満州

熱海のロシア料理店そして満州

「ピロシキ」「ペリメニ」「ボルシチ」
日本で異国の響きを聞けただけで、なんだか嬉しくなってしまう。

東京までの電車、途中下車して熱海駅で降りた。
熱海では河津桜が春の訪れを少し早めに教えてくれる。
春の陽気に誘われて熱海の坂を軽快に下っていると、何かの文字が視界のふちをかすめた。
足を止めて今来た道を戻ってみると、「ロシア」の文字を見つけた。ロシア料理店の看板だった。

去年の秋にロシアのウラジ

もっとみる

言いたい気持ちを抑えて!__日常駄弁⑤

“丸太”という言葉で一悶着起きてますね。

 問題となっている作品ですが、昔好んで読んでました。ストーリー性もしっかりしてて、キャラクターも魅力ある者ばかり。アメコミ風に作り込まれたレイアウトや、細かい所まで描写してある一本一本の線とか。全て感嘆しながら読んでました。
 最近は全然読んでなくて、それでも日本中、いや世界中で人気の作品であることは分かっていました。ただ、このような形で話題になってしま

もっとみる

731部隊 新発見 公文書 細菌研究 生物兵器 満州 日本

#fictitiousness
 旧日本軍731部隊は生物兵器研究を満州で行っていたとされています。
 731部隊の活動内容については、戦後十分な検証がなされないまま現在に至っています。

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/154984
731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記|社会|地域のニュース|京都新聞

 安陪首相の祖父である岸信介元首相は

もっとみる
Merci !
1

カルロス・ゴーン氏逮捕への道程 安倍晋三と日産自動車を結び付ける祖父『岸信介』日産コンツェルン創始者『鮎川義介』『満州』『弐キ参スケ』

日産コンツェルン創始者鮎川義介と安倍晋三の祖父岸信介とは遠縁であり、満州で満州重工業開発を誕生させ、弐キ参スケと呼ばれる満州国に強い影響力を持った5人の実力者のうちのふたりでした。
 こうした関係を考えれば、ルノーによる日産自動車の吸収合併を阻止するために安倍首相が検察に逮捕、捜査を指示するインセンティブが十分に存在していることがわかります。

https://dot.asahi.com/wa/2

もっとみる

隕鉄がもたらす覇権伝説

執筆:ラボラトリオ研究員 石原政樹

ナチス親衛隊が持ち帰ったチベットの仏像が隕鉄でできていた

「天沼矛神瑛體」に携わっていくうちに、隕鉄というものが時の権力者を魅了してきたことを知りました。

国内では、五稜郭の戦いで名を馳せたのちに明治政府に入った榎本武揚が、当時皇太子であった大正天皇に隕鉄でできた剣「流星刀」を献上しています。

彼は当代随一の刀工に依頼しましたが、神社に祈念しながらの懸命

もっとみる

松ぼっくり

寝て起きたらまだ板東英二が燃え続けていた衝撃(苦笑)

板東さん満州生まれやんか。 今の日本はそれだけ赤い。

プーチン大統領、誕生日を前にシベリアのタイガで休暇を過ごす【写真・動画】 - Sputnik 日本

記念に松ぼっくりをお持ち帰り? プーチン大統領、誕生日を前にシベリア休暇を満喫 | Business Insider Japan

ブローチ・ロシア松ぼっくりソ連・241229

もっとみる
おおきにでーす
1

なかにし礼さんの集大成 « 夜の歌 »

序章は、いきなり穿破(せんぱ)という聞きなれないタイトルから始まる。穿破とは、がん細胞が隣接する他臓器の壁膜を突き破って侵入すること。これが起きると手の施しようがなく5日で死んでしまうらしい。

この本の著書なかにし礼さんは、昭和を代表する作詞家として有名だが、その前は、かなりの量のシャンソンを訳していたそうな。調べてみると、立教大学仏文を出ているんですね。私が彼に興味を持ったのは、そんなこともあ

もっとみる

満州の空に散った"白いワンピース"

終戦後の昭和20(1945)年8月19日、満州を侵攻したソ連軍(ロシア)戦車隊に、果敢に飛行機で特攻突撃した谷藤少尉以下9名の青年将校たち。

 昭和20(1945)年8月9日、ソ連(ロシア)が突然日ソ不可侵条約を破って、満州に全面侵攻。
 ソ連軍(ロシア)は、行く先々で逃げ回る満州開拓団・日本人を、機関銃で撃ち殺し戦車で轢き殺し、虐殺、強姦、略奪を繰り返したのです。

 一人でも多く、満州開拓団

もっとみる

2019.9.28 第0次世界大戦?

アメリカと戦って日本が敗北に終わった第2次世界大戦。

その40年ほど前、日本は対アメリカ以上に差があった大国との戦争に勝利を収めました。

なぜ日本はそんな戦争に勝つことができたのか?

ーーーーーーーーーー
 
「第0次世界大戦」 

そう呼ばれる 戦争があるのですが、皆さんはこれが何かご存知でしょうか? 
 
私たちは学校で第1次、第2次世界大戦については教わりましたが、「第0次世界大戦」と

もっとみる

2019.9.23 あいつは普通の日本人じゃない… (編集後記)

ナチスドイツがユダヤ人を迫害した時代にビザを発給。

6000人ものユダヤ人を救った“杉原千畝”について、アメリカでは杉原千畝のことを“東洋のシンドラー”と呼んでいます。

なぜか?

それは、ハリウッド映画「シンドラーのリスト」がきっかけです。

「シンドラーのリスト」は、ナチスドイツによるユダヤ人虐殺をテーマにした実話に基づく歴史映画で、スピルバーグ監督が手がけ数々のアカデミー賞をとり、世界で

もっとみる