ユニット統合による業務フローの統一と明確化

こんにちは。介護士のyooshです。

友人の相談

今回は僕の職場での業務改善の話ではありません。

先日、友人から相談を受けました。

その友人も僕と同じ介護士です。

職場は全然違います。

で、その友人からの相談は以下のようなものでした。

簡単に箇条書きにすると

・2020年4月から2つあったユニットが1つに統合された。(職員が減りすぎて、2ユニットを維持できなくなってしまったらしいで

もっとみる
ありがとうございます!ひとつひとつの「スキ」が本当に励みになります!

登壇を提案する準備の実例

たまたま会う機会があった人の話がなかなか面白く、登壇をお願いしようと思ったので、どんな風に考えるかを書いてみます。

自分を相手の記憶に残しておく

登壇を打診しようと思っても、必ずしもすぐにできる訳ではありません。また、何の前置きもなく突然お願い事をされても、ちょっと面食らうか不快に思われるでしょう。会った時に自然な流れで「講座作りをしていて、今日の話はとても興味深かったので、ぜひ企画を提案させ

もっとみる
ありがとうございます!
1

匂いの旅に出掛けてみませんか?

前回の「秋の匂い」続きではないですが、関連して。

ちなみに、香りではなく匂いと表現している理由を先に。感覚と少しの知識より、嗅覚は、臭い→匂い→香りで良いイメージになっている。

ただ、“香り”と表現しないのは“私の記憶”が入っているから。なんとなくだけど、なつかしさや記憶がセットになっている場合は、“匂い”の方があってるんだよね。そして一般的に好まれないに香りだとしても、私にとって好きな匂いは

もっとみる
うれしい〜!
1

売れない営業マンが売れる営業マンに変わるためにやった「たった1つの手法」

インターネットの普及により誰でも商品を簡単に購入ができる時代。簡単に検索〜購入ができるようになったことにより商品が溢れかえっている時代。すぐに終わるであろうと予測していた「コロナウイルス」もいつ終息するのかが読めない状況で、買い手側の購買意欲も減少してきている。。。

「買い手側よりも売り手側が多い」「買い手の購買意欲の減少」「商品が溢れかえっている」時代の中で、どうしたら商品が売れるようになるの

もっとみる
Thank you!良かったらインスタも見てね!gonyan.jp
2

嫌な思考を抹消する。

社会人は、仕事の中で厳しい境遇に直面する。

普段あまり感情に関心を払う事もないのだが、終了から逆算して最短の効率で動いている時に。

先輩が、なんも考えて無さそうに「コレやって」と重要度の最も低く、いつでもできる業務を指示してくるとイラっとしてしまう。

優先度の高い仕事が終わらないと残業する羽目になるからだ。

でもそのイラッとする感情を自分の中に覚える度に、この感情ほんまに嫌やな。あかんな。

もっとみる

菅総理始め、河野大臣、加藤大臣に進言。「文化から離れている人として」

mao@指原獣神サンダーライガーさん
2020/09/16 13:25
依頼の品。日本再生。東北観光復興案。

製作。千葉リュウジ。登米市出身

まず初めに、女川、気仙沼へのインフラへの疑問、要点。東北の土建会社を使って欲しい。
観光インフラ、大崎は鳴子含め有力だが利便が鳴子と古川が遠いため利便が悪い。そこで案を出す。

元はインテラック東北のカタールの王様の支援を受け、千億円の予算がある。そこで

もっとみる
すいません。こんな記事にいいねくださり、ありがとです。また見て下さい!

自分の素材で作ってみた4

こんにちわらびです。今日は自分の素材で作ってみたです。

紹介するのはこんな感じのフライヤー

一つイラストをおきたい。そんなに飾りたくない文字多めのシンプルな感じに仕上げてみました。この時期ですのでまだコロナ。お掃除系で制作してみました。

なるべく素材は一つ?使うようにしているんですが、、、どうでしょう?売り込み的にはたくさん作って飾るのが華やかになって良いのかもしれないけど、現実的にお試しで

もっとみる
ありがとうで御座る\\\٩(๑`^´๑)۶////
2

最も手っ取り早い消費減税実現方法

挨拶

 景気が落ち込む度に消費減税の話題が持ち上がりながらも、毎回実現には至っていない日本ですが、今回そんな消費減税を実現する最も早い方法を考えたので、書きます。

方法

 結論から言いますと消費税に関する国民投票を行えば良いのです。政府は四度も消費税引き上げをして、景気を停滞させることしかできないマインドを持っています。そういった国会議員任せでは消費増税は続くでしょう。ならば、国民に好きな率

もっとみる
応援ありがとうございます。
1

菅総理始め、河野大臣、加藤大臣に進言。

依頼の品。日本再生。東北観光復興案。

製作。千葉リュウジ。登米市出身

まず初めに、女川、気仙沼へのインフラへの疑問、要点。東北の土建会社を使って欲しい。
観光インフラ、大崎は鳴子含め有力だが利便が鳴子と古川が遠いため利便が悪い。そこで案を出す。

元はインテラック東北のカタールの王様の支援を受け、千億円の予算がある。そこでこれを菅総理から協力が欲しい。「一関、女川、石巻、前谷地、涌谷、〜古川〜

もっとみる
すいません。こんな記事にいいねくださり、ありがとです。また見て下さい!
1

20代後半から、「相談力・交渉力」をつけると、“心の豊かさ”をキープできる。

はじめは、技術力・進行力をつけつつ。そのさき、“たがいに納得、ワクワク”、ものづくりを進めるため。つくり手から、条件相談の「提案」をしよう。

交渉理由、ベスト制作シーンをつくるのは…つねに自分次第!

未来から来た者です。今押したスキ、素敵な未来につながる。感謝です!
12