわれるけれど、こんな人にお金を支払いたいなというのは昨日の散髪で久々に新しい担当さんに切ってもらったときに痛感していて、なんならその人の中身まるっと分かったうえでの付き合いができたらいいなあとまたもや長い付き合いになっていきそうな種を見出したのだった。

食べ物も然り。

「パン屋の仕事」

私はパンが物凄く好きで、フランスパンが一番好きだ。けれど近

もっとみる
なんだよー照れる!
2

雨上がる

本棚にひっそりと並んでいた薄い本を手にとって読んでみたときにはっとなる瞬間の出合いを経験すると、ネットでものを買うより印象が強く残るのでぼんやりしつつでもその場所に行くという行為に意味があるのかもなんて最近映画館へ行けていないので間の行為の大切さに久々に殴られている感覚。

本や映画に限らず人との出逢いも然り。

「おとなになる本 」

短い文章が全部で10章ある、大人になるために必要なこ

もっとみる
ありがとう!!!!!!!!