#1 ネパール、いいなあ。

2019年9月、10日間ほど大学の先生が主催するネパール研修に他学科と学生と計6名で参加した。

人生の海外経験の中で間違いなくいちばん衝撃で、いろんな意味でショックだった。

旅にもう一度行った気分で文字を書き起こしてみる。

2019年9月15日
北海道、新千歳空港を出発

タイ航空、サービスも機内も快適!

ただ、出口は飛行機後方からという初めての体験。

バンコクで一泊して乗り継ぎます。

もっとみる

そこにある音。

家で過ごす人が増えたためか、ここ2ヶ月はビデオ電話でいろんな人と話す機会が多かった。

そして、電話中にいろんな方から、「ねえねえ、そっち、周りに鳥がいるの?」と聞かれた。
「すっごくたくさん鳴いているよね」と。

思いもよらない問いかけに、会話を止め、鳥の声に耳を澄ませてみる。

ネパールのカラスは日本のより小型で首のあたりがグレー色

ああ、本当だ、結構いろんな種類の鳴き声がしている。

人に

もっとみる

メシ部!まさかの2連チャン、マトンビリヤニ&ちょっとサデコ

5/1(金)本日出勤日

ランチの買出しにと自転車を流していると
「あれ?昨日は出してなかったけどお弁当路上販売してるじゃん。」
程良い量のビリヤニが¥300で売ってる!せっかくだからビリヤニいただきましょう。2連チャンで〝ミルハ〟でお持帰り。

それと夜用に何か買って行こうかしら。
初対面のチキンサデコとサグチキンカレー&ナンを〝八百屋旬〟で購入。欲張り過ぎだわね。
空腹時の買物は危険です。

もっとみる

ネパールの幸せ。日本の幸せ。

ネパールで感じ考えたことをゆっくりと消化しながら4年が過ぎた。

忙しい毎日を送りながら、ふとネパールを思い出す。

いつも計画停電で欲しい時に電気がなかった。

それでも朝に灯すろうそくと窓から見えるヒマラヤに昇る朝日を見ると

幸せだった。電気がないからこその幸せ。

かたや、薔薇を育てながら庭の緑を眺めて本を読む日。

あのネパールの日々は懐かしいけれど今も幸せ。

ネパールではそこら中に笑

もっとみる
ありがとう‼︎
6

ネパール民族料理 アーガンへ

一昨日、久しぶりに新大久保へ。もう4度目くらいになるがネパール民族料理 アーガンに行って来た。

ビルの4階なのだが、このビルの場所は分かりにくいので注意。気を付けないと通り過ぎてしまう。

お店の入り口の右側にはネパール美人の写真が。近藤サトに似てるような気もする。

毎回頼むのはチキンダルバットセット。俗に言うダルバートだ。なんとご飯もカレーもお代わり可能で500円という素晴らしいメニューだ。

もっとみる

チーズナンを食べるなら

お久しぶり、すぎるって…。

学校が始まるストレスなのかここ最近ずっとお腹が痛くて、「私はこんなに自粛頑張ってるのに便は自粛してくれないんだな…」と思ったら悲しくて悔しくてやりきれない気持ちになりました。

この流れでカレーを紹介するというクソ展開。
気分を害された方すみません。

今回は、

NAN STATION(ナンステーション)

下北沢駅北口から徒歩約2分のところにあります。
店内狭くて

もっとみる

ディープなネパール酒場のつまみをテイクアウトしたら激ウマだったよ@亀戸 ラリグラス アジアンダイニングバー

こころざしは
ヒマラヤより高く

非常事態宣言が解除されて
約一週間ほど経ちました。

解除されてからじょいっこは
毎日のように外食したのですが、
どうしても不安が付きまといます。

その場で食べるか
テイクアウトするか・・?

悩んだ結果出した答えは
「現場を見て考えながら決めていこう」
うん、そうしよう。

ってわけで、今回は
亀戸まで遠征。

「ラリグラス
アジアンダイニングバー」は
亀戸

もっとみる
キスしてほしいんでしょ?
40

【読んでみましたアジア本】死とクスリとエロを求めて数千里…痛快!/杉山明『アジアに落ちる』

いやー、痛快! こんなアジア旅行記があったとは! この書評号を初めてかなり経ちますが、アジア本をこんなに楽しみながら、ワクワクしながら読んだのは久しぶりかも!

もし、アジアって純真だとか、純粋だとか、気高いとか、「アジアを愛する自分は崇高」だと思っておられる方がおられれば、本編はここで終わりです。ご精読ありがとうございました!

あとがきによると、著者は美術家、そして作家とある。ほかでさらさらっ

もっとみる
やっぱ読んだ?
6

旅行気分を味わいたくて〜店内でネパール語をつかってみた〜

明日は何食べたい?

色気のない会話かしら?
食いしん坊夫婦の夜の会話。

私たちは出逢って三年、結婚して二年程なので、もう大体は、同じものでつくられているはず。わたしの太ももとあなたの二の腕が同じものでできている…それってなかなか色気のあることだと思いません?うふふ。

私は食べることに真剣だ。食事はその日の気分や体調に合わせるので作り置きは一切しない。根菜以外の買い置きもしない。

旬の野菜、

もっとみる
わーい!ありがとうございます!ルンルン
10

肌で感じる世界へ

こんにちは!
DREAM-Hackクルーの高作圭汰です!

春休みにカナダからなんとか帰国して2ヶ月。
帰国してから日本での日常を味わえないまま自粛期間に突入し、ダラダラする日々。

しかし、#stayhome の生活にも慣れてきた最近は、
今まで忙しくてできなかったことや将来について考える時間として有意義に過ごしています。

オンラインでのミーティングや飲み会、雑談などにも慣れてきたこの頃。

もっとみる