太田朱美@イメージコンサルタント&キャリアコンサルタント@東京

幸せ推進委員会*代々東京の着道楽な家系*吃音と拒食症を克服➜海外生活➜国際結婚➜愛する夫の浮気で離婚➜一児シングルマザー➜二児未婚出産➜子の白血病で究極な幸せを発見❣️貴方の人生を決めるファッション発見と幸せ脳発見のワークショップ開催中*ヒールダンスと写真好き

太田朱美@イメージコンサルタント&キャリアコンサルタント@東京

幸せ推進委員会*代々東京の着道楽な家系*吃音と拒食症を克服➜海外生活➜国際結婚➜愛する夫の浮気で離婚➜一児シングルマザー➜二児未婚出産➜子の白血病で究極な幸せを発見❣️貴方の人生を決めるファッション発見と幸せ脳発見のワークショップ開催中*ヒールダンスと写真好き

    マガジン

    最近の記事

    固定された記事

    見た目を素敵に、私らしさを表現してみる

    見た目を私らしく素敵に装うと、心にもよい影響を与える。 そして、若さを保ち、いつまでも美しくいられる。 そんなご支援をさせて頂いております。

    スキ
    136
      • 着ている服で人生が変わる

        着ている服で人生が変わる?!なんて なんだか大げさではない?と思われるかもしれませんが 今日着ていく服を考えることはとても大切なことです。 例えば、あなたが今日の交流会で着てく服を選ぶとき シワのついてるブラウスや 前ボタンが取れかかっているブラウス ファストショップで買った安いっぽいブラウスなど まあ、ちょっと見栄えはよくないかもしれないけど これくらいみんな気にならないかもしれないし まあいいか・・・と思って 着ていったとしたら、とても損をするかもしれません。 自分

        スキ
        13
        • 気づかないうちに人にコントロールされている

          テレビの報道で、ある言葉を何度も耳にする。 それが当たり前のように感じてしまう。 雑誌の記事で、有名人の発言を読む。 へぇ~そういうものなのか、と思ってしまう。 本当は、心の中では、受け入れたくないことなのに 無意識のうちに自分の中に入ってきて そういうものなんだと、思い込んでしまう。 そして、やりたくないのに行動してしまうこともある。 自分では気が付かないところで 人が発言していることや、やっていることが 無意識のうちに、当たり前になってしまって 自分も発言したり、行

          スキ
          12
          • 印象がアップする3つの首とは?

            誰でも、簡単に、すぐに、明日からでも 印象をアップする方法をご紹介します。 男性も女性も同じ効果があります。 知っているとお得です。 このポイントとは、3つの「首」を見せることです。 これは、手首、足首、首(鎖骨)です。 相手は、なんだかムードあるなぁ~と思うでしょう。 そこに、さりげない「色気」を感じさせるからなんですね。 人というのは、3つの首という身体の中でも最も細いラインに 色気を感じると言います。 女性の胸の谷間や肉付きのよいプリンとしたヒップなどは、 確か

            スキ
            13

          マガジン

          すべて見る

          記事

          すべて見る
            • 先の見えない将来にこう向き合う

              予測不可能な将来にどのように向き合ったらよいのでしょうか。 社会は生きものみたいに、どんどん変化しています。 日本人の70%は、この変化を苦手とするそうです。 もともと日本人には、そのような遺伝子を多くもっているため 怖いとか、不安などを覚えるのでしょうね。 一方で、ワクワクする人はたったの5% アメリカ人では、30%もいると言われています。 では、どうしたら先の見えない将来に対して 不安や怖さを少なくして 人生の進むべき方向を明確にしてデザインすることが できるのでしょ

              スキ
              13
              • ウエストを細く魅せるコツ

                年齢を重ねていくにつれて、増えていく身体の悩み。 特に多いのが、ウエストまわりのようです。 体重が増えると、真っ先に、お腹が出てきて そして、女性の場合は、ウエストのくびれがなくなるそうです。 イメージコンサルティングを受けにいらっしゃるお客さまの中で 多くみられるお悩みは、 以前に比べて体重が増えてしまって 恥ずかしくてウエストを見せることができないと、おっしゃいます。 以前は、トップスの裾をボトムスのウエストの中に インして着こなしていたけど 今は、恥ずかしくて、とて

                スキ
                17
                • 認められたいを捨てて楽になる

                  日々の仕事の中で、人との関わりは欠かせません。 嫌な想いすることは、少ないかもしれないけれど インパクトが強くて、しばらく心のに残っていきます。 その嫌なことを何回も考えて、頭から離れてくれません。 私は周りの人たちから 信頼されていないのでは? バカにされているのでは? 一緒に仕事をしたくないと思っているのでは? 例えば、 「あなたの能力では、この仕事はできないでしょう?ムリだよね。」 といったような悪い想像が膨らんでいきます。 人は、「認められたい」 という欲求が

                  スキ
                  31
                  • おばさんにならないために

                    年齢が50歳を越える頃から 見た目が 「熟したいい女」や「チャーミングな女性」といった 個性に磨きがかかっている女性がいる一方で 「疲れたおばさん」や「隠れたいおばさん」といった 印象の女性もいます。 このように 大きく開きが出てくるように思います。 若いころは、あまり個人差なく みなピチピチ、生き生きしていたのに。 何故なのでしょう? 私の86歳の母を見て思います。 これまで「おばさん」だったこともないし、 今は「おばあさん」でもありません。 いつも綺麗です。 シ

                    スキ
                    21
                    • 人に嫌われるのはなぜ?

                      ある友人が私を非難して離れていきました。 それまでは、私に好意を持って信頼してくれていたのに。 友人は何を感じて、何を考えて、遠ざかっていったのか。 心理学などを学んでいくなかで、わかってきたことがあります。 結論から言うと、友人は、相手が「自分が思うとおりの人でない人を遠ざける」ようです。 今から5年ほど前のこと。 父がくも膜下出血で倒れて意識を失ってしまいました。 すぐに息を引き取るかもしれないし しばらく眠るような状態が続くかもしれないと、医者に言われました。

                      スキ
                      48
                      • 見た目に悩まないための5つのルール

                        自分の容姿に、不満のある方をたくさん見かけます。 「この太った身体が醜い。」 「目が小さくていやだ。」 「顔がブスで嫌になる」 「足が短くてみっともない」 「胸が貧相すぎる」 この想いはどこからくるのでしょうか。 それは、周りに見えている人たちの良いところと自分を比較して 「羨ましい・・・」という想いが生まれるようです。 それが、もっと進むと、劣等感となってしまい、悩みに変わります。 Aさんの身体と比較して、自分の太った身体が醜いと思い Bさんの目と比較して、自分の小さ

                        スキ
                        19
                        • 仕事が辛いときはこうしてみる

                          朝の仕事前の時間。 今日の仕事は あぁ〜やることいっぱい。そのうえ、できるかどうか、不安。 今日も職場の人に嫌味を言われるのかと考えてしまう。 とても気が重たい。 このような心配ごとがよくあります。 明るい気持ちで仕事をスタートできたら どんなにいいことか。 来る日も来る日もこんな想いでいたら いったい私はなんのために仕事をしているのだろうか。 苦しむために仕事をしているのか。 もっというと 仕事に関わる時間がたくさんあるというのに 多くの時間を悩みの時間にしてし

                          スキ
                          19
                          • 見た目の年齢は若く見られていますか?

                            30代に入るころから 埃がちょっとずつたまっていくように 知らず知らずのうちに、老けて見えるようになっていきます。 それにあまり気付かず、放置していると 50代に入ったころに、なぜこんなに老けてしまったの?と 嘆いている方がいらっしゃいます。 一方で、50代でも、若くて生き生きしている方もいらっしゃいます。 どんなところに気を遣っていれば、見た目の年齢が若く見られるのか そんなところをお伝えしたいと思います。 3つのポイント「顔」 「身体」 「髪」に分けて説明いたします。

                            スキ
                            32
                            • 今日、着ていきたい服がない

                              今日はどの服を着ていこうか?? クローゼットの中には服がいっぱいあるのに 着ていきたいと思う服がない。 だから、服を選ぶのが、億劫で面倒に感じてしまう。 着たい服があったらどんないいことがある? 今日、着ていく服を選ぶ時間は、とても楽しいもの。 服選びが楽しいということは、 そのクローゼットには、ワクワクする服が詰め込まれいる。 そして、選んだ服は、ワクワクするし自信を持って着て出かけていける。 そんな装いをしたあなたを見た人たちは、 「素敵!」 「輝いている」 「カッ

                              スキ
                              23
                              • なぜ自信がないのだろうか?

                                日本は世界の中でも 自分に対して自信がないと 感じている人たちが圧倒的に多いそうです。 それはなぜなのでしょう? どうしたらよいのでしょう? どうして自信がないの? 子供の頃、私たちの多くは 親や教師から 「他人に迷惑をかけてはいけません。」 こう言われて育ってきました。 「人にお願いしたり、頼ったりしないで、自分でやりなさい。そうしないとそれは迷惑になってしまうわよ。」と。 全て自分できちんとやらないといけない。 それができなければ人に迷惑かけるから、いけないことな

                                スキ
                                41
                                • 人生いくつになっても、さあ、これからよ!

                                  / 開業しました✌️ \ 事業の名前は「AIM」(えいむ) 「A」は「Appearance 」  〜見た目を自分らしく〜 「I」は「Impression」  〜自分の印象を創る〜 「M」は「Mind」  〜幸せ思考に育てる〜 私はまだIT企業の社員ですが 定年退職前の準備を進めています。 うちの会社は副業禁止だから 退職してから活動すればいいか? では遅過ぎると思いまして。 準備期間は5年。 キャリアコンサルタントと イメージコンサルタントの 資格を取得してから 経

                                  スキ
                                  22
                                  • 片付け能力をアップするには

                                    片付けられる人って お部屋という空間を把握して オーガナイズする能力があるそうです。 定期的に片付けていれば、 この能力はアップするそうです。 私は最近、家具をいくつか手放しました。 例えば、キッチンカウンター下のキャビネット。 当たり前のようにずっと長くここにいるけど 本当に必要なの? これがなかったら空間にゆとりができて 観葉植物を置いたらいい感じになりそう。 じゃあ、この中に入っているものは ここと、あそこに移動して 長く使わなかったものは処分しよう。 そして、こん

                                    スキ
                                    23