読書回(本を読む理由とは)

どんな時に本を読みますか?

1.必要にせまられて、専門書を読む
2.好きな作家を読む
3.暇つぶしのため
4.現実逃避のため
5.文字中毒のため

理由はひとつとは限らない。
でも5番に当てはまる人も多いと思う。
私も通勤中や休日に5番の理由で、2番を選んで読むことが多い。

YouTube、Netflix、TIK TOK等のネット動画全盛期に読書とは古風な感じがする。
それにテレビもそろそろ場

もっとみる
好きを頂き、嬉しいです😄
6

『希望荘』を読んだ

あたらしい家、あたらしいまちに引っ越した。引っ越しをするときにまず確認するのもが図書館と自然食品店。わたしの日々の重きを占めるものたち。

今年はコロナウィルスの影響で図書館が閉館中で、引っ越してすぐには行けなかったのだけれど先日ようやく開館したので行ってみた。
率直に言うと、まぁまぁだった。蔵書自体が少ないのと好みの本が少ない感じ。けれど、受付の方が「リクエストしてくださいね」と言ってくれたし、

もっとみる
ありがとうございます!
3

待機児童ゼロ?都知事選の課題

「保育園落ちた日本死ね」から世論を巻き起こし、行政は「待機児童ゼロ」という目標を掲げた。都知事選や、政治家の公約に「待機児童ゼロ」をあげ、区や市町村はやっきになってこれを実践しょうとし、成果をあげようとしている。

それが仕事だから。仕事の成果をあげて業績を伸ばしたい。「やりました!」「できました!」と言いたい。評価されたい。

待機児童とは、子育て中の保護者が保育所または学童保育施設に入所申請を

もっとみる
わたしもスキです💛
23

親子で読むゲーム小説~宮部みゆき『ここはボツコニアン』

いやー、おもしろかった。久々に小説、夢中で読みました。最終巻の5巻を明け方まで読んでいて、いま起きたところです。きょうは休日。

作者・宮部みゆきさんが大好きなゲーム(広くファンタジー系)の話を思うさま書きまくった小説、『ここはボツコニアン』。 「テレビゲームがお好きでない方にはお勧めできないかもしれません」、と注意書きにあるように、ほんとにゲームの話ばっかです。

もちろんぼくもゲーム好き。幼稚

もっとみる
お役に立てたなら嬉しいです(^_^)❗
3

火車/宮部みゆき

読んだ事ない本を初めて聴いた
ナレーターは三浦友和(なんと贅沢な!)
さすがに上手い。声の使い分けが自然で物語がすっと入ってくる。読んでいたら読み飛ばしそうな説明もすんなり聴ける。物語の景色がはっきり見えてくる。
何よりも、イイ声。

甥っ子の、消えた婚約者を探す物語。
探していく内に明かされていく2人の女性の過去。ひとつずつ丁寧に積み上げられていく事実がゆっくりとクライマックスへ導き、最後の言葉

もっとみる

水曜日の本棚#31 時代小説って、いい

久々の本棚更新です。

いやー、なんか、手っ取り早く現実逃避したいとき、時代小説っていいと思うんですよ。昔は推理小説(海外ミステリ)なんかもその狙いで読んでたんですが、いまは、なんというか、推理小説に割く感情のキャパがない。読後感がよきものなら問題ないんですが、本選びで「やっちまった」ときには、日常に戻って引きずってしまうので、はっきり言って及び腰です。だって、本を閉じたその瞬間から2歳児かいじゅ

もっとみる
ありがとう!ひと息ついてね。
14

バス停にて

ㅤ今日の天気は1日を通して良くはない。朝、寝ぼけ眼で見た天気予報には、ずらっと雲のマークが並んでいた。降水確率もおおむね40%を超えており、特に昼過ぎには雨が一時的に降るようだった。

 時刻は朝9時、遮光カーテンの向こうは白んでいるが、快晴ではないということがなんとなくわかる。珍しく平日休みの今日、なのに足取りは重い。雨だからだろうか。

-

 近所を通るバスの本数が少ないので、バスの運行に

もっとみる
私も好きだよ
5

【月一サポート企画】 HBD読書日記

この記事にサポートしてくれたお金はポッドキャスト「ハードボイルド読書探偵局」の運用費に使わせていただきます。今後も面白い読書を広めていきますので、どうぞサポートをよろしくお願いします。
※記事月内には胴元が本を読むたびに更新されます。

物件ホラー傑作選 家が呼ぶ

今月まず読んだのは朝宮運河編「物件ホラー」。これは怖かった。怪奇小説とは違って、登場人物を殺しに来ているのがすごく良かったんだな。読

もっとみる
ありがとうございます!ゴッドブレスユー
8

あやかし草紙-三島屋変調百物語 伍之続:宮部みゆき:もう感謝の気持ちしかない

「あやかし草紙-三島屋変調百物語 伍之続」(080/2020年)

無事に嫁いでくれましたね。いや、本当に良かった。おちか、おめでとう!そして、第一期完結、ありがとうございました。やっぱ、宮部は圧倒的に面白いです、他の追随を許さない。いつも読ませていただいて感謝です。

江戸の三島屋、今回も行き所のない「怪奇現象」を話すために、様々は人たちがやってくる。自分の中に留めておくには荷が重すぎるので、そ

もっとみる
リアクション、ありがとうございます!
3