皆さんは今自信を持っていますか?

皆さんは今自信を持っていますか?

僕は今の自分に自信を持っています。 私は、勉強もスポーツもそんなにできる方じゃなかったし、人とコミュニケーションをとることも得意ではありませんでした。そして家に帰っては、毎日ゲームやYouTubeをみて過ごしていました。そんな僕は自信だけではなくいろいろなものへの興味も持てていませんでした。そんな僕が自分に自信をもてるようになった話をしたいと思います。

有料
200
【リパワースクール】自信をつけて10名の無料セッションを達成しました・・・!

【リパワースクール】自信をつけて10名の無料セッションを達成しました・・・!

こんにちは。藤巻です。 僕たちは人生が大きく変わる瞬間があります。 それが「自分を大切にし始めたとき」です。 自分の心の声に気づき、その心の声を尊重し始めて、自分を大切にし始めたとき僕たちは人生が大きく変わっていきます。 今までは、周りの世界に合わせて生きていたけど、自分の中の原動力が自分を突き動かすようになっていきます。 「怖いけど、やってみたい・・・」 そんな風に思うものってあると思います。 僕はそれが「心の声」だと思っています。 「本当はやってみたい、で

スキ
1
小さな選択に自信を持った瞬間@イタリア料理店

小さな選択に自信を持った瞬間@イタリア料理店

イタリア料理屋さんに行った。 どこにでもあるような、チェーン店だ。 1番安いサラダとパスタを注文した。出されたサラダは、330円払うにしてはあまりにも簡素なものだった。 「ちぇっ、頼まなきゃよかったかも。むしろサラダをやめて、300円高いカルボナーラにすればよかったな。」 一瞬、わたしはそう思った。損をするのが嫌なのだ。 だけど、その後すぐにこう思った。 「店員さんは笑顔で対応してくれたし、店内も混雑していなく、ゆったりできる。それを考えればむしろいい選択をしたの

0から1を生み出す素晴らしさ

0から1を生み出す素晴らしさ

*このnoteは自分のために書いています。 *なので他の人を責める意図はありません。 私は小学校6年生の時に描いた犬の絵を祖母に褒められて以来「絵を描くこと」や「絵を描ける自分」に誇りを持つようになりました。 「絵を描けるのは才能だよ」 「誰でもできることじゃないよ」 現実はそうでもないんですが(笑) 今でも心に効いています。 麻薬のような言葉です。 私は絵を描くことは、無から有を生み出すことだと思ってます。 1を100にする仕事もすごいと思いますが……

スキ
7
私ができるのよ!言葉の影響力はすごかった。

私ができるのよ!言葉の影響力はすごかった。

ジャズやボサノバフルートクラスでは、アドリブ(ソロ)をとるために コード理論のお勉強は必須。 そのため、予習してくる生徒さんは何人もいます。 とってもいいことです。 その意欲は素晴らしい!!! ですが、私の見解からいうと理論レッスンに入る前は参考書など 見ない方がベター。 レッスンでは使いませんから。 実際に、今日からレッスンだからと張り切って 参考書を買いまくり挙句の果ては、全く意味がわかりません。 きっと自分にはアドリブなんて無理。 と、思ってしまう傾向があります。

スキ
2
『自信』について考える

『自信』について考える

あれは何ヶ月前だっただろうか、当時お付き合いをしていた人とお別れした。 主な理由は付き合っている意味がわからなくなっていたからだ。 メッセで別れたい意思を伝えたらあっさり別れることになった。 当時、仕事も順調で、特に別れたことでのダメージというのは特になかった。あっさりすぎることにちょっと目食らったが「ああ、こういう風にして私は別れを選ぶのか」そんな感じだった。 それでも「あなた笑って話してるけどダメージあるんじゃない?」そう指摘する人もいた。それを言われた時は「そうなのか

スキ
8
#235 自信がない人に自信をもたせる方法
+4

#235 自信がない人に自信をもたせる方法

先日、このような記事を書きました。 自分に自信が持てない時にやってみて欲しいことを お伝えしましたが、 今回は、あなたの周りにいる「自信のない人」に 自信をもってもらう方法をお伝えします。 「あの人にはもっと自信を持ってほしいな」 そう思う人がいる方は、 ぜひお試しくださいね。 1.相手を肯定する 一番大切なのが、相手を肯定することです。 自信のない人は、自分のことを卑下しがちで、 話の中でも自分のことを無意識に貶めてしまいます。 ポイントは、相手の言葉を否定

スキ
19
2021/10/18 MON
+1

2021/10/18 MON

月曜日〜 大切なのは〜 自分自身〜

スキ
1
その小説の筋は面白いのか?

その小説の筋は面白いのか?

 自分が書いている小説の筋に自信が持てなくなることは、誰にでもあると信じている。  「迷いながら書いている」なんて言うと、なんだかちょっと格好いいけれど、そんなたいそうなものではなくて、ただ自信がないだけのことである。 いや、負けず嫌いとしては謙虚と言っておくべきか。  ともあれ自分の作るものを信じきれるかどうかは、モノ作る人間としてはとても重要なことだ。それが写真家の仕事であれ、美術家の仕事であれ。 僕の友人たちは本当に素晴らしいものを作る人が多い。  ここ1年は身動きが

スキ
6
自信、持てなくていいんじゃない?

自信、持てなくていいんじゃない?

 自信を持ちなさい。もっと自信を持って。自分の力を信じて。  まあそう言われながらだいたいの日本の子どもは小中高と育つんじゃないかなあと思います。  そうっと周りを見回すと、なんだかみんな自信を持っているような顔をしている気がする。私も自信がないとダメなのか。自信を持っているような顔をしなくては。そう思いながら自信がないことを押し隠し、いつか化けの皮が剥がされるのではないかと思いながら自信たっぷりに振る舞う。  幸いにも私は、小学生の頃から沈着冷静と言われるような、あまり焦

スキ
6