裁判例

【メモ】東京地判平成30・10・11裁判所Website

【メモ】東京地判平成30・10・11裁判所Website

第1 事実の概要   X1はベトナム国籍の女性で、X2はX1の息子である。  X1は、平成25年、日本の永住者資格を有するベトナム国籍男性Aとベトナムにおいて婚姻した。平成28年、X1はX2を出産した。X2は超低出生体重児であり、生命維持のために治療を継続する必要があった。 (X2はその後、乳児院に入院し、体重増加が図られた。しかし、退院後の平成28年11月14日から25日まで、複雑性尿路感染症によりE病院に入院した。その後も、平成29年3月8日から同年6月12日までの間

1か月単位の変形労働時間制における労働時間の特定及び変更

1か月単位の変形労働時間制における労働時間の特定及び変更

49,500
【メモ】東京地判令和1年9月17日裁判所Website

【メモ】東京地判令和1年9月17日裁判所Website

第1 事実の概要 1. イランにおける改宗者の状況とXの信仰状況  イランでは、イラン革命以降、イスラム教徒が他の宗教へ改宗することは背教罪とされ、背教は死刑に値する罪と考えられている。平成21年当時のイランでは、当局は福音派教会のリーダー層を中心に改宗を注視していた。一方で、一般の信者については注視していなかった。しかし、平成21年以降は、改宗者を罪に問うことがより一般的になった。特に、平成24年以来、民家に集まってキリスト教信仰を行っている改宗者については、逮捕・訴追され

期間の定めのある建物賃貸借契約における解約権留保特約その他

期間の定めのある建物賃貸借契約における解約権留保特約その他

【目次】 1 関係条文 (1)民法 (2)借地借家法 2 解説 (1)解約権留保特約の有効性 (2)財産上の給付と代替家屋の提供 (3)立退料の算定方式 (4)実費・損失方式における算定項目 (5)賃料差額 1 関係条文(1)民法第617条(期間の定めのない賃貸借の解約の申入れ) 1 当事者が賃貸借の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合においては、次の各号に掲げる賃貸借は、解約の申入れの日からそれぞれ当該各号に定める期間を経

【メモ】東京高判令和2年1月29日裁判所Website

【メモ】東京高判令和2年1月29日裁判所Website

報道迫害、脱出、流浪27年…たどり着いた日本で見えた希望(朝日新聞、2020年6月20日) 旧ソ連の無国籍男性を難民認定 「地球上に行き場ない」(日本経済新聞、2020年1月30日) 「無国籍男性は難民」 東京高裁判決 国不認定、取り消し(東京新聞、2020年1月30日) 判決全文第1 認定事実    証拠及び弁論の全趣旨を総合すれば,以下の事実が認められる。  1 第1審原告の家族   (1) 第1審原告の父     第1審原告の父は,ロシア革命後の1931年に生まれ

【メモ】東京地判令和2年2月18日裁判所Website

【メモ】東京地判令和2年2月18日裁判所Website

判例概要第1 事実の概要  原告X1はコンゴ国籍の女性、原告X2はX1の長女である。X2は、6歳の時に来日し、その直後に退去命令収容令書を発付された。その後仮放免許可を受け、公立小学校に入学した。その後、公立中学校に進学し、中学3年生の時に、本件在特不許可処分を受けた。  X2はその友人の多くが日本人である。X2は日本語が第一言語であり、コンゴの公用語であるフランス語は簡単な会話程度しかできず、チルバ語やリンガラ語の読み書きをすることはできない。また、X2はバスケットボール選

サブリース契約の解約に関する最近の裁判例
(東京地裁令和1年11月26日判決の解説)

サブリース契約の解約に関する最近の裁判例 (東京地裁令和1年11月26日判決の解説)

1 サブリース契約の更新拒絶又は解約(以下「更新拒絶等」という。)にあたって正当事由(借地借家法28条)が争われた最近の裁判例(東京地裁令和1年11月26日)において、どのような要素が考慮されたのかを検討する。この裁判例は、今後の同種事例において極めて参考となるものと考えられる。 2 サブリース契約に借地借家法の適用があるかどうか   まず、本件で問題となったサブリース契約は、満室保証契約や滞納保証契約が一体化しているものであったが、「いずれも原告会社が被告に対して本件各建

3
退職勧奨を違法とした裁判例

退職勧奨を違法とした裁判例

49,500
取引銀行に振込依頼をしていた債権の差押え

取引銀行に振込依頼をしていた債権の差押え

49,500