マガジンのカバー画像

生命を宿す絵=「魂画(アニメーション)」の深淵

394
動画すなわちアニメーション(animation)とは、ギリシャ語で「魂」を意味するアニマ(anima)に由来する言葉だ。日本を含む古代文明の多くが、森羅万象に魂が宿るとする信仰=… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

「鬼滅の刃」の大ヒットの裏側には、アニメ流通のパラダイムシフトが効いていたらしい

「鬼滅の刃」の大ヒットの裏側には、アニメ流通のパラダイムシフトが効いていたらしい

いやー、やっぱりこういうことだったんですね。

鬼滅の刃がアニメ放送開始の最初から、動画配信サービスで視聴できるようにしたのは画期的だったという話はどこかの記事で読んだ記憶があるんですが、この記事にはその詳細が深掘りされてます。

めっちゃ長い記事なんですが、これで前編と言うから凄いです。

この記事によると、鬼滅の刃はアニメの流通の考え方を根本的に変えた、文字通りパラダイムシフトに挑戦した作品だ

もっとみる
療養期間中に観たアニメの感想メモ(カイバ/serial experiments lain/彼方のアストラ/トップをねらえ2!)

療養期間中に観たアニメの感想メモ(カイバ/serial experiments lain/彼方のアストラ/トップをねらえ2!)


カイバ

『犬王』『夜は短し歩けよ乙女』の湯浅政明監督が2008年に発表したテレビアニメ。『四畳半神話大系』以降は原作つきばかりなので、貴重なオリジナル作品。記憶のデータ化ができるようになり、肉体の死がもはや死と呼べなくなった世界を舞台に記憶を失った主人公カイバが記憶を宇宙の星々をめぐって自分が何者かを知っていく物語だ。序盤は、カイバが出会う人々との記憶や思い出を巡る単発のエピソード集でこの時点

もっとみる
デリシャスパーティ♥プリキュア 品田拓海/ブラックペッパーの男性活躍と女の子の自立性描写の危機 #precure #デパプリ

デリシャスパーティ♥プリキュア 品田拓海/ブラックペッパーの男性活躍と女の子の自立性描写の危機 #precure #デパプリ

【『プリキュア』の基本理念】 まず基本テクストとして、こちらの記事に目を通していただきたい。
『「マイノリティーの居場所を守りたい」 女の子向けアニメの“常識”を覆した、プリキュア初代プロデューサー・鷲尾天さんの原点』

「私は子どもの頃、身体は弱かったし、足も遅かった。同級生の女子のほうがむしろ活発でした。だから「女の子だからおしとやかにするべきだ」「男の子は泣いてはいけない」などという大人の言

もっとみる
「Dr.STONE(ドクター・ストーン)」と国立科学博物館のコラボ企画展。超ド文系のわたしが、アニメに導かれて科学の世界にドはまりした件

「Dr.STONE(ドクター・ストーン)」と国立科学博物館のコラボ企画展。超ド文系のわたしが、アニメに導かれて科学の世界にドはまりした件

毎年夏休みには、息子を連れて、上野にある国立科学博物館の特別展に行く。

超ド文系で科学知識ゼロのわたしと裏腹に、息子は生き物や科学の展示が大好きなのだ。

国立科学博物館は、日本の科学研究の中心なので、常設展示も実はとてつもなく広いのだが、ほとんどの場合は特別展でヘトヘトになり、常設展は見ずに帰っていた。

だが今回は、特別展に加え、息子がドはまりしているアニメ「Dr.STONE」のミニ企画展示

もっとみる
『劇場版アイカツプラネット!』『アイカツ!10th STORY』で見た「今だからこそのアイカツ!」

『劇場版アイカツプラネット!』『アイカツ!10th STORY』で見た「今だからこそのアイカツ!」

『劇場版アイカツプラネット!&アイカツ!10th STORY』を見てきました。
どちらも素晴らしい出来で、『劇場版アイカツプラネット!』はTVシリーズから少し後を舞台にしたアフターエピソードをボーナストラックのような面白さで飾って楽しませる作品で、『アイカツ!10th STORY』は改めて『アイカツ!』の最初の三人である星宮いちご・霧矢あおい・紫吹蘭に物語を戻して「卒業した後、彼女達はどうなるのだ

もっとみる
アニメ『チェンソーマン』が製作委員会をぶった切る!

アニメ『チェンソーマン』が製作委員会をぶった切る!

現在、TVアニメとして制作中の『チェンソーマン』。スタッフも発表になり、PVも完成。放送までに期待値がどんどん上がってきますね。PVを見る限り、確実に『呪術廻戦』の「次」が狙える作品になりそうです。

期待の『チェンソーマン』ですが、かなり気になった点が1つあります。
公式HPの下部にひっそりと表示してある、アニメ『チェンソーマン』のコピーライトです。

(C)藤本タツキ/集英社・MAPPA

もっとみる
Netflixは日本のマンガ発コンテンツに本気で注力してくれてる模様

Netflixは日本のマンガ発コンテンツに本気で注力してくれてる模様

これ、結構今後の日本のコンテンツ産業にとってのポイントになると思うんですよね。

Netflixが公式オンラインイベントで重要な作品として位置づけている中に、日本のマンガ初のコンテンツがたくさん並ぶようになっているそうです。

長谷川さんが記事で紹介しているだけでも「ONE PIECE」に

「今際の国のアリス」のシーズン2

アニメ伊藤潤二『マニアック』プロジェクト

と、いろんな作品が並んでま

もっとみる
ラーメン三銃士を連れてきたよ。絶対に成功する映画のはずだったアニメ「バブル」

ラーメン三銃士を連れてきたよ。絶対に成功する映画のはずだったアニメ「バブル」

散々Twitterなどで議論されているアニメ「バブル」を見た。「バブル」は絶対に成功するという前提で作られている映画だった。

「ヒカルの碁」「DEATH NOTE」を手掛けた漫画家の小畑健がキャラクターデザインを担当。脚本は「魔法少女まどか☆マギカ」の虚淵玄。監督は「進撃の巨人」「甲鉄城のカバネリ」の荒木哲郎、音楽は「プロメア」の澤野弘之。アニメーションは「王様ランキング」「Vampire in

もっとみる
『ワッチャプリマジ!』甘瓜みるきの叫んだ「あざとくって何が悪い」

『ワッチャプリマジ!』甘瓜みるきの叫んだ「あざとくって何が悪い」

『ワッチャプリマジ!』も2クール目の締め括りの時期がやってきました。
2クール目はエキシビジョンのための合宿編でしたが、共同生活の中でキャラクター達のまた違った一面を見ることが出来ましたね。
例えば弥生ひながストイックすぎて生活力がなさすぎたり、心愛れもんが親しくなると結構煽ってくるタイプだったり、ひゅーいは人間の姿になっても大型犬すぎて距離感がバグってたり……。
思い出せることは色々ありますが、

もっとみる
『ワッチャプリマジ!』甘瓜みるきの「イワナイ」は物語で奥行が増す

『ワッチャプリマジ!』甘瓜みるきの「イワナイ」は物語で奥行が増す

『ワッチャプリマジ!』のキャラクターソングミニアルバム第一弾「PUMPING WACCHA!」が発売されました。
このミニアルバムには作中のCGライブ及びED楽曲のうち、陽比野まつりの「マジ・ワッチャパレード」、弥生ひなの「Starlight!!」、甘瓜みるきの「イワナイ」、ED曲である「Magical Future」の四曲が収録されており、「フル尺ではどうなっているのか」を探すのが楽しいミニアル

もっとみる
シティーハンターで一番かっこよく流れるGet Wild

シティーハンターで一番かっこよく流れるGet Wild

天気の悪い日やリモートワークでなんとなくテンションが上がらない時、僕はいつもいろんな「Get Wild」を集めたプレイリストを流す。

Get Wildとは、言わずと知れたTM NETWORKの名曲だ。Get WildにはいろんなGet Wildがあって、22種類のGet Wildを集めた狂気的なアルバムやいろんなアーティストがカバーしたGet Wildが存在する。アレンジや歌う人によって、違った

もっとみる

Blenderを使ってるアニメ業界のみなさん。輪郭線でお困りではありませんか?ついに、塗り分け法による自動塗り分けアドオンが完成しました!塗り分け法とは、色の異なる部分の境界に輪郭線を出す古くからある技法です。自動で塗り分けて26500メッシュで色かぶりが発生していません。

『明日ちゃんのセーラー服』から考える印象派美術 ~「超作画」と「不在の萌え」の西洋美術的読解~

『明日ちゃんのセーラー服』から考える印象派美術 ~「超作画」と「不在の萌え」の西洋美術的読解~

0.はじめに 『明日ちゃんのセーラー服』を初めて観た時に感じたのは、圧倒的な”届かなさ”だった。この作品は僕からはあまりに遠く、そして干渉を拒むほどに美しい。はっきり言って、これは「エモい」と形容して良い作品ではないと直感的に悟った。

 この記事は、主に舞風つむじ氏のnote記事を軸としながら、作品における重要ポイントである「作画」に注目し、虚構世界におけるリアリティについて考える。

 その際

もっとみる
『明日ちゃんのセーラー服』についてのあれこれ

『明日ちゃんのセーラー服』についてのあれこれ

はじめに 『明日ちゃんのセーラー服』がものすごく良かったという話がしたい。話がしたいのだが、この作品の良さを文字にしようという試み自体がもはやナンセンスなのだと思う。『明日ちゃんのセーラー服』とはそういう作品だった。
 おそらく、見た人の間に生ずるコミュニケーションでしか『明日ちゃん』そのものは語れない。なぜならあの作品は彼女たちの日常を断片的に、記録映画のように、記したものに過ぎないからだ。もち

もっとみる