『荒神』がいる近世史

時は元禄。
いわゆる「生類憐みの令」で知られる五代将軍・綱吉の治世である。

舞台は永津野藩・香山藩という架空の藩。
巻頭地図によれば、現在の福島県中部に位置する。

この物語は群像劇として、複数の人物の目線で語られる。
永津野藩の筆頭家老の妹・朱音、香山藩主の小姓・直哉、藩境を越えた農民の少年・蓑吉。

こうした時代劇としての設定のうえに、怪異が出現する。

しかし、それは同作者の『三島屋変調百

もっとみる
ありがとうございます!
6

三島屋シリーズ第四弾「三鬼」はひだる神の距離感にほっこり

おちかが聞き手を務める怪談シリーズの第四弾。

どれも面白かったが「食客ひだる神」が白眉。

語り手のとぼけた人柄がなんとも得難い親しみとおかしみを生み出し、おちゃめで憎めないひだる神との距離感が絶妙。

「三鬼」のような藩の失政や百姓の貧困を根底に敷いた陰惨な話は、他の作家(京極夏彦あたり?)でも書けるし書けそうだが、あやかしとの掛け合いのちょうどいい案配は宮部みゆきにしか書けない。

だるま屋

もっとみる
読んでくれてありがとうございました!SNSでのシェアも歓迎です。
3

宮部みゆき『ぱんぷくりん』。文庫サイズの可愛い大人の絵本。黒鉄ヒロシさん(私には坂本龍馬漫画のイメージ)のイラストがほのぼのユーモラス。とにかく猫が良い。色使いが鮮やかで、どのお話も嫌みがなくほのぼの。疲れたら読んでみて。私が好きなのはお宮の鳥居が逃げ出すお話。衝撃?のラストは?

ありがとさんかくまたきてしかく!
4

直木賞受賞作品売上部数ランキング

【直木賞受賞作品売上部数ランキング】

このnoteは芸能人の直木賞受賞作品の売上部数をランキング化しています。
「エンタメの殿堂」では様々なnoteを配信中。
サークル「エンタメ倶楽部」会員募集中!!

『売上部数ランキングTOP85』
○直木賞受賞作品売上部数ランキング
1位 浅田次郎「鉄道員」 約155万0000部
2位 青島幸男「人間万事塞翁が丙午」 約117万0000部
3位 東野圭吾「

もっとみる
スキありがとうございます。
1

火車/宮部みゆき を読みました。

※ネタバレありです。

 バクマンで少年漫画の描き方について描かれたシーンで、「敵役にも魅力があること」というのがあった。ミステリー、サスペンスでいうなら、犯人役の動機が、共感が出来るようなものであるか、と言えると思う。

 共感できるか、感情移入できるか、理解できるか、ということについては、結局「自分の価値観とあるていど似ているものであれば」という制約がともなう。Amazonなどの感想レビューを

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます。
1

シリーズものを楽しむ その1

本でも映画でもドラマでも、シリーズになっている=人気があるってことだと思う。中には、デビュー作品からいきなりシリーズものを意識して書かれた本もある。例えば今村昌弘さんの『屍人荘の殺人』。主要人物のキャラクターがしっかり描かれていて魅力的で、1作で終わるのは勿体ないなぁと思う。また作中で出てきた謎が解き明かされないままだったりするので、これは続編があるな、と読者は気付く。シリーズものの良いところは、

もっとみる
嬉しいです!いつもありがとうございます!
26

SNSが発達した今だから読んで欲しい本

R.P.G. 宮部みゆき 集英社文庫

宮部みゆきは超大作の模倣犯、ドラマ化もされた火車と現代ミステリーの傑作を数多く出している。しかし、上記傑作も含めページ数が多く敷居が少し高い。そこで宮部みゆき入門としておすすめなのが、このR.P.G.である。ページ数がおおよそ300Pと他作品に比べ少ない。登場人物が他作品から登板しているが、そちらを読まなくても楽しめる作りになっている。何よりラストの衝撃は宮

もっとみる
スキ、ありがとうございます。
1

サスペンス小説のご紹介

こんにちは(^^)
初めてnote書きます。
都内の金融機関に勤務している20代OLです。

幼い頃から読書が好きで、10年以上前から宮部みゆき先生、東野圭吾先生の大ファンです。
特に文庫本(短編除く)については全てコレクションしているので、今日からそれらをご紹介して参ります(^^)

ただの暇つぶしブログですが、良ければお付き合いくださいませ✌️

やっぱミステリーが好き

前回紹介した『ミステリーと言う勿れ』の第2巻を買ってきました。

第1巻より、(私にとっては)怖かった!

そして、「ミステリーと言う勿れ…なんて、言うてるけど、めちゃめちゃミステリーやん!」と強く思いました。第1巻で始まった物語が完結するので、もし、読んでみたい人は、2冊一緒に買った方がいいかも?そして、1巻を無理矢理読ませて、「めちゃくちゃ怖かった!」と文句を言ってた夫が、2巻を見つけたときに

もっとみる
うれしい!!(^o^)v
3

比喩表現が絶妙すぎる『ブレイブストーリー』のお気に入り名言集

こんにちは、副業愛好家のきしんです

宮部みゆきさんの『ブレイブストーリー』

まだ読みかけですが、

これはすごい!

と思った表現についてまとめていきたいと思います

1/100秒の関心

上P.24

父・明がくれたぬいぐるみを指して

明が昨年の暮れ、会社の忘年会の抽選で当ててきたのだが、一秒の百分の一のあいだも亘の関心を引くことのなかったぬいぐるみ君にも、それでやっと活躍の場ができるだろ

もっとみる
スキありがとうございます!
9