何個でも屋

第29投稿は何個でも屋に着いて書いてみたいとおもいます!
もしあなたの街に何個でも屋があったら何を貰いますか?
では、どうぞ。
(今回デザイン変えて見ました!↓)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私の近所には何個でも屋があります。
何個でも屋は何個でも好きなものがタダでもらえるお店でした。
老婆が一人住んでいると言う噂がありますが誰も何個でも屋の店主を見たこ

もっとみる
嬉しい~!別の作品も見てくださいね(^^)/
1

夜中の電話(父の血) #月刊撚り糸

ルルルルルルルルル・・・・・・・・・
真夜中に電話が鳴った。

なんとなく眠りにつくことができなくて起きていた私。
仕方なく下の部屋に降りていく。

ふうっと息を大きく吐いて受話器を取った。
向こう側の人の慌てた声が耳に響く。

「すみません。子どもの熱が下がらなくて。他にも何軒も電話したんですけど、どこも出てくれなくて」
まだ若い母親の声。

引っ越してきたばかりで病院の場所がわからず、夜遅く急

もっとみる
すてきなことがありますように✨
14

届きました、FREEPARKさんからの、フレグランスソープ。

今回、私のnote で、知り合った。
FREEPARKの、店長さんの、さっちさんのお店で、購入しました。
フレグランスソープ石鹸  シーソルト&ラベンダーです。
袋を開けた時から、香る、ラベンダーの香り。
中のパッケジは、こんなのでした。

この段階から、ラベンダーの香り
中には、こんなギフトが・・・

何だか、胸が熱くなりました。
中は、マスクでした。
所で、肝心のソープは、こんな感じで、油紙で

もっとみる
嬉しいです。お土産にお一つどうぞ。
34

地方で、小さな店を一人でやってみたい方へ。必要とされる幸せ(後編)

小さな店の小さな数字を知りたくて辿り着いた方へ。まず前編から読んでみて下さいね。

※大きく利益を出す事を目的としていない当店をご理解頂いてから、読み進めていただけると幸いです。

一昨年、フジテレビ「7ルール」に、大塚にある有名なおにぎり屋「ぼんご」の女将さんが出演されてました。

おにぎり屋の旦那さんと結婚し、共にカウンターに立たれていたそうですが、最初の頃はおにぎり屋という仕事がとても恥ずか

もっとみる
味噌汁にレタスとベーコン、「あり」です。
28

誰もが“ネット初心者”だった1998年、楽天で「EC」を始めた

NUTSは、時計から傘、食材まで、セレクトした様々な商品を販売するオンラインショップ(以下、EC)です。そんなわたしたちは、日本でインターネットが始まって間もない1998年頃、楽天市場にお店を開店しました。

いまでは「ネット」でモノを買うことは常識のなかにありますが、当時は世間からの信用なんて薄かった。実際に、NUTSもはじめた頃は3ヶ月に1回くらいしか売れず、経営なんて成り立つような状況ではな

もっとみる
20年続く、オンラインショップです!
13

これから始めるなら、SNSとSEOどっちを優先すべき?

初期の全体の戦略立案は想像以上に大事「SNSとSEOって、どっちが大事ですか?」

よく聴かれるし、私自身いま新しいウェブメディアを立ち上げ準備中のため考えることが多かった。同じ疑問を抱いている人の参考になるかもしれないので、ここで整理しておきます。

新たに商品やサービスを広げていくには、SEO効果のある堅実なコンテンツをつくり会社の資産の1つとして運用していくことを検討すべきだと思っているが、

もっとみる
あなたに読んで欲しくて書きました
8

ゴールデンウィークは、螺旋階段を登るように靴作り

平日だと思っていたら、
電車のダイヤが違っていた。
平日だと思っていたら、
やたら人で賑わっているな。
銀行のATMはどないだ。

意識下にはないゴールデンウィークは
予定が崩れることが多く
自営業者になってからは
ゴールデンウィークが
喜ばしいイベントでなくなってから久しいです。

そんな私に限らず、
去年、今年は自粛、自粛の大号令。
会社員、学生の皆さまにとっても
喜ばしさは半減。
いや、激減

もっとみる
ありがとう、嬉しいわ〜。
18

2008年 それでも地道に商品をつくろう、会社を続けよう

あまり仕事をしていなかったよむら、使い物にならないまま年が明けました。いえ、少しですが仕事をやり始めていました。最低限、なんとかこなしていました。正確には違います、嫌々こなしていたわけではありません。かなしみの中でも、いったん仕事を始めると、手を動かし始めると、別のモードに入りその世界に没頭できました。楽しんで描いていたといってもいいです。

それはそうなのですが、「積極的に」仕事に「とりかかる」

もっとみる
スキスキありがとうございます!
60

【未来の記録】お店開業のための①

 将来開業したいお店の理想像などを記録するためのnote

最近お話をさせていただいたkenohiのひかるさんが日々のカフェ運営についてnoteを書いていました。
私も将来のために少しずつnoteを書いていきたく始めました。

✴︎index1.お店開業を目指したきっかけ2.高校から大学までの「頭の中にあるお店の理想像」変化3.いまの頭の中にある理想像

1.お店開業を目指したきっかけ
お店を開き

もっとみる