関野泰宏

生まれも育ちも京都市出身。現在は大阪市内在住!でも、京都に戻る予定! 現在は、フルスタックエンジニアにて活躍中。aws構築、そこでシステム開発をしています。 そしてさらに!毎日が生き生きと生きていけるような人生になるように!ということで、たくさんの情報を伝えている元気なエンジニア

関野泰宏

生まれも育ちも京都市出身。現在は大阪市内在住!でも、京都に戻る予定! 現在は、フルスタックエンジニアにて活躍中。aws構築、そこでシステム開発をしています。 そしてさらに!毎日が生き生きと生きていけるような人生になるように!ということで、たくさんの情報を伝えている元気なエンジニア

    マガジン

    • Google Apps Scriptで業務を効率化しよう!

      GoogleAppsScriptの使い方をいろいろお伝えしていきます! GASを使って業務の効率化などを目指す人用!またはプログラミングの初歩の初歩を学びたい人は必見になります。

    • JavaScriptの基礎一覧

      JQueryや、Vueなどで使われている、JavaScriptの基礎の基礎。基本構文などを網羅して教えています。システム開発やちょっとしたシステム修正などのドキュメントに使えます。

    • 本・要約まとめ

      読書した本を要約してまとめていきます。 時間のない人たちにも役に立てるように書いていきます。

    • 前向き名言

      毎朝前向きな名言を伝えていきます ブログや!その人に関するもっと知りたい時に情報も載せて!

    • 経済人・実業家列伝

      日本経済を今までささえてきた経済人・実業家を取り上げています。 おもに、なぜ?この企業はできたのか?や、この人は?どういう人生を歩んでいたのか?などを書いています。

    最近の記事

    固定された記事

    渋沢栄一の名言一覧

    もっと渋沢栄一の名言を学びたい人はこの本がおすすめです!もっと渋沢栄一の名言を学びたい人はこの本がおすすめです! もっと渋沢栄一の名言を学びたい人はこの本がおすすめです!もっと渋沢栄一の名言を学びたい人はこの本がおすすめです!もっと渋沢栄一の名言を学びたい人はこの本がおすすめです!もっと渋沢栄一の名言を学びたい人はこの本がおすすめです!もっと渋沢栄一の名言を学びたい人はこの本がおすすめです! もっと渋沢栄一の名言を学びたい人はこの本がおすすめです! もっと渋沢栄一の名言

    スキ
    31
      • 【GoogleAppsScript】上余白をポイント数で取得【getMarginTop】

        getMarginTop は上余白をポイント数で取得するメソッドです。 今回のプログラム プログラム説明openByIdの引数で、ドキュメントIDを指定します。 指定方法はURLの赤枠の部分 https://docs.google.com/document/d/[ドキュメントID]/ こちらを指定します。 doc.getBody()でひとまず、今回作成するドキュメントボディを取得 上余白をポイント数で取得します。 サンプルプログラムfunction myFun

        • 【JavaScript】switchの「default」の使い方

          switchの「default」使い方前回、switch文にcaseを使って条件分岐をしました。 もし、学んでない方は、こちらから! 【JavaScript】switch文で条件分岐 しかし、いずれのcaseにも一致しなかった場合はどうしたらいいのでしょうか? このような時に使えるのがdefaultになります。 こちらnum変数に5を入れて case1,case2,case3 いずれも該当せず状態になったため、defaultの処理が行われるということになります。

          • 【アダム・グラント】THINK AGAIN 発想を変える、思い込みを手放す 【読書感想文】

            自分の考えを新しい観点から見直すことの大切さを教えてくれます。 考えるよりも考え直す方が難しいそもそも人間にとって、何かを「考える」よりも、すでに知っていることについて 「考え直す」ことのほうが難易度が高いわけです。 大きな要因になっているのは「確証バイアス」です。 科学者のように考える人間には3つの思考法があります。 牧師・検察官・政治家の思考モード いずれも「自分の考えの正しさ」を強固にするために使っています。 つまり、これらの思考法をしている限り「考え直す」

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Google Apps Scriptで業務を効率化しよう!
            関野泰宏
          • JavaScriptの基礎一覧
            関野泰宏
          • 本・要約まとめ
            関野泰宏
          • 前向き名言
            関野泰宏
          • 経済人・実業家列伝
            関野泰宏
          • 【プログラムを学ぼう】Python入門
            関野泰宏

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【JavaScript】switch文で条件分岐

            複数の条件分岐を行う場合、if文よりもswitch文の方がわかりやすく書けます。 switchの使い方一般的な構文は以下のように記述します。 必要な分だけcase文を書いて処理を分岐します。 switch( 式 ) { case 値1: // 処理を書く break; case 値2: // 処理を書く break; case 値3: } まず最初に式を判定し、そのあと値を見てきます。 「式」

            【菅原洋平】すぐやる! 「行動力」を高める科学的な方法【読書感想文】

            この本は行動力を高めてくれる方法を押してくれます。 睡眠の管理をする睡眠不足で脳の活動そのものが低下している状態ではどんなに脳に「すぐやる」モードになるように働きかけても 期待したほどの効果は出ないわけです。 自分が睡眠不足かどうかを知るためには「起床から4時間後に頭がスッキリと冴えているか」を確認するといいです。 脳が一度見てしまったらもう手遅れ人は目から走った情報というものに大きな影響を受けています。 例えば、「勉強しよう」と思ったときふとスマホを目にして「少しだ

            スキ
            1

            【GoogleAppsScript】左余白をポイント数で取得【getMarginLeft】

            getMarginLeft は左余白をポイント数で取得するメソッドです。 今回のプログラム プログラム説明openByIdの引数で、ドキュメントIDを指定します。 指定方法はURLの赤枠の部分 https://docs.google.com/document/d/[ドキュメントID]/ こちらを指定します。 doc.getBody()でひとまず、今回作成するドキュメントボディを取得 下余白の サンプルプログラムfunction myFunction() {

            【荻野弘之 かおり&ゆかり】奴隷の哲学者エピクテトス 人生の授業 【読書感想文】

            自分次第でどうにもならないものを軽く見る「自分ではコントロールできないものは軽く見なさい」 その代わりに「自分でコントロールできることに目を向けて励みなさい」ということです。 自分でコントロールできるものは、自分の「行動」「取り組み方」「決断」「考え方」など。 もし自分が何かを望むのなら、それが「自分でどうにかできることなのか」をよくよく考える必要があります。 避けられない恐怖を軽く見なさいたとえば、病気、事故、地震、雷、老化、死などこれらは自分で避けようと思っても避け

            スキ
            4

            【GoogleAppsScript】下余白をポイント数で取得【getMarginBottom】

            getMarginBottom は下余白をポイント数で取得するメソッドです。 今回のプログラムプログラム説明openByIdの引数で、ドキュメントIDを指定します。 指定方法はURLの赤枠の部分 https://docs.google.com/document/d/[ドキュメントID]/ こちらを指定します。 doc.getBody()でひとまず、今回作成するドキュメントボディを取得 下余白の サンプルプログラムfunction myFunction() {

            【JavaScript】while文による繰り返し

            JavaScriptでは「for文」の他に「while文」を使うことでも同様に繰り返し処理ができます。 while文は基本的に繰り返し回数が決まっていないループ処理に最適です。 なので、実行速度も速くゲームなどにもよく使われています。 使い方 while()の引数に条件式「i < 10」を指定すれば、変数iが10未満になるまで繰り返し処理を行うという意味になります。 var i = 0; while(i < 10) { console.log(i++);} サン

            【JavaScript】for文のループ処理を途中で抜ける

            これまで学習したfor文やwhile文で途中でループを抜ける事ができます。 まず、ループ文とは何か?という人はここから再度学んでください。 【JavaScript】繰り返し処理の書き方|関野泰宏|note ループ処理内で条件分岐させるようなときに有効な方法で、一般的にはcontinueとbreakを使って処理を抜けることができます。 「continue」 は特定のタイミングだけ処理を実行continueを使うと、繰り返し処理の途中のタイミングに処理を実行させないような

            【GoogleAppsScript】編集用に現在の要素を取得します【editAsText】

            入力されたデータを編集モードする方法です。 今回のプログラム プログラム説明openByIdの引数で、ドキュメントIDを指定します。 指定方法はURLの赤枠の部分 https://docs.google.com/document/d/[ドキュメントID]/ こちらを指定します。 doc.getBody()でひとまず、今回作成するドキュメントボディを取得 まずは1行目と2行目に文字を入れてみます。 「1行目に文字を書いてみました」 「2行目に文字を書いてみました」

            スキ
            2

            【JavaScript】forEach文でJSONデータ取得する

            JSON形式のデータの中身をforEach文で取得できる方法になります。 forEach文は、コールバック関数の引数valueに、配列の値が1つずつ代入される構文です。 こちらから使い方の確認ができます。 【JavaScript】forEach文の使い方 JSONデータはJavaScriptのオブジェクト構造によく似ています。 JSON形式のいいところはサーバー間でデータのやり取りを行う時によく使われているところです。 JSONのデータは、このような形で記述されてい

            【GoogleAppsScript】データをクリアします【clear】

            ドキュメントで書かれたデータを全クリアします。 今回のプログラムプログラム説明openByIdの引数で、ドキュメントIDを指定します。 指定方法はURLの赤枠の部分 https://docs.google.com/document/d/[ドキュメントID]/ こちらを指定します。 doc.getBody()でひとまず、今回作成するドキュメントボディを取得 clearメソッドで今まで記述をしていた文字をクリアします。 使う場合は、すべての文字が削除されますので、注意

            【堀田秀吾 著】絶対忘れない勉強法【読書まとめ】

            この本は「覚えたら忘れなくなる勉強法」です。 勉強を始める前に10分歩く勉強をする前に10分ほど軽い運動や散歩をすることで記憶効率が25%アップするという研究結果があります。 散歩など軽い運動は、集中力や記憶力を高める効果があります。 ポイントは脳血流です。 散歩によって脳の血流が良くなり十分に血液が行きわたることで脳が活性化します。 脳は酸素と糖分を栄養として動いていて酸素は血液に乗って脳に運ばれています。 体の血液を巡らせると、脳にどんどん血液が送られてエンジ

            スキ
            5

            【GoogleAppsScript】表作成ができます【appendTable】

            ドキュメントで表を作成をすることができます。 今回のプログラム プログラム説明openByIdの引数で、ドキュメントIDを指定します。 指定方法はURLの赤枠の部分 https://docs.google.com/document/d/[ドキュメントID]/ こちらを指定します。 doc.getBody()でひとまず、今回作成するドキュメントボディを取得 表作成をappendTableでします。 引数に、オブジェクト型で指定すれば作成です、表作成はオブジェクト型

            スキ
            1