はじめに

今井愛。3人の子どもと旦那様と暮らし、社会人教育にたずさわる。
そのときその時の状態とか、私として生きている身体を通して
感じたり思ったりしていることを書いてみようと思います。
それから、そのように存在してアクションしたことも書いてみます。

人生の終わりに近づいた頃、見返してみたら
自叙伝みたいになってるといいなぁ。。。

男が男に恋するSTORY.6

初恋は女の子編

ゲイとして生きると決めて長い事もあって、初恋が女の子だった事なんて
忘れていましたが
noteで過去を辿るうちに思い出したので綴ってみます。

幼稚園に通っていた時家庭環境が複雑な上に
当時は変態扱いされる事が普通な時代だったのもあって
ナヨってる僕をみて、男女やオカマと罵りながら苛めの対象になっていた中で、
いつも優しく接してくれていた女の子のHちゃんという髪の長い女の子が僕の

もっとみる

女は男で変わるんだ 10歳の私が母から学んだこと

今日で100回目の記事を更新します。

100回目に自己紹介をしようと思ったんですが、どうやって書き始めるか、何を伝えるのか、どうやって表現するのかがわかりませんでした。

本当はね、もっと最初の方に書きたかったんですが、自己紹介の書き方がわからなかったのと、書きたいことがいっぱいありすぎてまとめ方がわからなかったんです。

今日で100回目。

少しは文章を書くのに慣れてきたので、やっと、自分を

もっとみる
今日もあなたがスキをしてくれるから私はnoteを書いています。
12

Neo Ground Design vol.1 新約 The A はじめに言葉ありき

第2輪 (破) 風の巻 

前章である第1輪(序)地の巻では、過去数百年の歴史的流れから、近代先進システムにおける因果応報な帰結を眺め、今現在から近未来を見据えた、地球環境におけるマクロな視点の答えが、ミクロである己の記憶の奥に秘めたる本能=直感にある事に目覚め、更なる進化の境地に個が至る過程を、ひとつのビジョンとして描きました。

第1輪(序)地の巻▼

https://note.com/dro

もっとみる
好きを押したあなたを私も好きかも
18

【私が陰陽師を受け継ぐまで】第一章:精霊さんとの出会い【出生〜二歳】

2015年7月28日初版
2017年8月19日改版
2020年6月20日改版
皇聖将

前書き
ここに書かれている事は全て事実(私の実体験)でありフィクションは一切含まれておりません。

スピリチュアル要素の強い内容となっておりますので予め心してお読みください。私の生立ちなので私は普通な内容であって霊感的な力が退化した方には「スピリチュアル系」になる。

早速始めますね。

私は生まれつき様々なモ

もっとみる

【自叙伝】闇の向こうにあったもの②

いらっしゃい また逢えたわね

今回の記事も前回同様、私の自叙伝。

その、後半部分。

今回の記事も私の半生を綴ったものです。記事中過激な描写も御座いますのでそれらを御留意頂いた上でご購入のご検討をお願い致します。ヒントは...( *´艸`)♡

私の半生は決して人に誇れるものではないし、生きた証としてこれを残したかった訳でもない。

ただ、もしこの自叙伝を通して伝えたい事があるとすればそれは、

もっとみる
わーい♡♡
74

はじまる 2

始まる1  https://note.com/mrexcellency/n/n40698f02edf9

-収束そして始まり-
宮田カエの子供たちの突然の訪問からひとつのことが分かった。子供たちはオレと遠い血の繋がりがあった。明らかに血のつながりを示す他の人間にない特徴。それは、匂い。

我々以外の人間には捉えきれない匂い。
血が繋がった人間だけが発する匂い。それは遠い過去から続く一族の証明でもあ

もっとみる
やった〜 シェアもお願い♬
1

男が男に恋するSTORY.5

初体験は男の子編

ピンク・レディー編でも書きましたが、
僕の初体験は小学生4年生の時の同級生のHくんという男の子で、
触り合いっこのような感じでしたが
僕はその日以来マスターベーションを毎日しちゃう子供で…

お恥ずかしいですが
よくお母ちゃんにパンツ汚すなと叱られたものです。

マスターベーションをして汚していたことを知っていたのか?は
知りませんが、親心として複雑であろう子供の成長を
経験を

もっとみる

【自叙伝】闇の向こうにあったもの①

いらっしゃい また逢えたわね

今回は自叙伝として、半生を語らせて貰おうと思います。

長いので2部に分けて♡

この記事にはいつもの様なヒント等はありません。ただ赤裸々に私の歩んできた半生を記しています。途中、過激な描写や暴力描写も御座いますので、その様な描写が苦手な方やヒントや気づきをご希望の方は購入をお控え下さい。私の持つ特性上不思議な事も沢山ありますが、脚色などは一切していません。ですが、

もっとみる
( *´艸`)♡
78

はじまる  1

ー 終わりそして始まっていく ー
変わった訪問者が来た。十代の姉と弟だという。いろいろな人に尋ねやっとオレを探し当てたそうだ。自己紹介の前に「あなたは私たちのお父さんですか?」思い詰めた顔で聞いてくる。数年の年月の間考えてたどり着いた言葉の響き。苦悩したのだろう。
「悪いけれどオレはキミたちの父親ではない。一眼見ればはっきりしている。遺伝的な特徴もないようだし」
「キミたちの名前を教えてくれないか

もっとみる
やった〜 シェアもお願い♬
7