負の遺産

コロナのコロナじゃない被害!負の遺産をどうプラスに変えられるか!?

昨日、熱く語ったので、今日はのんびり語ります(⌒-⌒; )

考えるきっかけになれば嬉しいです!

更に考えたい時は、昨日の記事を見て下さい!

というか見て!!

もっとみる
励みになります♪毎日続けて更新出来るよう見てて下さい!
3

良い樵(きこり)は体にひとつだけ傷がある説

こんばんは、メルシィです。

今日のテーマは「失敗の是非」についてです。

樵(きこり)の比喩

村上春樹さんの小説『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(下)』にこんな言葉があります。

「懲りるのは良いことだ。人は懲りると用心深くなる。用心深くなると怪我をしなくなる。良い樵(きこり)というのは体にひとつだけ傷を持っているもんさ。それ以上でもなく、それ以下でもない。ひとつだけさ。俺の言って

もっとみる
よければまた遊びに来て下さい!
4

日本とのつながり31〜負の遺産〜

広島の原爆ドームは原爆の悲惨さを伝え、核兵器の廃絶と恒久的な世界平和を訴える。

ポーランド南部のオシフィエンチムにはナチス・ドイツによってつくられた強制収容所がある。

極端な人道主義のもと150万人以上の人々が殺害されたとされる。

両者は世界遺産の登録基準(ⅵ)を満たす。
この基準は顕著な普遍的価値を持つ伝統や思想などであり、通常は他の登録基準と合わせて用いられるものだ。

しかし、この2つ

もっとみる
情熱共鳴!

負の世界遺産「アウシュビッツ」

■強制収容所負の世界遺産「アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館」
鉄条網に囲まれたアウシュビッツ収容所には、見張り小屋が建てられ監視されていました。現在、収容所の内部が展示室として公開されています。
大量に保存されている人毛など、撮影禁止のものもありますが、ほとんどのものが撮影可能です。ただ、内容が内容なだけに、気軽に撮影する気にはなれないというのが正直なところです。

■鉄条網に囲まれたアウシュビ

もっとみる
シエアもよろしくお願いします。
7

自分で相続放棄してみた その1 カウントダウン開始編

(数年前の話で曖昧なため100%正しいとは言い切れないので参考程度に)

数年前のある日、某メガバンク系列から手紙が来た。営業の手紙かと封を開けたその時から絶望のカウントダウンは始まる…

「父方の親族Aが死んだ。借金(8桁)あって他の親族が放棄したからおまえが払ってな!(直球)」

借金や連帯保証人に無縁の身でも突然くる催告書に心臓がバクバクになりつつ桁を見る。一十百千万…一千万台、払えねぇよ。

もっとみる

世界三大負の世界遺産

"世界遺産というと多くの人が素晴らしい魅力を持った景観や建築物を想像しますが、中には「負の遺産」と呼ばれる背景に悲劇を伴ったものも存在します。

世界三大負の遺跡として知られているのが、セネガルのゴレ島、ポーランドのアウシュヴィッツ強制収容所、そして広島の原爆ドームです。

ゴレ島

ゴレ島では、3世紀に渡って奴隷貿易が行われていました。1時間も歩けば一周出来てしまう島内の見どころに、奴隷の家があ

もっとみる
宜しければフォローお願いします。
37

自営業引退のための職場片付け⑦

リサイクル買い取り業者さんに2社来ていただいたのですが、やはり同じ言葉を言い残して行きました。

『ブランドものじゃないと買い手がいないので買取りできません』

ということで、2社目の方は何も買い取れるものがなく、引き取れるものもなく、お引き取りいただきました。無念。

『詰み』な予感がプンプンしてきましたが…回避するために、なんとかするしかありません。

お金がないから何とかしろ!という親の叫び

もっとみる
押してくれてありがとう🎵
9

「反戦」と「ハンセン」の継承

小学生の頃から、今の大学でも、反戦活動として「戦争を語る人」はみんな広島、長崎、沖縄からやってきてくれた方々だった。時々、東京。

でも、そんな世代が今少なくなってきてしまっていることは日本の重要な問題だ。政府がそう思っているかはさておき。

もちろん、僕らが戦争の恐ろしさを「語り継ぐ」使命があると思うが、僕はある日、「これは刺さりそうだな!」という反戦継承を思いついた。それは、「地元からの反戦」

もっとみる

原発20㌔圏内ツアー参加のすすめ

Uターン新人記者が巡る!!

 今年4月、15年暮らした東京から地元・福島に帰ってきて、本誌編集部で働き始めた。取材などで県内を回るようになり半年が過ぎたが、浜通りに足を運んだ際に東日本大震災や東京電力福島第一原子力発電所の被害、復旧・復興状況について何も知らないことに気付かされた。そこで浜通りを巡るスタディツアーに参加し、東京の視点で見た被災地・福島県の現状をリポートしてみることにした。

 福

もっとみる
ありがとうございます!ツイッターのフォローもお願いします!
10

オヤジの話

じいちゃんと再会した時
じいちゃんは母親に何度も謝ってて

ワタシはそれで母親が少しでも気が楽になるならと思いつつ
それとは別のことを考えてた。

この事なのだが

うちのオヤジはホントにクズででもおもしろかった。ただホントにクズだった。
仕事は長続きせず、パチンコ三昧、借金まみれ
常に母親とケンカ、DVしてるのに子ども4人つくる(コレ2人ともバカ。そしてそのバカの血を受け継ぐワタシw)

そして

もっとみる
うれし~(*ノωノ)
2