梟探訪 第二夜〜前島 BARよなき〜

今回は那覇市前島にお店を構えるBARよなきを紹介いたします。
2018年に先代のBARくらげから引き継ぐ形で開店したBARよなきは、賑やかな前島界隈の中でものんびりとした雰囲気が印象的なお店です。

はじめてお越しになる際は看板に御用心!

先述した通り、BARよなきは先代のBARくらげから引き継ぐ形でオープンしており、かくかくしかじかの事由により看板は先代くらげのままになっております。
なので初

もっとみる

2012年4月28日。
幼馴染が沖縄勤務になることが多く、3回ほど旅行にいっている。
民謡を聴きにいく、海に行く、のんびり友人とドライブ。
それだけでリフレッシュできる。
沖縄民謡は、安里屋ユンタ、てぃんさぐぬ花
など三線だけのアレンジのものを聴いている。

嬉しい!
5

生きるための、小さな戯れ

 掴んだモズクが、指の間から、するすると抜けでる。モズクは踊るように、波に揺れている。その時、僕は強烈に、ゆるやかな孤独感を覚えたのだ。ゆくゆくは自分の腹に収めて消化するために、僕はモズクを取ろうとして、遊ぶような格好を取っている。要するに、僕は、生きるために戯れている。
 僕もおぼつきながら、躍り出るように、モズクを掴もうとするけど、そう簡単には掴めないのだ。そしてまた掴んでも、モズクは僕の手か

もっとみる
ありがとうございます!
18

童神(わらびがみ)

今日は沖縄の聖火リレーYouTubeでやるみたい。
サイトでは9時15分くらいから19時くらいまでがリレーみたいだけど書いてあったけど全部やるのかな?
全体は見れないと思うけどちょっと見るかも。

つなぎにブエナビスタソシアルクラブとかいいかも
Buena Vista Social Club - Chan Chan (Official Video)
Chan Chan video made fro

もっとみる
ありがとうございます😊ねずみたちはよろこんでいます🎵!zzz
3

SOUNDSCAPE「和と輪」第九回目放送

トリリンガル通訳者の音遊び|ネットラジオ「和と輪」

サウンド9:ライブの音(宮古島民謡・三線工房きよむら)

ネットラジオ「和と輪」は第九回目の放送を公開しました!

三線の先生が見つかるまで、数え切れない演奏者のライブを聴きに行ってきました。沖縄三線のライブの最後を飾るのは、必ず早いテンポの踊り用の曲が歌われます。そして曲が演奏される前や間は調弦(ちんだみ)しながら演奏者たちがそれぞれ自分の個

もっとみる
ミーファイユー(八重山諸島(主な)弁)!
3

プロフィール

建築家/経営者/社外取締役/企業顧問/まちづくり
⭐️株式会社ペンタグラマー/代表取締役社長
⭐️グッドデザイン賞11回、累積130件の受賞
⭐️2014年6月から大分と沖縄のデュアルライフ
⭐️2016年11月から沖縄リゾートライフ開始

⭐️建築家稼業30年
⭐️まちづくりコンサルタント(宇佐市、蒲江町)
⭐️大分大学大学院非常勤講師(3年間)

⭐️建築設計依頼・沖縄移住の御相談は下記まで

もっとみる
励みになります。ありがとう。
12

「三線」の名曲で沖縄気分

3月4日は語呂合わせで「さんしんの日」。三線(さんしん)は三味線の源流で、沖縄や奄美などで使用される弦楽器。伝統的な民謡だけでなく、ポップスなどにも取り入れられ、今では耳馴染みな音になってきました。

沖縄が舞台の朝ドラ『ちむどんどん』も決まったことですし、三線を用いたポップスの名曲を取り上げたいと思います。まずは、三線を全国区にした立役者ともいえる、THE BOOM「島唄」(1992年)。201

もっとみる
スキをありがとうございます
39

SOUNDSCAPE「和と輪」第七回目放送

トリリンガル通訳者の音遊び|ネットラジオ「和と輪」

サウンド7:ラジオの音【下】(沖縄・FMうるま)

https://anchor.fm/perapeko/episodes/FM-eomouf

ネットラジオ「和と輪」は第七回目の放送を公開しました!

2015年頃から2018年まで沖縄うるま市在住の先生に唄三線と沖縄民謡を習っていました。2017年末から公私共大きな転換期に入り、人生が大きく

もっとみる
ミーファイユー(八重山諸島(主な)弁)!
1

沖縄民謡「安里屋ユンタ」の歌詞はインドネシア語説があった‼

安里屋(あさとや)ユンタは沖縄県八重山地方の沖縄民謡で、那覇空港と首里を結ぶゆいレール安里駅到着時のメロディーにも使われている有名な歌です。

沖縄の独特の節回しで歌われる囃子言葉の中の「マタハーリヌ、チンダラカヌシャマヨ」はインドネシア語のような言い回しがあるのです。

インドネシア語の意味を知れば、インドネシアと沖縄が結びついていたと思えるかもしれません。

沖縄民謡で有名な囃子言葉『マタハー

もっとみる
ありがとうございます!
14