委員長/関西で日本語教師

ナゴヤ生まれ、2021年に東京から関西へ移住、日本語教師の道を歩き始めました(420時間+試験合格)。 ▼Theme→女性/働くこと/言語とculture ▼Like→やきそば/印象派/本と映画/古典芸能

委員長/関西で日本語教師

ナゴヤ生まれ、2021年に東京から関西へ移住、日本語教師の道を歩き始めました(420時間+試験合格)。 ▼Theme→女性/働くこと/言語とculture ▼Like→やきそば/印象派/本と映画/古典芸能

    マガジン

    • にほんごのせんせい

      日本語教師としてよちよち歩き出しました。 感じたこと、日本語教育関連の情報などなど。

    • 委員長のエッセイ(関西移住編)

      新型コロナパンデミック下、東京→関西に引っ越した後のエッセイ。 2021年7月~。 (引っ越しの顛末は別マガ「東京→関西引っ越し記」をどうぞ!)

    • 委員長の感想(本・映画・ドラマなどなど)

      「(エンタメ)コンテンツ」に対する雑感。※個人の感想です※

    • はたらくって何だろう。

      サラリーマンもフリーランスも、アルバイトも無職も。はたらくについて考えた。

    • 【8コママンガ】くちばしバックラッシュ

      「われらエコノミックアニマル」スピンオフシリーズ。 妙齢・独身・働くトリの、燃ゆる日常。

    最近の記事

    常に「西」を向いていた。

    日本語教師として授業を始めて4か月ほどが経った。 授業準備が大変、学生はかわいい、日本語ムズカシイ、教育って難しいけど面白い。 そして、私がいかに西側、つまり、欧米を見ていたのか。 それを今、痛感している。 (いい悪いの話ではなく、ただの個人的感想、妄想だと思ってお読みください) ▼ネパールの学生 留学生・日本語学校と聞いて、どんな国籍の学生を思い浮かべるだろうか。 アニメが好きなアメリカ人? 日本文化に憧れるフランス人? 学校にもよるが、大半はアジアの学生だ。

      • 2022.10.17 運動が苦手な人のためのジム

        私は運動音痴で、運動が大の苦手です。 そんな私でも行けるジムを見つけました! ▼年季の入った運動音痴 幼稚園の頃から、外遊びに全然喜びを覚えない子どもだった。 高い所がきらい。細(ほそ)い場所が怖い。 だからジャングルジムとかアスレチックとかも全然楽しくない。 高い所へ行ってどうするんだ? と思っていた。 さらに、これは全然人に分かってもらえないのだが、私は三半規管が弱くて、回ったり転がったりするとすぐに頭痛がして気持ちが悪くなる。 今もそうだ。だからマット運動は拷問で

        • 2022.10 国際芸術祭あいち2022

          栄の芸術文化センター(県美術館があるビル)だけですが、あいち2022(旧:あいちトリエンナーレ)に行ってきました! 画像だけ淡々とあげていきます(笑)  ▼私は木製のものが好きなのかもしれない。 ▼わたしが一番好きだったインスタレーション 養老天命反転地の人(荒川修作)の作品です。 養老天命反転地は子どもの頃に行った記憶があるのですが、公園にしてはへんな場所(笑) アートだと思えばいいのかもしれない。。。 世界が終わった後の廃墟みたいなかんじで、それこそ、めっちゃ「

          • 2022.9.23 スコットランド国立美術館展 

            先日、「THE GRATES 美の巨匠たち スコットランド国立美術館」に行ってきました。 場所は神戸市立博物館。 これ自体が文化的価値のある建物なのである(元銀行らしい)。 ▼写真でお楽しみください ▼パンフの切り抜きでお楽しみください 写真撮影がほぼ不可だったので、展覧会のパンフレットの写真を引用させていただきました。 ▼エル・グレコ 常々思うのだが、なぜ赤子のキリストはいつも裸なのか。乳児なのだから体を冷やさないでほしい。 ▼展覧会のもう1つの目玉、ベラスケ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • にほんごのせんせい
            委員長/関西で日本語教師
          • 委員長のエッセイ(関西移住編)
            委員長/関西で日本語教師
          • 委員長の感想(本・映画・ドラマなどなど)
            委員長/関西で日本語教師
          • はたらくって何だろう。
            委員長/関西で日本語教師
          • 【8コママンガ】くちばしバックラッシュ
            委員長/関西で日本語教師
          • 委員長のエッセイ(在東京編)
            委員長/関西で日本語教師

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            国葬(セルゲイ・ロズニツァ監督の映画)

            「第七藝術劇場」というアートシアター(大阪のミニシアター)に行ってきました。 「国葬」は1953年に死去した、ソ連の指導者スターリンの国葬を描いた映画です。 まさか日本でもイギリスでも「国葬」が続くこのタイミングで見られることになるとは・・・。「バビ・ヤール」が10月から公開されるので、それを記念して公開されたようです。 この映画は、本物の記録映像を再編集して構成されています。それがロズニツァ監督のやり方。(「ドンバス」は監督初の劇映画でした。劇映画:役者が台本に沿って

            2022.9.16 フェルメールと17世紀オランダ絵画展

            大阪市立美術館で「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」を見ました。 とりあえず、 ゴッホとフェルメールは舐めたらアカン。 ▼長蛇の列・大阪人のモラルの高さ 会期が9/25までなので、混んでいるのかと思い事前に調べた。 最近は密を避けるため「日時指定制」にしている美術展もあるので。 すると、 ・平日は「日時指定なしチケット」で行ける。 ・でも当日チケットを買うのに時間がかかるので、オンラインチケットを買った方が無難 とあったので、「じゃあ、ふらっと行ってもチケット

            『女帝 小池百合子』(石井妙子・著)

            東京に住んでいない方は、彼女のことを見たり聞いたり、考えることはほとんどないだろう。 しかし、東京に住んでいたら、必ず毎日その動向が報道される。 嫌でも毎日見ることになる。考えさせられることになる。 都知事・小池百合子。 彼女は、私が選挙権を持った頃から、なんとなく、ずーーーーーーーーーっと政治家をしている感じがする。 私が一番覚えているのは環境大臣かな。 半袖ノーネクタイ上着なしを「クールビズ」と命名して広まったのが彼女の時だ。 でも、そういえば、女性初の防衛大臣

            スープとイデオロギー。いい映画だった。家庭用ビデオを回しているのかというくらいの密着度。済州島(チェジュド)4.3事件のこと何も知らなかった。 大阪は在日の町が身近にあり、在日の方は大阪弁を話す。 日本とか韓国とか北朝鮮。国籍。国境。思想。 もっと知りたい隣の半島のこと。

            ▼夏休みに読んだ本 ・ぶっちゃけ誰が国を動かしているのか教えて下さい 西田亮介 ・野の医者は笑う 東畑開人 ◎ ・仁義なき宅配 横田増生  ・東京ルポルタージュ 石戸諭 ・忘却にあらがう 東浩紀 ・呪われたナターシャ 藤原潤子 ◎がぶっちぎりにサイコーでした! 

            2022.8.19 展覧会 岡本太郎 

            過日、「展覧会 岡本太郎」に行ってきました。 大阪中之島美術館。 今年開館したばかりの、強気の企画をバンバン打ってくる、気合の入った美術館だと思います。(単に私のシュミに合ってるだけか・笑) 今年の春にはこんな展覧会もやってました。 ↓↓↓ 本展は撮影し放題です。 ここからは敬意をこめて、岡本太郎氏のことを「太郎」と呼ばせていだきます!! でっかい絵、いかにも太郎! という絵もたくさんありました。 従軍した際に描かされた、師団長の肖像画もあります(太郎は30歳を超

            2022.8.16 オンライン授業でこの絵本良かった発表~!

            私は、対面の日本語学校の授業の他に、 「継承日本語」のオンライン授業の講師もしています。 生徒の中には小さなお子さんもいるので、 親御さんの要望に合わせて、絵本も使わせてもらっています。 (日本でいうと幼稚園に行っている男の子。普段は英語で、お母様とお話しするときは日本語。日本語力は日本で育った子と同程度) その授業でウケが良かった本を紹介しようと思います~。 超個人的感想です ぺこりm(__)m ▼オンライン授業で使う絵本の条件!! 画像シェアではなく画面で見せてい

            2022.8.12 あどけない民主主義の話

            同級生の友人から聞いた話。 私たちが子どもの頃(1990年代)、基本的にテレビはリアルタイムで見るものであった。テレビも(もちろんカラーテレビだったが)「一家に1台(しかない)」が普通だった。 そのためどの家でも、家族間、とりわけ幼いきょうだいの間で「チャンネル争い」が頻発した。 それは死闘であった。リモコンを実力で奪い取る。隠す。負けた方は必ず泣いた。各家庭でそれは日々起こっていた・・・。 小学1年生だった友人(妹)も、3つ年上の兄と御多分にもれずチャンネル争いをしてい

            2022.8.4 迷い

            覚え書きなので、読んでもよくわからないことがあるかもしれません。 ▼数えたらこの夏、夏休みが12日もあった!!!  一銭も発生しない日が12日!!!!  ふつうの勤め人は土日休んでも、盆休みがあっても、それこみでお金がもらえるのに・・・。 そもそも仕事がある日も、基本的に通算半日くらいしか働かない。 昔、会社で時間を売ってお金を作っていた身からすると、どきどきしまくりです。 ▼今現在 週2で学校、週2で子どもオンライン授業(ただし1日に数コマ)、土日どちらかで役所のバイト

            2022.7.28 「料理嫌いの女」がリュウジのバズレシピを見たら…

            私は本当に家事全般にはまったく興味がありません。 掃除も洗濯も料理も、興味がないのでスキルも最低限しかない。 特に料理が苦手です。。。 一人暮らし歴は長いが、いまだに自分で作ったものでも「うわー美味しくないわ」と思いながら食べることがある。。。 でも、女性はこういうことが口に出しては言いづらい。 それを書いたnoteがこれでした。↓ そんな私が・・・実は今・・・料理のYoutubeにハマってます。 ▼キッカケは~NHK! 料理にかける情熱はゼロkcal、包丁やま

            洋服を半分くらい処分。年齢に合わせてアップデートしていかねば!と思い立ち。古い雑貨などもどんどん捨てて入れ替え。こういうのは思い立ったらすぐやらないと一生やらない。こういう時期が年に1回くらい来る。思い切ってお金を使うのも大事。

            2022.7 夏のせいかつ

            この夏の思い出ができました。 友達が、おうちで流しそうめんを食べさせてくれました!!! 流しそうめん。回りそうめん! (スピードは結構速い) 関西では、たこ焼き器と並び、「一家に一台」あるそうです。 関西っておうちで楽しむ文化が発達しているというか、パーティを楽しむ感覚があるのかな。「おもろいからあったほうがええやん」みたいな。 すっごい楽しかった。箸を水の中に入れているだけで、麺がどんどんとれる。これは発明です・・・! もうこの夏の思い出はこれだけでいいくらいだ!