ADHD・グレーゾーンの生き方を考える集い

もともと僕は、本当に注意力が散漫で、着想と行動力は評価をされるのだけれど、物忘れが激しかったり、めっちゃ遅刻したりする、これを単なる「うっかり」であったり「その物事に対する関心が薄い」とか「本気じゃない」「興味がないからだ」と断定されてしまうことが多くありました。

自分もそれはきっとその人が言う通りなのだと思い込んでいて、自分は不義理で薄情で、愛情に欠ける、また普通のことが出来ない欠陥のある人間

もっとみる
あえて言おう。ぼくもスキ。
42

怒っても引きづらないからいいよね

パパは、
怒っても引きづらないからいいよね。

子どもが夫に
ぽそっと言っていたそう‥

裏を返せば

ママ(わたし) は怒ると引きづるよね‥

ということ。

子どもってよく見てるなぁ
やられました。

夫から聞いたとき
大爆笑!して
あーあ、がきて。

わたし怒ると引きづるもんなぁ
それをまたわたしに言うと
怒るから
言えなくて
夫に言ったんだなぁ

もうなんか
畳の上で
のたうちまわりたい気

もっとみる
うれしいです♪ ありがとうございます!
1

人前で話せない問題について、本気出して考え直してみた

今年1年を通して、一番課題として浮かび上がっていた問題が、圧倒的に人前で上手く話せないことだった。
会議では相変わらずほぼ発言することができず、司会をしようにも言葉の端々からぎこちなさばかりが垣間見え、予定されていなかった台本外の言葉は言葉がうまく繋がらなくなってしまう。
1分好きなものについて話し続けましょうとか、イベントの感想をその場でグループでシェアしましょうとか、そういうシーンで言葉がつく

もっとみる

クリスマスイブに「生き方」について考える暇な人たち

クリスマスイブの夜に、翼くんと会って約2時間のおしゃべりを動画に収録した。

編集してyoutubeで配信するという。

私たちはただ、楽しく、あっけらかんと喋った。

出会った頃のこと、それぞれの特性のこと、常識のこと、仕事やお金のこと、生き方のこと。。。

私と翼くんは、少し前まで雇用関係にあった。

約3年間、給料を受け取る立場として会社に所属していた彼との関係はとても不思議だ。

彼は以前

もっとみる
いいことありますよ!(ネコのもふもふを触れるなど)
29

コーチング感想対談イベント

先週、cotreeさんでのコーチング感想対談イベントに参加した。
第1回から気になってたものの都合がつかなくて第2回を期待してたから嬉々として参加ボタンを押した。

直前になって今回参加者少ないのでは、ただ聞くだけでは帰れないのでは...と思い始めて気が重くなったものの、オフィスに着いたらどこか温かい雰囲気が流れていて、あっ大丈夫かもと思えた。
円形に並んだ椅子に座って距離感が近いながらも、内輪に

もっとみる
またお目にかかれることを楽しみにしています!
24

人見知りなんです

わたし、人見知りなんです。

と人見知りの人ははじめに言った方がいいらしい‥

ほんとか??とも思うけど、でも言うのはとても勇気がいるよなぁ

もし言えたとしても
悪いことしか想像できない。

私「わたし人見知りなんです。」
相手「へーそうなんだ‥。」

おわり。

そしてはじまる深読み。

ここからはわたしの妄想です笑

いい歳して人見知りて、どうなの?
自分をガードしてない?
弱くみせて、優

もっとみる
うれしいです♪ ありがとうございます!
2

嫌なことがあった時、どうしてる?私、こうしてるよ。

先日、「病気」も「性格」もひっくるめて「特性」としてとらえてみる実験を開始したと書いた。

具体的に私が何をやってみてるのかというと・・・

「困ったな」「なんか嫌だな」「もっとこうしてほしいのに」という、自分にとって負である言動をされた時に、その言動はその人の「特性」である、と、心の中で唱える。

「嫌だな」という感情が出る前に、「これは特性」と、念じる。

軽微なことであれば、それでほとんど嫌

もっとみる
いいことありますよ!(ネコのもふもふを触れるなど)
30

わたしの料理心得

特性をいかすのは大事。
ただなかなか自分で
自分の特性には気づけない。

わたしは同時に2つのことを
するのは苦手なんだなぁ
と思ってはいたけれど

努力すれば
なんとかできるんじゃないかと
思ってた

例えば
料理は同時進行で
いろいろ進めるのが大事
と思ってて。

なにかを作っている間に
食器を洗う
なにかをゆでている間に
材料を切る
そんな手順を組み合わせながら
手際よく
料理はすすめていく

もっとみる
うれしいです♪ ありがとうございます!
5

「病気」も「性格」もひっくるめて「特性」としてとらえてみる実験を開始しました。

自閉症スペクトラム、アスペルガーなどとも言われるASDという症状について当事者から話を聞く機会があり、それについてものすごく考えるきっかけができたのでここに記しておく。

(詳しい症状やその時の状況は割愛する。)

(専門家ではないので認識が間違っていたらごめんなさい。)

最近の私のスタンスとしては、いわゆる社会的マイノリティと思われる人たち、症状のことを「病気」とか「性格」とか関係なく、「特性

もっとみる
また読んでくださいね。(ネコは好きですか?)
16

表現することと、相互理解と。

2018/2/25

ここんとこ、体調も良くなく

あんまり身体を動かす気にもなれないので、

鍛え活動はちょっと保留という感じで、

その代わり最近はこないだも話したように、図書館に行ってみたり、本屋でひたすら本を読んでみたり、あとは他にどんなことがしたいか企画を考えてみたり…

先週は●とコメダに行って、

がまくんとかえるくんの絵本の読み聞かせ合い をやってみたり(読むほうは、声の抑揚とか難

もっとみる