「科学コミュニケーター」ってなんだ

こんにちは、科学コミュニケーターの田中沙紀子です。

…と自己紹介しているのですが、「科学コミュニケーター」っていったいなんだ? 

私はいつも「科学と市民をつなげる橋渡しをしています」と言っています。が、これもよくわからないよなあと思います。と思いつつ、橋渡しという漠然とした言葉を使うのは、それだけ守備範囲の可能性が広いから。科学の解説をするのもお仕事、研究者の話を伝える場をつくるのもお仕事、そ

もっとみる

【出版記念トークイベント】「ポスト・スポーツの時代とは何か? 身体の認識論的転回を捕らえる」(5/23)

前回の書評会に引き続き、今回は岡崎勝さん、小笠原博毅さん、山本敦久さんをお招きして『ポスト・スポーツの時代』の出版記念トークイベントを行いました。今回の記事では、動画とテキストの記録を掲載します。
※テキストは動画で話された発言録を、イベント後に読みやすく編集してあります。
※小笠原博毅さんによる本書の書評「ゲットー脱出宣言」が、記事の最後に掲載されています。ぜひお読みください。

ぽす研企画第2

もっとみる

本格的ドローンを手に、、MavicAir2ゲット!これからはドローンクリエイター

先日、、ついにMavicAir2が手元に届きました!!

はじめての本格ドローンに興奮が収まりません。

マビックミニを購入してからあっという間にドローンの魅力、可能性に取り憑かれ、、
本格的なドローンがほしいなと思っている中、マビックエアー2が発表され、迷うことなくポチりました笑

ではなぜ僕が本格的なドローンを購入したのか?
具体的な理由は

MavicMiniの限界に耐えることができなかった

もっとみる
TwitterとYoutubeものぞいてね!

GENIAST Education and EngineeringのVISION

GENIASTという言葉は造語です.
intelligence, engineerなどの由来であるingenium:創ることの意味を持つラテン語から語列geniを取りました.この世界は,創ることでしか変えられません.そして,語尾列のASTは,Astronautics,Astronomyなど空,宇宙を表す頭文字を取りました.宇宙開発に魅入られ,それが拓く無限の可能性が,少年の心を永遠に引きとどめてく

もっとみる

お仕事のご依頼

GENIAST Education and Engineeringは,現役の東京大学大学院工学系の修士・博士学生で構成された専門家集団です.中高生はもちろん,大学生のほか,理数系の学習をされたい社会人の方など全ての年齢層の方を対象に,オーダーメイドな理数系技術教育をご提供します.

個々人の学習レベルに合ったオフラインでの解説作成とオンライン指導を中心に,大学院受験や卒業研究のコンサルティングなど

もっとみる

アバターが活躍する時代ーコロナ禍後社会キーワード④ 「場と時間が転換する」

東大生が出ているクイズ番組をみて、よくそんなことまで瞬時に答えられるなと思うが、感動しないのはなぜか。その姿にAIを連想してしまうことと、彼らが“社会経験”のない学生だからである。“社会経験”を積むことは、知識を増やすだけでなく、直観や類推・アナロジーに活きる。社会でのコミュニケーション技術、人に対する配慮や思いやり、考え方、センスは、リアルな社会経験を積まないと、なかなか身につかない。

1・テ

もっとみる
「スキ」をありがとうございます!
26

Phoenix Contactのバーチャル展示会に参加してみた話

こんにちは。Aalto International JapanのMariです。

2020年に予定されていた海外展示会。
コロナウィルスの影響で、続々と中止、延期などとアナウンスされ、なかには、オンラインでの開催へと変更になっているイベントも多くあります。

その影響でAaltoにも「国際展示会が急遽中止になって、何をすればいい?」という相談が雪崩のようにやってきています。

StayHomeの状

もっとみる

変わりつつある技術企業の情報発信の中で

こんにちは。Aalto International JapanのMariです。

Aaltoin noteでは、Aaltoが普段扱っている技術×PR×グローバルでの、一部の人しか気にならないマニアックなトピックを、ラジオのようにゆるりと話しています。だいたい熱が入ると、長くなりがちなので、さらっと読み流してもらえたら、ぐらいに思っています。

今日は特に、技術の分野で、海外向け情報発信に関わる方々

もっとみる

正義を疑え

こんにちは。猫用トイレに本気で用を足そうとした妻を持つアルパカ社長です。どうやら私がトイレでもよおしている間に限界点に達してしまったようです。

危うく私の手でアルパカ社長夫人の人としての尊厳を奪ってしまうところでした。

あなたももしかしたら他人の尊厳を知らず知らずのうちに奪っているかもしれません。

今話題の木村花さんの件もそうですよね。

誹謗中傷している人たちは自分自身が誹謗中傷をしている

もっとみる
アタリ‼︎ コメントくれたらフォローします。(^^)
23

中国のオンライン裁判所について。これでSNSでの不幸も減らせる可能性

もしもネットで詐欺にあったり、いじめられたりしたら日本のみなさんはどうしますか?

最近中国では新たなシステムが生まれました。

ネットでトラブルに遭遇したり、人格への侮辱や書き込みによるプライバシーの侵害などが発生する場合、直接ネットで訴えることができる環境が整えられたのです。

公開資料によりますと、現在中国には北京、杭州、広州の3つのオンライン裁判所があり、以下の案件を処理することが可能です

もっとみる
ありがとうございます、よろしければシェアもお願いします
17