法廷

00:00 | 00:30

解説:ある限定された状況を説明するのに、すんごいビタっとしたフレーズですよね。

たまんねえな

脚本「ハニー・マネー・トラップ」

人物 白川正義(しらかわまさよし)(33)弁護士
   黒崎千夜子(くろさきちやこ)(23)会社員
   灰山法子(はいやまほうこ)(27)白川の秘書
   窪田信行(くぼたのぶゆき)(55)裁判官

〇家庭裁判所・中
   長机が3つ、真ん中を四角く囲うように置かれている。
   右に白川正義(33)、黒崎千夜子(23)が隣り合って座っており、白川の前には千夜子に関する
   書類が置かれている

もっとみる
ありがとうございます!
6

砂上の法廷

2020.3.16 月曜
晴れ

「砂上の法廷」
洋画

キアヌ主演の法廷もの。
まず、ジャケットがすでに面白そうなので
じっくり腰を据えてみるぞ、と

片手にビスコ焼きショコラ、豆菓子、
グラスは麦茶満タン
で挑みました。

途中、トイレに一度行きながらも
頭の中では
これから起こる裁判の行方を考えるくらい 
面白かった。

最後まで
飽きなかった。

てゆーか、最後まで見逃すな、かな。

この

もっとみる

ドコモ携帯料金滞納し続けるとどうなるか

結論、いきなり少額訴訟になります

ドコモ携帯料金、滞納して支払い終わったので書きます。
私の場合(料金払ってないから当然)携帯止まって連絡つかず、引っ越しもしてたので郵便物もみれてなかったのです。
結局滞納始めてから4ヶ月後くらいに前の住所の住人から内容証明郵便が来てる旨連絡があり、少額訴訟提起されてることに気づいたという次第です。
滞納してしまっていて、今後どんなことになるか気になる方いらっし

もっとみる

エジソンについて誤解してない?

今日は2月11日、
皆さんご存知、トーマスエジソンが生まれた日ですね。笑
と言うことで、エジソンについて話します。

皆さんは、エジソンについてどれくらい知ってますか?
私の場合、電話と電球作った天才くらいの認識しかありません。

実はエジソンの別名は4つある。

①発明王
②メロンパークの魔術師
③アメリカ映画の父
④訴訟王

①と②の部分が
私達の知るエジソンだろう。
メロンパークとはエジソン

もっとみる
スキありがとうございます!
5

昨夜の読書、悲しきイワン・フョードロウィチ・カラマーゾフに寄せて

「『ほめてもらいにいく』、こんな残酷な
  嘘があるかい!」

ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」

良心を破り
良心に敗れ
立つ法廷は

ありがとうございます。次の投稿モチベにつなげます!
1

夜の伊調薫となれ!第1回熟女法廷(オレンジの場合)

みなさま、熟女法廷に傍聴いただきありがとうございます。
完熟4のオレンジことミドリー判事です。

*日本の裁判制度下では「裁判長」、陪審員制度の場合は「判事」だと、宮部みゆき著「ソロモンの偽証」で学びました。今回は気分で判事と名乗ります。ぺこり。

さてさて、巻いていきましょう。まずは、相談人のお悩みをコピペでおさらいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もっとみる
あなたの感性、完熟ぅ~♪
10

「法にかわって判決よ♪」新コンテンツ発動。

みなさま、こんにちは、完熟4のカリョウテン(キングダムの娘軍師)、マンゴーです!

先日、完熟4の飲み会……ではなく、企画会議をした結果、今後1年にわたり発する新コンテンツが決定しました。

それは……

「 熟 女 法 廷 」

熟女による熟女のための、熟女らしき愛の裁き。

いやっふ~!
法にかわって、判決よ♪

■熟女法廷とは?
毎月熟女からのお悩み1つを取り上げ、お悩みに対して完熟4がリレ

もっとみる
好きです。
8

ある中年男からの手紙

法廷記者馬場の住むアパートのポストに差出人不明の手紙が入っていた。

ロクな手紙じゃなさそうだ。

それはそうに決まってるが中身を読まずに屑かご行きはためらわれた。

仮にもわたしは記者なのだ。

私宛に送られてきた文字の羅列を、それを読んでみる前から屑かごに放るなど、記者魂とでもいうものがそれを許さなかった。

開けてみよう。

読んでみると、そんなにムカムカするものとかではなかった。

以下そ

もっとみる
好リアクションは嬉しいです。
3

《裁く》について対話し考える場

本の執筆のことで過去の記録を捜索していたら、2年前の投稿が出てきました。R&D(研究開発)の結果を記録しておくってほんと大事だなぁ。

わたしたちは果たして、
人を裁き刑を課す、その決断を下す場に立ち会えるほど、
十分に成熟した市民なんだろうか?

ああ、そうだった、そうだった。わたしの関心は常にここにあったんだ。
今、ぎゅーっと「人を裁くということ」というテーマに降りていっています。

思えば、

もっとみる
ほのぼのと舟押し出すや蓮の中 漱石
2