枠組み

今、何をすべき時なのか?

「やるべき時になりなさい!」

この言葉は二つの部分に分けて見ることができます。

「果たして、今はどんな時なのか?」そしてそれならば「この時に何をしなければならないのか?」

今この時は…
非対面(Untact)を筆頭に、対面接触が困難になり、脱グローバル、脱成長が急速に進行し、同時に「防疫」という正当性の力を通して個人と集団の自由と権限まで十分に制限することができる、そういう時です。

ある人

もっとみる
読んで下さってありがとうございます!
2

あの人がうらやましいと思ったとき。

ひとってどうして誰かと
比べたがるのでしょうね。
(世界に一つだけの花の歌詞にもあったか)

比べること自体無駄なこと、
この地球でたった1人の
唯一無二の存在ってことも
みんな頭ではわかっている。

わかってるのに、やってるとき。

それは、自分にベクトルが向いてないときだった。

だいたい外側に意識がむくと
チーーーーーン。

ってなりますよね。
わたしも今年は膿だしのごとく
とことん自分と向

もっとみる
スキありがとうありがとうありがとう❤
21

#158 社会の”枠組み”を見直す|誰でもリーダーシップが発揮できる世の中に

私たちが生きている世界では、
基本的に枠組みが形成されていて、
その中で生きています。

枠組みの基本的なあり方としては、

・年齢
・経験年数
・職歴

などがあります。

日本では、いまだに年功序列の形があるので、
その形を保ちながら、発展してきました。

しかし、時代が変わるにつれて、
年功序列のあり方も変化してきています。

あなたも感じているかもしれませんが、
今までの時代を生き抜けたと

もっとみる
マンガは「NARUTO」の大ファンです。
32

『革命的な思考を生むプロセス』

革命家と呼ばれるには、ルールを変えなければならず、ルールを変えるためには、考え方を変えなければなりません。では、革命家は普通の人が思い付かないようなアイデアをどうやって得るのでしょうか?

ある状況や条件や問題をじっくり時間を掛けて考え抜けば革命的なアイデアがひらめくというものではありません。
革命的なアイデアを生むには、大きく3つのステップを踏むと言われています。
 Step-1. 取り除く (

もっとみる

歴史と経済73〜権利保障〜

国民国家という枠組みが出来て久しい。
私たちの中で、既に当たり前の存在になりつつあり、これに代わる枠組みが生まれることは容易には想像できない。
日本は島国であるため、国民国家としての単位は分かり易い。
言語も民族も統一性が見られる。

しかし、多民族国家はなかなか国家としてのアイデンティティを一概に見出すことができないのではないか。
それは、宗教であったり、イデオロギーであったり、経済システムであ

もっとみる
貴重な時間を使ってお読みいただき、ありがとうございます。

私なりの「社会福祉士」について~その⑤~

おはようございます。

現在、介護業界で働く、妻子持ちの32歳、

オリオリです。

前回「私なりの社会福祉士について~その④~」にて、

社会福祉士が忘れてはならないことが、

社会福祉士の根底になければならないのが、

「自己覚知」

というお話をさせて頂きました。

ネット等で調べると、

【自己覚知とは】
自分を知ること

と、あります。(そのままですね笑)

・そんなことは知っている!

もっとみる
嬉しいです。これからもよろしくお願い致します。
19

杓子定規。固定概念。

わたし思いついた事がある。

“常識” を振りかざしてくるヤツが心底大嫌いなんだってこと。

おまえはどこの誰なんだい?

何様なんだい?

そういう常識という枠組みを用いちゃって、かなしいかな、その常識の枠のなかで必死にもがく事になる。

その枠組みの中でしか考えられないから。

常識を疑わなくなったら、あたしたち常識の奴隷。

いうて、小学生の頃、風紀委員のような生活委員という学級の中で役割を

もっとみる

私なりの「社会福祉士」について~その④~

おはようございます。

現在、介護業界で働く、妻子持ちの32歳、

オリオリです。

前回「私なりの社会福祉士について~その③~」にて、

社会福祉士に必要なスキルについて・・・
■ファイナンシャルリテラシー
■ネットリテラシー
■マーケティング
■リーガルリテラシー
■福祉制度の理解

とお話をさせていただきました。
(その③から、順番は変更しております)

まず、

それらのスキルがなぜ必要に

もっとみる
嬉しいです。これからもよろしくお願い致します。
14

私なりの「社会福祉士」について~その③~

おはようございます。

現在、介護業界で働く、妻子持ちの32歳、

オリオリです。

前回「私なりの社会福祉士について~その②~」にて、

社会の「枠組み」から、
「はみ出しているモノ」への支援する。
⇒そして、その枠組みを変革し、
尊厳を守り続ける。

※尊厳とは「権利」と「気持ち」と考えます。

というお話をさせていただきました。

よろしければ、その②もご覧ください(^^)

「父(ご利用者

もっとみる
スキありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。
13