結婚は「坂の上の雲」ではない。

結婚は「坂の上の雲」ではない。

前々から言っていて、拙著「ソロエコノミーの襲来」でも「結婚滅亡」でも東洋経済の連載でも、それこそCOMEMOでも書いていますが、世界は全体的に人口減少になるし、人口14億人の中国でさえ2100年には半分の7億人に減ります。 講演などでそれを言っても信じない一流企業の偉いおじさんも多いですが、信じようが信じまいが現実はそうなる。日経の記事でも取り上げられるようになりました。とてもよいことです。 残念ながら、いかに中国というども人口転換メカニズムの前では無力。はっきり言って、

スキ
43
荒川和久,中野信子(2020)『「一人で生きる」が当たり前になる社会』の読書感想文

荒川和久,中野信子(2020)『「一人で生きる」が当たり前になる社会』の読書感想文

荒川和久さんと中野信子さんの対談本『「一人で生きる」が当たり前になる社会』ディスカヴァー携書を読んだ。 上野千鶴子さんは『おひとりさまの老後』というベストセラーを生んだが、正直なところ、中年のわたしには、老後の話にはまだリアリティがない。というか、そこまで辿り着けるかどうか、心許ない。まだ老後ではない現役世代で、結婚もあきらめているようで、あきらめていないような、そんな人たちがこの本を手に取るのではないだろうか。わたしは、ほぼ結婚はあきらめているので、穏便に独身で暮らせるか

スキ
15
しあわせは見つけたり、探す物ではない。何より状態ではない。
+2

しあわせは見つけたり、探す物ではない。何より状態ではない。

「しあわせ」について考えてみる。 不幸な人は何かに執着しているからだと思います。執という字にも幸がありますが、元来「幸」という字は「手錠」の意味です。不自由でなければ自由を感じられないのと同様、幸せもある程度の縛りがある小さなところでしか感じられないという解釈もありますが、そもそも「しあわせ」とは「幸」という字ではありませんでした。 文字の語源については、以下の記事本文をお読みいただきたいのですが、「幸せ」ではなく「仕合わせ」を考えることが大事ではないかという問いです。年

スキ
150
捨てるのではなく、置き場所を変える

捨てるのではなく、置き場所を変える

こちらの経済同友会のセミナーの記事。日経では取り上げていないが、サントリー新浪社長の言葉がネットで炎上した。炎上の元となった記事は多分これだろう。 ウィズコロナの時代に必要な経済社会変革について「45歳定年制を敷いて会社に頼らない姿勢が必要だ」と述べた。政府は、社会保障の支え手拡大の観点から、企業に定年の引き上げなどを求めている。一方、新浪氏は社会経済を活性化し新たな成長につなげるには、従来型の雇用モデルから脱却した活発な人材流動が必要との考えを示した。 これに対してはツ

スキ
83
「外食市場の6割、旅行市場の2割」はもうソロ客が支えている。いつまで戦艦作るつもり?
+4

「外食市場の6割、旅行市場の2割」はもうソロ客が支えている。いつまで戦艦作るつもり?

日経にも当たり前だが、ソロ活支持層の記者は一定数いて、たまにこうしたソロ活(ソロ外食やソロ旅)についての記事が出ます。 こちらは2019年の記事。 そして、こちらは2018年、僕のインタビューを紹介する形で朝刊の一面でも扱われたものです。 日経だけではなくNHKでも取りあげられました。 僕は、2014年からずっと市場におけるソロ活市場を提言し続けてきたわけで、その内容はソロ社会におけるマーケティングについての拙著「ソロエコノミーの襲来」などに書きました。 未婚や晩婚

スキ
81
「社員の健康のために今後一切揚げ物を食うことは禁止です」と言われたら?

「社員の健康のために今後一切揚げ物を食うことは禁止です」と言われたら?

「下着の色は白」みたいなくだらない学校の校則がいまだにあるらしいですが、それを聞いてどう思います?アホじゃないの?って思いますよね、普通。 ところが世の中アホみたいな事例はあるようで…。 在宅勤務でも勤務時間は禁煙とか言い出す企業がいるようです。 百歩譲って、出社時の勤務時間中禁煙は他人への受動喫煙の防止の観点から妥当性はあると考えらます。喫煙者の方もそれなら会社にいるうちは我慢もできるでしょう。 しかし、在宅勤務中の禁煙は行き過ぎではないだろうか。 これが許される

スキ
91
思い出が何もない夏2021年
+8

思い出が何もない夏2021年

uim 8月の活動状況。備忘録もかねてのまとめです。  昨夜8/27は久しぶりにAbema Primeに出ました。少し前に書いてバズった「男余り現象」についてちょろっとだけお話しました。リモートVTR出演なので、ひろゆきさんとの絡みはなしです。残念。 バズった「男余り」の記事はこちらです。 7/31からスタートしたヤフーの連載ですが、おかげさまで好評です。個人ページのトップバナーをヤフーさんに作っていただきました。「キル・ビル」風です。そういえば、パラリンピックの開会式

スキ
34
人間は利で動くが、「利」とは必ずしもお金ではない
+3

人間は利で動くが、「利」とは必ずしもお金ではない

相変わらず1年半以上も「人流抑制」と「緊急事態宣言」と禁止令しか能のない政府と分科会はもう解散した方がいいんじゃないかと思うわけです。いうに事欠いて「ロックダウンしろ」まで言い始めたらもうおしまいです。 大体、ロックダウンをやってきたイギリスでさえ、1日当たり感染者数5万人も出しているにも関わらず制限解除している。アメリカもそうだ。ロックダウンやってたオーストラリアはもう意味がないことを気づきやめた。 オーストラリアの首相は政治家として正しいし、リーダーの責任と覚悟とはこ

スキ
114
差別する人間、支援する人間というふたつのタイプの人間がいるのではない。100年前の歴史から学べる事
+2

差別する人間、支援する人間というふたつのタイプの人間がいるのではない。100年前の歴史から学べる事

続々と人口減少化が進む他の先進国と違い、いまだに人口増加の米国、しかし、その内訳は、ヒスパニック人口が23%増加し、アジア系は35.5%、黒人は5.6%増加、2つ以上の人種を自認する人の数も10年前に比べ約3.8倍と白人以外がすべて増加している。 こうした人口動態は感情のこじれに直結する。ちょっと前、アジア系の人に対するヘイトクライムが話題になっていたけど、対中国との関係性の問題もあり、こじれた感情はさらなるアジア系に対する差別意識を増幅させる危険がある。   感情がもつ

スキ
94
新自由主義は経済格差から恋愛格差へ。そして幸せ格差へと移行する

新自由主義は経済格差から恋愛格差へ。そして幸せ格差へと移行する

米国バイデン大統領が、本当に「小さな政府」と決別し、「大きな政府」に回帰するのかは注目されている。言い換えれば、1980年代レーガン政権以降長く続いていた新自由主義からの脱却である。今まで民主党政権であっても、新自由主義を踏襲していたわけだから。 日本においても、同時期に新自由主義に舵を切った。しかし、奇しくも、同じように恋愛の新自由主義時代にも突入していった。1980年代の日本は、恋愛至上主義時代と言われる。 自由に恋愛や結婚相手を選択できる時代というとよく聞こえるが、

スキ
100