東田直樹

【飛び跳ねるのが好きな子どもたち】 #23

”子どもと遊ぶ”が仕事の
小児の作業療法士ミキティです。
遊びに隠された7種類の感覚の秘密を
簡単にまとめています。

「自閉症の僕が飛び跳ねる理由」
の著者 東田直樹さんは
こう問いかけます。

”僕がピョンピョン手を叩きながら
跳びはねる時、
一体どんな気持ちだと思いますか?”

今回のテーマ:自閉症スペクトラム

1.自閉症の子どもたち

「跳びはねるのはなぜですか?」
東田直樹さんはこう答

もっとみる
嬉しいです♪私たちにとって今日、良い出来事がありますように…
2

坂道を駆け上がる

坂道を駆け上がる

息切れしながら

もうダメ

きつい

死にそう

やっとの思いで

たどり着いた頂上には

誰もいなかった

なあんだ 僕だけか

大きく深呼吸して

背伸びする

ああ いい気持ち

どうして 今まで

ここに来なかったのだろう

なぜ 誰も

いないのだろう

不思議だよね

たどり着いてわかること

今 僕は幸せだ

誰に何と言われようと

また ここにやってくるぞ

もっとみる
今日も読んでくださり、どうもありがとうございます。
33

史上最強

少しの余裕もないくせに

君は笑うんだ

かわいらしい花のように

かれんな蝶のように

少しも楽しくないくせに

君は歌うんだ

やさしくさえずる鳥のように

心を癒す虫の音のように

空を見上げて ため息をつく

足元に視線を落とし 涙をこぼす

君にだって そんな日があることを

僕は知っている

「僕に何ができる?」そう尋ねても

君は黙ったまま

遥か遠くの地平線を

透き通るような瞳に

もっとみる
いつもありがとうございます。
52

私 頑張るから

「ごめんね」って言ったら

「いいよ いいよ」って許してくれた

「怒らないで」って言ったら

「怒ってないよ」って笑ってくれた

あなたは いつも 私にやさしかった

「ありがとう」って言ったら

「うん うん」ってうなずいてくれた

「どうしよう」って言ったら

「大丈夫」って肩を叩いてくれた

あなたは いつも 私にやさしかった

どうしてかな

どうしてだろう

一番大切なことに

なぜ私

もっとみる
暑い日が続いています。体調にお気をつけ下さい。
42

「自閉症の僕が跳びはねる理由」を育児書にした日。

noteには本が好きな人がたくさんいる。感想文や解説文もいっぱいある。

ここ10年、子どもの本や夫のマンガはたくさん買っているけど、自分のために新品で買った本は片手で数えられるくらいしかない。

ひとつは水野仁輔さんの「はじめてのスパイスカレー」

ひとつは Shaun Tan さんの「The Arrival」

ひとつは「The Art of Instruction」

そして東田直樹さんの「

もっとみる
とても嬉しいです。良い一日を♪
25

やがて

こんな日に雨が降るなんて

そう思うこともある

どうして雨が降ったのだろう

そう考えることもある

きっと理由なんてない

僕を困らせているのは

お天気じゃないのだから

僕を悩ませているのは

自分自身の心なのだから

空を見て人生と関連づける

それがどれだけ意味のないことでも

笑わないで

運命が自分を翻弄(ほんろう)していると

信じる気持ちを

ばかばかしいと思うなら

生きるこ

もっとみる
感謝の気持ちでいっぱいです。どうもありがとうございます。
37

完結させるために

こそこそと隠れていよう

逃げなくちゃ

そんなことばかり考えていた

それじゃあダメダメ

そう言われて

また逃げ出す

だって怖いんだもの

だって辛いんだもん

そう言いながら

またまた逃げる

隠れる場所なんかないのに

そっと顔を出して

周りを見ると

どこからか笑い声

逃げなくてもいいんだ

僕はここにいなくちゃ

決心して元居た場所に

戻っていく

小さい頃の僕の姿

居場

もっとみる
クリックしてくださって嬉しいです。
54

川に洗濯に

昔 昔の大昔

ひとりの女の人が

川に洗濯に行きました

そこに大きなクマがやってきました

女の人のまねをして

折れた大木を洗います

クマに襲われたらどうしよう

女の人はクマを怒らせないように

黙っていました

女の人に声をかけてもらえず

クマは とぼとぼ帰りました

次の日 

女の人が川に洗濯に行きました

すると一匹のサルがやってきました

女の人のまねをして

大きな葉っぱを

もっとみる
いつもありがとうございます。
41

私の祈り

小さい頃に見ていた世界は

花とリボン

それから おもちゃでできていた

おとぎ話をひたすら信じ 

強いヒーローに憧れた

そんな現実などないなんて

つゆほども思わず

ときにつまずき ときに踏ん張る

この世界の主人公になることを信じて

人に笑われようとも 叱られようとも

悲しいなんて言ってられない

つらいなんて言ってられない

周りの人は

もっと大変なのだから

そう思い自分を奮

もっとみる
Thank you !
40

作家東田直樹「自閉症の僕が生きていく風景」文庫版について語る

文庫版最新刊のご紹介

こんにちは、東田直樹です。作家をしています。
「自閉症の僕が跳びはねる理由」 「跳びはねる思考」など
書いています。(下記の記事は2019年2月11日のものです。)

本日は、2020年7月16日に出版される文庫版
「自閉症の僕が生きていく風景」について
お話させていただきます。

2010年3月から2013年3月まで
「ビッグイシュー日本版」で連載、書籍化された
単行本「

もっとみる
いつもありがとうございます。
53