中国共産党の香港への規制
⭕️香港人全て犯罪者扱い
⭕️香港在住の企業
外国人も監視下に
🔺全ては中国共産党の
利益のため
⭕️動画ニュースです
是非・皆様の目と耳で
ご確認ください
https://ameblo.jp/book0319/entry-12609825582.html

さらば自由な香港! Newsweek香港特集

Newsweekの最新号(7/7発売)の香港特集が面白い。
 「香港の挽歌 ~さらば自由な香港~」
 当然、先日施行された国家安全維持法の話し。
 前半は、これまでのあらすじ。
 後半の「香港で次に起きる6つの悪夢」が興味深い。
 同法が施行されたことにより、具体的に何が起こるかを予測する。
 ①ジャーナリストの逮捕
 ②反体制的なメディアへの圧力
 ③法の遡及的適用(過去にSNS等へ投稿した内容

もっとみる
v(o´ з`o)♪
1

非難決議に関わるメディアの偏向ぶりは異常

自民党の中国への非難決議について、
またしても、共同通信、NHKはじめ大手メディアも。
部会に参加している議員から見ても事実とは言えないのであれば誤報、虚報です。
(下方にリンク)

さらに、自民党の決定を正式決定だはないかのように書く。
あるいは、修正内容について、後退した修正ではないのに、親中派におさえて後退したかのように書く。
ひどいものです。

その意図はどこにあるのだろうか?
①自民党に

もっとみる
(^◇^)

香港と私: 2019年7月7日のデモに遭遇した私のそれから

2019年7月5日から7月8日の4日間、私は香港にいた。今にして思えば、逃亡犯条例への抗議が激化し、7月2日にデモ隊の立法会突入が発生した直後のとんでもない時期である。

何故そんな時期に!?と聞かれても何も詳しいことを知らなかったからとしか言いようがない。

捕まると中国に送られちゃう法律が制定されそうで、反対のデモが起きている。私の知っていたことはそれくらいだ。

7月1日が返還記念日で、香港

もっとみる

香港に戻るまで後92日ー自己検疫第1日目

こんばんは。七夕の日に日本に帰国したので、今日から日本から香港へ戻る決意を新たに新しいマガジンを始める事にした。香港に本当に92日で戻れるのかは、その時までに日本と香港との国交が再開しているのか、私の香港の滞在ビザと仕事がどうなっているかと色々な要素が重なりあってくるのでわからない。が、香港と香港人が大好きな私は、国交が再開していると仮定して、それまでに戻れるようにその他の事は努力しなくてはいけな

もっとみる
ありがとうございます♪
2

昔住んでいた香港

私は今大学生なのだが、

小学生の頃、3年ほど香港に住んでいた。

高いビルが立ち並び、英語がどこでも通じちゃう、大都会!

な、一方で、ローカルなちょい小汚系食堂もあちこちにある。

そんないろいろなものが混ざった雰囲気の香港が大好きだったし、今も大好きだ。

そうそう、毎週家族で外食するのも楽しみだった。

香港はどこのお店もとても美味しかったのだ。

これは文化大革命時代、紅衛兵らが街全体を

もっとみる
ありがとうございます!
14

Daily Select News[7.8.2020]Vol.2

7月8日(水)のデイリー・セレクト・ニュース|海外記事版

表紙画像:WallulaによるPixabayからの画像

▼国内記事版はこちら

◇政治&社会:アメリカ

Democracy Under Siege in America[包囲下にある米国の民主主義]
[ニューヨーク 7月7日,Project Sindycate by Richard K. Sherwin]

Amerika form

もっとみる
私が薦めたい格言:Plvs Vltra(もっと先へ)
4

Daily Select News[7.8.2020]Vol.1

7月8日(水)のデイリー・セレクト・ニュース|国内記事版

表紙画像:SatyaPremによるPixabayからの画像

▼海外記事版はこちら

◇注目記事:コロナ危機とポピュリズム

新型コロナはポピュリズムを殺すか?
[7月7日,JBpress(Financial Times紙,6月30日付)]
 ドナルド・トランプ,ジャイル・ボルソナロ.この二人を政治指導者に「戴く」ふたつの国はいま,新型コ

もっとみる
私が薦めたい格言:Suum cuique(各人に各人のものを)
4

今日・明日のマーケット見通し(7/8)~コロナ懸念と中国問題~

①ディスカッション

S「昨日の寄りでの米株ショートと米債ロングはうまくっているね」

U「イメージどおりの展開となって良かった。ポジションは両方ともキープしたいけど、どう??」

H「うん。良いと思う。引き続きリスクセンチが崩れ気味で、株の上値は重い感じがするから、ステイしよう」

S「OK。ポジションはそれでよいとして、何かきになることある?」

U「SNS系かな。tiktokのように米IT大

もっとみる

食事前にポットとボールが出てきたら【中国マナー情報・動画付】

こんにちは。深センの歩き方を紹介する、ひでボン(@hide0024)です。今回は、中国のレストランで食事をするとき、またビジネスで中国を訪れる方にも役立つ情報です。

中国のレストランでは、ラッピングされた食器が出てくることがよくあります。洗浄消毒がされており、衛生的な食器であることを示すためのラッピングです。しかし中国のマナーでは、ラッピングを開封してそのまま使うことを許しません。

それを、も

もっとみる
スキありがとうございます。よろしければフォローもお願いします。
6