2030年

未来を担う
+1

未来を担う

こんにちわ。SOAR.LLCの富田です。 写真や映像をメインに活動しており、思いやりのあるクリエイター集団を目指して日々お客様に満足していただけるよう努力しております。 本題に入る前に軽く事業のご紹介をさせてください。 SOAR.LLCとはお客様はもちろんの事自社クリエイターも楽しくならなければ意味がないという思いで立ち上げてます。 ・広告映像制作事業(SOAR.LLC) ・映像サブスクリプション事業(メディアバイキング) ・結婚式・二次会プロデュース事業(クラコレ)

スキ
3
近未来すげー!!
+1

近未来すげー!!

未来について考えるととてもワクワクします。今や、5Gがすこしずつ実用化されてきている世の中でたくさんの便利なものが発明されてきています。最近ではIoTによって、モノがインターネットと接続されることによって、これまで埋もれていたデータをサーバー上で、処理、変換、分析、連携することが可能になります。このような技術を活用することで、より高い価値やサービスを生み出すことが可能になりました。本当に社会というのは知らない間に発展し、置いていかれてしまうのを感じます。ただ、私はまだ20代な

スキ
2
【053】世界の動向を知る。自分の行き先を知る。

【053】世界の動向を知る。自分の行き先を知る。

未来の世界の動向 ○ 2030年に日本は国民の3分の1近くが65歳以上の高齢者になる ○ 約1.8人の現役世代が1人の高齢者を支える ○ インドのGDPはイギリスやフランスを抜き世界第5位になる 現在の世界の動向 ○ 中国は2010年に日本のGDPを抜き世界第2位になった ○ ルワンダでは、現大統領が「IT立国」を掲げ、国家再建に成功 ○ ケニアでは「Mペサ」によりキャッシュレス化が急速に浸透 このように現在では、ITの普及も伴い、世界中で大きな変化がある時代になっていま

スキ
42
2030年 未来を自分で作る 教育の姿
+5

2030年 未来を自分で作る 教育の姿

□景色 2030年はより予測困難で不確実、複雑で曖昧(VUCA)な時代になる。昨今のメガトレンドに地球環境の変化と自然災害の増加、勝者総取り型の経済格差拡大、人からコンピュータへのタスク代替に移民増加と高い失業率、高齢化の進展などがある。 現在の教育システムの受容性をはるかに超えるスピードで社会変化が起こり、工業化社会のモデルに由来した、いったん訓練された教師が長い期間多くの生徒をまとめて教えることが効果的・効率的だった教育構造では対応しきれない。 AIやロボットの普及す

スキ
4
2030年までの私の目標

2030年までの私の目標

だれひとり取り残さず、助け合うために国連193カ国のみんなの声で生まれた目標、SDGs(持続可能な17の開発目標)。私がSDGsを強く意識するようになったのは、1年ちょっと前に松尾沙織さんが代表を務めるACT SDGsが主催する勉強会に参加するようになってから。(その時の記事はこちら)それ以来、私は2030年までに達成すべきSDGsと絡め、自分自身の「2030年のありたい姿」を想像してきた。長引くコロナ禍で、長期的な視点で「ありたい姿」に向かうシナリオを描くことは難しかったが

スキ
13
現在のハナシから2030年未来のハナシ

現在のハナシから2030年未来のハナシ

  本文紹介   2030年は「今」の延長線上にあります。A.I.やロボットに仕事を奪われるという懸念をしている人も多いでしょう。しかし、人間のやる仕事が、快適で楽しい仕事に変わり、自分のやりたいことに挑戦できる時代がやってきます。 遊びが仕事になる、もしくは仕事が楽しい趣味や遊びになる。仕事と遊びの垣根がなくなっていくのです。  A.I.が友達になるような、人工知能とコミュニケーションがとれるようにもなると、自分は考えています。それを淋しいと感じるかどうかは人それぞれ。A.

スキ
30
孫さんの基調公演を聴いて

孫さんの基調公演を聴いて

ソフトバンクワールド2021を見ました。 無料登録したら、アーカイブで視聴できるのでよかったら皆さんも見てみてください。 孫社長の講演聞いて、その映像の数々を見たら、度肝抜かれました。世界が大きく動いていることをすごく実感しました。 自分の仕事はこれからどうなるのだろう。 社会にこれから出て行く学生の仕事はどうなるのだろう。 そんなドキドキとワクワクでいっぱいです。 孫社長は最初にスティーブ・ジョブズに最初にiPhoneを見せてもらった時、震えが止まらなかったといいま

スキ
5
【再確認】なんのために働いている❓の話

【再確認】なんのために働いている❓の話

<おじさんDX Vol187> 職場で「何の為に働いているのか...」と相談を受けたのですが、どうも考えすぎなような気がするのです。 ✅会社の為ではなく、自分の為に働いて良いのです。 ✅本田宗一郎氏も、そう言っています😁 ✅「まず自分のために働け」を見て 本田宗一郎の数々残した名言にもありますように、なんのために働くのかは、「まず自分のために働く」という考えがシンプルで好きです。 単純に自分だけの為に働くのではなく、自分の為に働く事によって、会社が良くなっていくとい

スキ
32
最終章 ムーンショット計画が少子化問題を解決するのか。気候変動とイノベーションから予測する未来
+4

最終章 ムーンショット計画が少子化問題を解決するのか。気候変動とイノベーションから予測する未来

世界が人口問題を注視し始めたのは1974年です。 当時の世界人口会議の主な議題は、「人口が爆発的に増えた場合の地球の資源の枯渇」でした。 なぜ1974年当時世界はこの先大変になると思っていたのに、実際には世界中の所得が上がり(世界銀行では極度の貧困を「1日を1.25ドルで暮らす人」から、2015年に「1日1.9ドル」に引き上げた)、飢饉や資源の枯渇で人口は減らず、逆に増え続けていることができたのでしょうか。 1968年、ポール・エーリックというアメリカの生物学者の人口爆弾とい

スキ
6
社内のDX改革に立ちはだかる抵抗勢力を味方につける9つのテクニック
再生

社内のDX改革に立ちはだかる抵抗勢力を味方につける9つのテクニック

DX改革をしようと思っても、いいアイデアや自分自身の持つエネルギーだけでは改革できない。 やっぱり社内の仲間を増やしながら、どれだけ抵抗勢力を味方につけるかが大事。 9つのテクニックをランキング形式でまとめた。 この9つができたら、社内改革も可能!

スキ
24