Masaya.Mori 森正弥 / AI Institute 所長

ハーバードビジネスレビュー連載中 / デロイトデジタル 執行役員、Deloitte AI Institute 所長。東京大学 IPC顧問。東北大学 特任教授。メルカリR4D・日本ディープラーニング協会 顧問。元楽天 執行役員 https://twitter.com/emasha

Masaya.Mori 森正弥 / AI Institute 所長

ハーバードビジネスレビュー連載中 / デロイトデジタル 執行役員、Deloitte AI Institute 所長。東京大学 IPC顧問。東北大学 特任教授。メルカリR4D・日本ディープラーニング協会 顧問。元楽天 執行役員 https://twitter.com/emasha

    最近の記事

    データ品質とは何か? 品質の重要性、測定と改善、マネジメント、ガバナンス

    本記事は、データ品質に関する記事です。 最近、業界を問わず、様々な企業のエグゼクティブやDX推進担当の方から、データガバナンス・データマネジメントに関する相談を受けることが多くあります。相談の中で、実際に議論が白熱するのが、ガバナンスやマネジメントのやり方というよりは、ガバナンスやマネジメントを整備した上でのデータ活用を進めていくユースケースをどう生み出していくかという話と、よりよい効果を生み出すためのデータ品質に関する話です。後者については、例えば、データガバナンスやマネジ

      • 世界で沼にハマる人を続出させ、深く社会と自分を見つめ直させる「はじめてのおつかい」:癒しと論争と人生の教訓

        本記事は、タイトル通り、「はじめてのおつかい」の海外での反響を通して、コンテンツが持つポテンシャルについて触れてみます。 世界で反響を呼ぶ「はじめてのおつかい」 2歳~5歳の幼児が奮闘・活躍する日本テレビの名物番組「はじめてのおつかい」が、2022年3月31日より Netflix で世界配信されており、すごい反響を呼んでいます。 海外の配信は今回が初というわけではなく、従前、Old Enough! というタイトルで香港や台湾、ベトナム、ハワイ等を中心に吹替版が放送されて

        • ベンダーへ尋ねるべき55の質問:ソフトウェアのプレゼンやデモによる打ち合わせの際に、質問・確認するポイント

          デジタル時代、誰もがソフトウェアの選定に関わる 今、我々はデジタル時代を生きています。クラウド、ビッグデータ、AI、IoT、5G、ブロックチェーン等、各種IT領域における著しい発展とそのコモディティ化により、利便性の高い様々なツールやソフトウエア、ソリューションが溢れています。そのようなデジタルツールやソフトウェアの恩恵を、ビジネスや日常業務の中で享受することが増え、特に企業の情報システム部門のような専任の部署でなくても、ソフトウェアベンダーからツールやソフトウェアの紹介プ

          • 信頼されるAIとサービスのための多層的なアプローチ

            AI の発展と懸念 今日、ディープラーニングによる精度の飛躍的向上により、様々な業界で人工知能(AI)の応用が着実に普及しています。広告配信、パーソナライゼーション、不正検知、需要予測、金融資産運用、ドローンデリバリー、ロボティクス、交通の最適化、癌の診断や治療等にAIが活用されています。AIは社会の新たなインフラとして捉えられており、今後も進化を続け、我々の生活を支え、より便利なものへと変えていくことが期待されています。 AIはその華々しい発展の一方、懸念もあります。例え

            メタバースのビジネス活用 5つのシナリオ: マーケティングから地球環境シミュレーションまで

            注目を浴びるメタバース「メタバース」という言葉が注目されています。「メタバース」という言葉は、古代ギリシャ語の「meta」(超越)と英語の「universe」(世界)というワードの組み合わせから来ています。その語源より、インターネット上の仮想現実空間を使って、ユーザー同士がコミュニケーションをとり、現実と同じようなライフスタイルを送ることができる世界というイメージで使われる事が多いようです。 デジタル空間においてはオブジェクトは単なるデータであり、プログラムです。物理空間の

            『成長の限界』から50年: 気候変動にAIで立ち向かう

            この記事は、2022年に注目を高めるであろう気候変動に関して、AIによってどのように立ち向かうことができるかについて書いた記事です。 ローマクラブの警告から50年目の関心新年です。元旦に以下のツイートをしました。 2022年は、1972年にローマクラブが、100年以内に人類の成長は限界を迎えると言った「成長の限界」の発表から50年目になります。今年は地球について考えることが増えそうですとツイートでは書いていますが、以下の、今年の動きに関して、300以上の記事、ホワイトペー

            世界のスマート農業・AgTech:AI、ロボティクス、IoT、バイオサイエンス活用

            産業領域別の適用 AIやロボティクス、IoT技術を組み合わせ、様々な領域で活用していこうという試みが増えてきています。汎用的なソリューションという位置付けから、産業領域、ドメインを特定して特有の課題を解決していこうとするプレイヤーも増えてきています。ドメインにフォーカスすることで、専門家の知識も有効に活用し、それをテクノロジーの力でレバレッジし、スケールさせていくということが狙えます。 以前、このようなモデルのことを、E&Eモデル(探索と活用モデル)と名付け、解説記事を書き

            社会実装の立役者たる「T型人材」その意味、起源、特徴について

            "T-shapred people need..." by sketchplnations under CC BY-NC 4.0 本記事は、「T型人材」に関する記事です。 「T型人材」というキーワード スキルビルディングやキャリア構築の観点を踏まえた人材論において、T型人材(T-shaped skills)というキーワードを聞かれたことがある方も多いのではないかと思います。 T型に限らず、様々な応用系があり、I型人材、X型人材、π(パイ)型人材というワードもあります。

            Bukalapak (ブカラパック):インドネシアのデジタル化をもたらすユニコーン・プラットフォーマー

            "Warung in Garut" by Gunawan Kartapranata under CC-BY-SA-3.0 本記事は、インドネシアのユニコーンである、Bukalapak(ブカラパック)に関する記事です。 今までのEC関連記事今までEC関連の記事として、インドのFlipkart、アフリカのJumiaを紹介してきました。また、中国におけるライブコマースの人気の高まりや毎年勢いを増すECのお祭りである独身の日なども紹介してきました。 今回は、インドネシアのECを

            クレジットスコアとAIが生み出す貧困への力学をどう防ぐか

            本記事は、クレジットスコアとAIアルゴリズムによる評価が社会の様々なところにおいて活用されていく中で、デジタルやデータバイアスもあいまって貧困が半ば強制的に生み出されてしまうという問題に関する記事です。 Coded Bias / AIに潜む偏見Netflixで、「Coded Bias」というドキュメンタリーフィルムを視聴することができる。邦題は、「AIに潜む偏見: 人工知能における公平とは」である。 MIT Media Labで学ぶJoy Buolamwini氏はSFから

            成功に役立つ行動経済学のインサイト

            本記事は、行動経済学に関する記事です。 行動経済学は人間の意思決定についての理解を深める 行動経済学とは、人間の心理学、意思決定科学、経済学を組み合わせた学問領域です。「心理学と経済学(Psychology and Economics)」とも呼ばれ、Daniel Kahneman、Amos Tverskyという二人の心理学者により創始されました。Kahnemanは行動経済学を唱えた功績でノーベル経済学賞を受賞しています。 既存の、新古典派に代表される経済学モデルでは、人間

            AutoML: AIのポテンシャルを最大化する、自動機械学習を概観

            本記事は、AutoML に関する記事です。 注目を集めるAutoML 昨今、機械学習ベースのAIは様々な産業でその有用性が確認され、活用されています。機械学習を用いたアプリケーションやアナリティクスが普及した結果、モデル構築をいかに効率的、効果的に行うかという課題も認識されるようになり、その解決策の一つとして、自動機械学習(AutoML)に注目が集まっています。 自動機械学習(AutoML)とは、機械学習モデルの設計や構築を自動化することを指します。機械学習のプロセスには

            世界で進むスーパーアプリ化の動き

            "Man hand holding black smartphone isolated on white background, clipping path" by Deutscher Volkshochschul-Verband CC BY-SA 4.0 今日、世界中の人々が主にモバイルからインターネットにアクセスしています。スマートフォンの普及率がインターネットの普及率に比例して高まるにつれ、アプリのユースケースも呼応して増えていき、日々の暮らしに多様なサービスが組み込

            顧客の離脱とそれを防ぐための顧客離脱予測(Churn Prediction)と離脱防止オペレーションについて

            顧客離脱:すべてのビジネスにおける重要なテーマ すべてのビジネスには、顧客がいます。そして、特殊なビジネスを除き、ほぼすべてのビジネスにおいて、顧客の離脱は悩ましい問題です。 新規顧客を獲得するよりも既存の顧客を維持する方が簡単であり、コストがかからないことがほとんどです。Forresterは、既存顧客の維持コストは新規顧客獲得コストの5分の1以下だとレポートしています。また、顧客維持率をわずかに向上させるだけで、利益が大幅に改善する可能性もあります。顧客離脱が5%減るだけ

            対話するAIの歴史:チャットボットからアシスタントへ

            本記事は、対話するAIアプリケーションとしてのチャットボットからバーチャルアシスタントに至る歴史に関する記事です。 初めに AI(人工知能)の具体的なアプリケーションとしてチャットボットを思いうべる方も多いかと思います。ECサイトにおけるチャットボットでのカスタマーサポートも見かけることが増え、我々の日常生活の中におけるデジタルサービスとして普及しつつあります。また、Google Assistantや、Amazon Alexaは、音声でのチャットボットとしても評価されている

            CBDC: 中央銀行のデジタル通貨。中国人民元と米国ドルの新たな覇権争い

            本記事は、CBDCについての解説記事です。 中央銀行システムと暗号通貨のラップバトル 突然ですが、以前、ラップバトルに関する記事を書いたことがあります。 ラップバトル は、挑発合戦であり、どちらが勝ったかを主にオーディエンスが決めるのですが、見方を変えれば説得力を競う勝負であり、そのフォーマットはディベートのようにとらえることもできます。そして、記事で解説しているように、ネットでは、「歴史的論争学習コンテンツ」のような進化を遂げています。 記事の中でも紹介していますが、