高野登

潜在意識を味方につける

日本におけるリッツ・カールトンの 立ち上げを担い、初代社長を務めた 高野登さんから、ビデオ配信形式の 講義を拝聴している。 長年にわたるホテル業界での経験から、 「ホスピタリティー」についての 知見を縦横無尽に語ってくださる。 リッツ・カールトンは、周知の通り ホスピタリティーに関する…

【2021読書】No.150『百年思考 ホスピタリティの伝道師が説く「日々の在り方…

本日もお読みいただきありがとうございます。 昨年は、500冊の本を読みました、五木田穣(ごきたゆたか)です。 2021年150冊目の読書は、 『百年思考 ホスピタリティの伝道師が説く「日々の在り方」』 でした。 ※なお、この投稿は、本の内容を要約する趣旨のものではございません。 あくまで個人的…

一般的なブレストに一ひねりを加える

ブレインストーミング、 通称ブレスト。 直訳すると、「脳に嵐を起こすこと」。 こちらでも何度かネタとして 登場している。 例えば、これだ。 こちらにも書いておいた通り、 オズボーン博士によって提唱された ブレストには、4つのルールがある。 ①自由奔放:とにかく自由闊達に意見を出し合う ②…

目の前のことに【高野登の名言】

本日の名言 目の前のことにこれ以上ないほどに真剣に取り組めば、必ず道は拓けるし、自分が思いもよらなかった場所に運ばれていく。 発言者:高野登(リッツ・カールトン元日本支社長) 高野登さんってどんな人? プリンス・ホテルスクール(現日本ホテルスクール)第一期卒業。 21歳でニューヨ…

目の前のことに【高野登の名言】

本日の名言 目の前のことにこれ以上ないほどに真剣に取り組めば、必ず道は拓けるし、自分が思いもよらなかった場所に運ばれていく。 発言者:高野登(リッツ・カールトン元日本支社長) 高野登さんってどんな人? プリンス・ホテルスクール(現日本ホテルスクール)第一期卒業。 21歳でニューヨーク…

サービスを超える瞬間

ザ・リッツ・カールトンの日本支社長を務めた高野登さんの著書を読みました。 営業力のある素敵な知人に紹介して貰ったのですが、 サービスに対する基準の高さに触れて、サービス業の常識が変わりました。 サービスを提供した際に、高いと思うか安いと思うかは 金額次第ではなく、あくまでサービス…

第9回『想像力みがき塾』を開催します

本日、第9回『高野登 想像力みがき塾』です。 今回のみ第2日曜日開催となります。 さて、高野塾長は新年を迎えてどんなコメントをするのでしょうか。

「究極の問い」と「至高の問い」

『美味しんぼ』というマンガを覚えて いらっしゃる方は多いだろう。 雁屋哲さんが原作で、ビッグコミック スピリッツ(小学館)で連載されて いた。 丁度高校生の頃に流行っており、よく 回し読みさせてもらった記憶がある。 テレビドラマ(実写)化もされて、 唐沢寿明さん主演のバージョンと、 松岡…

高野登 想像力みがき塾 第7回のお知らせ

第7回:高野登 想像力みがき塾ご案内 11月15日(日)7:30〜(およそ1時間半の予定です) 今回のテーマは「ブランディング」 詳細はこちらから https://note.com/imagination2020/circle/boards/c7ce2e92ea88/po

学びに共通していたことー自分の世界を意識する

この1年あまり、様々な事を学んできましたが、ふと気がつきました。 先生方、皆同じことをおっしゃっている…。 心理カウンセラーの講義で最初に学んだキーワード 他人との離別感(他人は自分と同じではない) 相手に対する「なぜそんな事を」「なぜわかってくれないのか」「これくらいわかるよね…