未来を予測してサバイバルするためのオススメ書籍3冊

確実に未来を予測することなんてできないわけですが、それでも何かヒントを得てサバイバルしていきたい、という方にオススメの書籍3冊を紹介します。予測する期間が、数年後、10年後、20年後と異なるようにセレクトしました。

2025年を制覇する破壊的企業
まずは数年先である2025年を予測する「2025年を制覇する破壊的企業」です。

タイトル通り企業にフォーカスして、数年後である2025年に世界を制覇

もっとみる

ミニマリズムという考え方が広まっている?背景

一定程度、日本や諸外国に浸透している考え方だと仮定しての意見物に対する執着がなくなった。
そういった行動をとっている人物を見て憧れを抱き、自分もそうありたいと考える。
手取りが減っていく中で、より安価で生きていくために、消費を必要最低限に切り詰める。

このミニマリズムという考え方自体は、人間の本能的な物質欲求への裏返しとも取れるが、その実、より安価で働き続ける仕事機械人間を量産するための体の良い

もっとみる

未来予測について考えてみよう

皆さんこんにちは、ぱうへいです!
最近Twitterで「未来を予測することが大事だ!」という発言をたくさんしています。

今日は、なぜ未来を予測することが大事なのかを、僕が考える未来予測の重要性を交えて説明できればと思います!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■なぜ未来予測をしないといけないの?
僕が「未来を予測しよう」というのにはちゃんと理由があります。

もっとみる
スキしてくれて…ありがとう!!!
2

アニメ「PSYCHO-PASS(一期)」で未来がみえる!

こんにちは!どらちゃんです。

今回の記事では、「PSYCHO-PASS」というアニメのレビューをしていきたいと思います。
割と沢山のアニメを観た僕ですが、その中でも「PSYCHO-PASS」は5本の指に入るくらいにはお勧めです。

先日、大学院で「人工知能に関連する作品の概要と意見を述べよ。」という課題があったので、私は「PSYCHO-PASS」のレビューを提出しました。
今回の記事ではそのレビ

もっとみる

【AIと戦略】予測を買うか?自分の仕事の本質は?『予測マシンの世紀 第四部』#12

こんにちは。シンラボ共同代表の草場です。

AIとの共同に関して、『予測マシンの世紀 AIが駆動する新たな経済』をまとめていきます。推理小説のようで、ドキドキワクワクです。

目次
はじめに―機械知能
安さはすべてを変化させる
第1部 予測
第2部 意思決定
第3部 ツール
第4部 戦略
 第十五章 経営層にとってのAI
 第十六章 AIがあなたのビジネスを変容させるとき
第5部 社会(AIと人類

もっとみる
励みになります!
47

デジタルの未来を語る 「さあ、これからの話をしよう」〜宮沢博編〜

私たちネットイヤーグループが考えているデジタルの未来。その実現のために、特定分野で活躍し、後輩の育成など社を引っ張っていく社員のことを私たちは「リード職」と呼んでいます。 今回はプロジェクトマネジメントを得意とする宮沢博です。彼が語る未来とは何か、 「さあ、これからの話をしよう。」

PMのエピソードがないプロジェクトこそ、成功の証カスタマーエクスペリエンス事業部でプロデューサーをしている宮沢博で

もっとみる

The Future of Jobs Report 2020

World Economic Forum 2020の報告書のタイトルです。この先5年間について予測が分析的にされています。とても興味深い内容になっています。

The Future of Jobs Report 2020

※このサイトにある内容をそのまま引用し、Google翻訳をしています。日本語として読みづらいところがありますが、だいたいの内容はつかめると思います。一部内容としておかしな点があ

もっとみる
頑張れます!
9

未来を予測する一冊

一体、何年先までの未来予測があるのだろうか?
2030年とか、2040年の未来予測の本を最近よく見かけるので、どこまであるのかAmazonで調べてみた。2070年、2080年、2090年はなし。

もはやこれ以上先になると予言かオカルトになるのかもしれない。

もっとみる
スキありがとうございます!(写真は太肉麺)
5

【35年】ミニマリストの私が住宅ローンを絶対に組まない3つの理由

今日は私が住宅ローンを絶対に組まない理由についてです

今35年ローンを組んで家を買おうと思っている人が
住宅を買うかどうかの参考になればうれしいです

私はマイホームの営業担当をしていたこともあるので
住宅販売の裏側も知っています

ぜひ最後まで読んでいってください(∩´∀`)∩

結局借金には変わりない最初の理由が結局住宅ローンも借金には変わりないということです

住宅が残るじゃないかという意

もっとみる
いつもスキを押してくださりありがとうございます(≧▽≦)
2

「格差をつけられない時代」が来る。【あまり頑張らなくてもいいという考えについて】

今回は、20~30年先に訪れるであろう社会について、テクノロジーと経済の面から考えていきます(末尾に参考書籍を載せています。)。
それでは、①テクノロジーの発展、②ベーシックインカムによる生活保障を概観した後、③の結論という流れで進めさせていただきます。

①テクノロジーの発展まず、今後実現されていくテクノロジーとその影響について簡単にまとめます(事実ベースですので手短に紹介します。疑問やご興味の

もっとみる