【2018】エベレスト・トレッキング概要【持ち物,ルート,費用,etc...】
+4

【2018】エベレスト・トレッキング概要【持ち物,ルート,費用,etc...】

2018年4月にエベレスト街道を個人トレッキングしてきました。ここでは事前の準備や街道へのアクセス、トレッキング中の注意点等をまとめました。とりあえず、この記事を読めばエベレストトレッキングの全体像がなんとなく把握できるように書きました。 あくまで当時の情報、記録です。 1ルピー≒1円 レンジョー・パスからみたエベレスト。手前の湖はゴーキョレイク。 エベレスト街道略図 地図がないとイメージしづらいと思うので略図を乗せておきます。赤丸が私が宿泊した町、青丸がその他主要な

スキ
2
何かを捨てたら、きっと得るものがある。

何かを捨てたら、きっと得るものがある。

「捨てる勇気」。 一つ何かを捨てることで、違う何か得ることができるかもしれない。 たまたまYouTubeで、アルピニスト(登山家)の野口健さんの動画が出てきたので、ちょっと見てみた。 その中で、「時に、何かを捨てることは大事」と語っていて、自分にとって響くものがあったのでその話を書こうと思う。 動画、ちょっと長くて登山の事を主に語ってますが、興味があればどうぞ! この動画では野口健さんが、栗城史多さんという35歳で亡くなった登山家の方について語っています。 栗城さん

スキ
24
クリスマスまで、あと61日。あなたは何が欲しいですか? 自分が欲しいのは、もちろん。。。っていう話です。

クリスマスまで、あと61日。あなたは何が欲しいですか? 自分が欲しいのは、もちろん。。。っていう話です。

コトバのチカラ、っていうのは、ほんとうにすごいものだなあ、と思う。 なんで、すごいと思うのか、っていうと。。。 たとえば、エベレスト、っていう山があるじゃん。 ヒマラヤに鎮座まします巨大な山。仏教の世界観で須弥山のモデルにもなった、あの宇宙的な荘厳さを帯びた山。。。 で、山の実体、っていうのがあるわけじゃん? 山そのもの、っていうか、実在としての山。その山そのものは、とてもじゃないけど自分の小さな認識には収まらないわけで。。。 なんでかというと。。。 だって、認識

スキ
7
エベレストに向けて

エベレストに向けて

2012年6月23日日経新聞夕刊に掲載されたものです。  来年予定しているエベレスト(チョモランマ)登頂計画について先日、三浦雄一郎を中心にミーティングを行った。スケジュール、人員、体制等を話し合っているうちに1年後に迫ったエベレスト登頂が、現実味を帯びてきた。  遠征の始まりは道具の点検からと考え、2008年のエベレスト遠征に使ったテント、寝袋、コッフェル、ガスコンロ等の装備を確認することにした。スタッフを招集、梅雨の晴れ間を利用して、これまで倉庫に眠っていた大量の登山

「名言との対話」10月12日。三浦雄一郎「 老いは怖くない。目標を失うのが怖いのだ。 あなたのエベレストを探しましょう」

「名言との対話」10月12日。三浦雄一郎「 老いは怖くない。目標を失うのが怖いのだ。 あなたのエベレストを探しましょう」

三浦 雄一郎(みうら ゆういちろう、1932年10月12日 - )は、日本のスキーヤー、登山家、獣医師。本日で89歳。 旧制青森中学校在学時に岩木山で開かれたスキー大会で優勝し初タイトルを獲得する。青森県立弘前高等学校在学時に、全日本スキー選手権大会の滑降競技で入賞、青森県高等学校スキー大会で3年連続個人優勝する。 北海道大学の獣医学部を卒業。母校の北大獣医学部に助手になる。1960年代始め頃からスキー学校を開設しし、1962年、アメリカ合衆国でスタートしたばかりの世界プ

スキ
6
黒猫開運研究所Vol.4 大人は語り合う時間をデザインする
+3

黒猫開運研究所Vol.4 大人は語り合う時間をデザインする

軽いマグカップが快適そういえば私の最近のお気に入りマグカップを紹介したい。アウトドアやキャンプグッズのお店で購入した。とても軽いので家で使っているととても快適。父へのプレゼントにいいかもしれない。 ライフ ストーリー  対人サポートということでは人と話をしながら、相手の頭の中や心の中が整理されるのを手伝うことができる。自分の人生や生活や進んでいく方向性について、自分で自分に問いかけ、あれこれと楽しみ、決定していくことを意識的に続けること、これは良いセルフトレーニングになる。

スキ
26
エベレスト街道を登って(ネパール)

エベレスト街道を登って(ネパール)

「ネパールまで来て」(写真は世界最高峰エベレスト山、標高8849メ一トル) ずいぶん遠くまできてしましました。。 ここは電気も水も制限されている極寒の地。今の時代に、薪で暖をとり、ロウソクのようなもので夜を過ごしています。街は暗すぎてまともに歩けないほどです。 だからか、夜空の星々の煌めきが異様に明るく、大きく近く見えます。 夜の宿は裸電球1コだけで暖房などなく、よって登山用の完全防寒着姿そのままで寝ます。 衛生環境は劣悪で、例によって着いたらすぐお腹を壊しましたが

スキ
14
心が折れた時、 自分を動画で撮って観てみると面白いことに気づきますよ
+4

心が折れた時、 自分を動画で撮って観てみると面白いことに気づきますよ

武道などいろんな「道」の求める「ある一点」が、  ポジティブもネガティブも全てある「陰陽調和」の境地だと前回書きました。 これは「心技体」が整った「自然体」の状態で、そこに到達した人を武道では「名人」と呼んだり、華道、茶道、書道の世界では「家元」、仏道、神道などでは「悟り、覚醒者」と呼んだりしています。 この域に達した人達は特別な人か?と言いうとそうではない、と私は思います。 ただこの人達と普通の人との違いは「心の許容量」  かなと思っています。 私達は、凹んだ時「心

本。空へ

本。空へ

今日は本の話。『空へ』(ジョン・クラカワー著、海津正彦訳、ヤマケイ文庫)を読んだ。 1996年5月。世界最高峰エヴェレストで遭難事故が起こった。12人の方が亡くなった。この本は、遭難時に実際に現場にいた方が書いたものである。 著者はアメリカのアウトドア誌『アウトサイド』から依頼されて、エヴェレストのガイド登山隊に参加、その実態をレポートすることになった。ガイド登山。その名の通り、お金を払い、ガイド(その山に自力で登れるだけの力量のあるクライマー)についてもらい、登頂を目指

スキ
1
今朝は休み明けの日になるから少し早めの出勤で私の机は富士山を越えておりエベレストの様でした😂もちろん残業しないと終わるはずもなく今週は残業続きそうです😂子供たちにまた帰りを待たせてしまう日々になりそうでごめんねと謝りました😅無理しないでねと優しい言葉をもらい今夜はカツ丼☺️

今朝は休み明けの日になるから少し早めの出勤で私の机は富士山を越えておりエベレストの様でした😂もちろん残業しないと終わるはずもなく今週は残業続きそうです😂子供たちにまた帰りを待たせてしまう日々になりそうでごめんねと謝りました😅無理しないでねと優しい言葉をもらい今夜はカツ丼☺️

スキ
32